« 漕いで!漕いで!漕いで! | トップページ | 地元の食堂 「なかよし食堂」 (沖縄県石垣市新栄町) »

2009年9月14日 (月)

島に来た目的は

<しまめぐりツアーVol.13 西表島3日目>
 
西表島の滞在も今日が最後。
今日のうちに石垣島に戻ります。

おいしい朝食をいただいた後、西表島に来た初日に無人販売で購入したドラゴンフルーツをパクリ。
これで200円なんだから、安いなあ。
P1010321
後で石垣島の公設市場で同じ大きさのドラゴンフルーツの値段をみたら500円だって。
西表島の無人販売安いっ。
 
それは置いといて。
石垣島に渡る、直前。
西表島に来た本当の目的を達成するために向かいますrun

 
キタ・・・
いるかなあ?
P1010332
 
ロビンソン小屋。
僕と妻は大泉洋さん達が出演している「水曜どうでしょう」ファン。
その水曜どうでしょうの企画の一つであったのが「激闘!西表島」
Dou1
 
その企画の中で絶対的な存在感を放ったのが「ロビンソン」さん。
 
妻はそのロビンソンがいる西表島に来て、ロビンソンに会ってみたいという希望だけで西表島に来たんです。
それだけ。
しかし、来たのは西表脱出直前。
しかも、別にロビンソンがいるかどうかも確かめたわけじゃない。
とりあえず最悪ロビンソン小屋にきて、ちょっとくつろげればそれでいいかなという感じ。
そんな適当な夫婦♪

じゃ、行ってみよう!
カラン・・・
ドアを開けて中に入ると・・・

「いらっしゃい」
イター!ロビンソンだー!
Dou2
 
「激闘!西表島」のVTRそのまんまのテンション。
喫茶ですから、とりあえずなんかいただこうか。
「ホットspaでいいネ?」
え?9月といえども30℃を超える暑さよ?ついつい、
「え?え?」
間違えてんのか、本気なのか、ギャグなのか全然わからん。
「ホットspaがオススメなのよ」
店内はガンガン冷房かかってるわけじゃなく、さすがにホットspaはキビしいので、
「こっち(夫)がコーヒー飲めなくって・・・」
「そっか、そしたらグァバミルクね」
トントントーンと話が進んでいく早いテンションupロビンソンだなあ。
P1010325
グァバミルクをいただきながら、大きな白い犬が寝そべっていて、そこかしこに釣り竿が並ぶ混沌とした店内。
不思議と落ち着くな。。。
P1010324
 
そこにツアーに参加するお客様方数名が到着。
話を聞いていると、これから山へトレッキングに行く様子。
「じゃ、山にいくからネ。ちゃんとしたクツを履いていこうネ。」
そういうと参加者の足をチェックしていく。
「うん。いいね」
「これもOKね」
「いいね」
ここまでは、ランニングシューズなどを履いていたが、次の人はサンダルだ。なんていうかなあ?と期待しながら待つ。
「これは・・・マズイね。山にいくからねえ」
すぐさま奥にいき長靴を持ってきて、かいがいしく動く。
「それじゃ行こうか!」
「え?ロビンソン行っちゃうの?」
と妻。
「待って待って写真写真」
あわてて、ツーショットでパシャリ!
普通は目立たないための迷彩柄だけど、車の塗装にすると
「あのドハデな迷彩柄の車だから西表島では目立つんですよ」
P1010327
と宿の人が言っていたとおり、こりゃ目立つな。という車でツアー客と出発して行きました。
 
たった数分間でしたが「激闘!西表島」を見ていた僕ら夫婦にとっては懐かしい人にあったような感覚で、とってもうれしい時間でした。
 
グァバミルクもいただき、じゃあもうそろそろ石垣島に向かいますか。
すると・・・カランカラン
「あれ?ロビンソン?」
ツアー客をツアーの場所に送っていっただけで戻ってきたみたい。
しかし、こちらも石垣島への船の時間が迫ってきている・・・が、しばしのどうでしょう話をさせていただく。
「どうでしょうはすごいんだねえ」
ロビンソンはテレビの取材など、今まで結構受けているそうです。
西表島のためになればといろいろな取材を受けたりしているが、それらの番組を見て西表島を訪れてくれる人はいないが、「水曜どうでしょう」を見てくる人はたっくさんいて、すごく感謝しているんだそうです。
そっかー。あの「激闘!西表島」での行動も西表島の楽しさ、すごさを必死で教えよう、伝えようとしている表れなんだろうねえ。
それを自然にやっちゃってんだもんなー。すげー人だ。
 
「これなんかホラ、大泉さんがもぐって遊んでたヤツ」
と、そこらへんにあった水槽を指さす。
P1010331
あぁ、水中散歩なんて言って遊んでヤツだ!
Dou3
「あとでさぁ、DVD送ってくれて見たんだけど、いないところでいっぱい面白いこと言ってたのね」
そうやって、しばしその時のお話をうかがったあと、後髪ひかれながらも船の時間が迫ってきたのでロビンソン小屋を後にします。
 
歩いてすぐの上原港。
P1010333
どうでしょうファンが一度は寝そべって「寝釣り」の気分を味わいたいという場所。
ですが、本日はここから船はでませんcrying
波が荒いためか、ここから30分以上バスで揺られた大原港まで移動してから、船で出発します。

|

« 漕いで!漕いで!漕いで! | トップページ | 地元の食堂 「なかよし食堂」 (沖縄県石垣市新栄町) »

コメント

いやぁ羨ましい

私もいつかロビンソンに逢いたいです

投稿: パイ食わねーか? | 2009年11月17日 (火) 午後 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/46196906

この記事へのトラックバック一覧です: 島に来た目的は:

» 島に来た目的は [釣り]
[続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 午前 01時55分

« 漕いで!漕いで!漕いで! | トップページ | 地元の食堂 「なかよし食堂」 (沖縄県石垣市新栄町) »