« 島にいながら本州のものを 「島やまとぅ」 (沖縄県石垣市大川) | トップページ | 味処 「はとみ」Part2 (沖縄県八重山郡竹富町) »

2009年9月10日 (木)

再訪だけど初めての黒島

<しまめぐりツアーVol.3>
昨日、飲みすぎたか・・・?sad
そして、まだ筋肉痛がとれねえ・・・sad
身体が重い。。。sad
 
集合時間の9時まであと少し。
相変わらず朝に弱い妻のせいで、ギリギリの離島桟橋。
いそげ!こりゃーannoy
P1000862

 
離島桟橋に到着すると、集合時間の9時をちょいと過ぎてますbearing
すでに、にっく郎とカラモフ氏は待ってました。
すんませんbearing
え?9:10発の船がある?
ハイハイ、じゃあ行きましょう。
不思議と離島で船に乗る時って毎回突然だ・・・そういう運命なのか???
あわてて、酔い止めの薬hospitalをゴックンbearing
船に乗っている時間は30分ほど。出発まであと数分。。。
薬が効くころには到着だな・・・
 
P1000863
 
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
ホッ。。。
べた凪の海。
船がとぶことも無く、無事に2年ぶりの黒島に到着happy02
何よりもうれしい♪

石垣島から船でわたれる島々の中でも、あまり有名という感じではなく、島の形が「ハート」の形をしていること。
住人の数よりも、牛の数の方が多いという牛の島であること。
そんな感じのゆったりと素朴な島。その分、のんびりと島の時間を過ごせる。
おひさしぶり♪

黒島での宿「のどか」のご主人に宿まで送っていただくと、「のどか」の縁側が拡大したような広いゆんたく広場で、横になりまったりと気の抜けた出迎えをしてくれたトド2頭。コホッ、もといEmiちゃんとMさん。
あれ?人は違えど、2年前の黒島もこうやって迎えてもらったようなデジャブ。

ちょっと休んだあと、2年前は泳げなかった黒島の海へ。
P1000865
黒島を代表する仲本海岸。

ひろーくリーフに囲まれていて、プール状態のリーフ内はお湯のように海の水があったかいところも。
ちょうと干潮の時間だったので、リーフの外までいっちゃいます。
ダイビングスポットのすぐそばの様で、大きな船がたくさんとまってます。
そのすぐそばをゆらーりゆらーり。
ゆったりとシュノーケリング。

海がちょうど深く切れ込んでいくあたりをシュノーケルで攻めていく。
落ち込んでいく海の中の断崖絶壁には、サンゴが固まっていて、大きな魚がビュンと過ぎていったり、ゆーったりとサンゴを間をすり抜けたり。
そんな様子を事前に購入してきた浮輪にはまりながら、ユラーリユラーリと眺めます。
いいねえ。いい♪

ん?ん?
いつの間にか、シュノーケルで泳ぎ疲れたみなさんが、僕の浮き輪につかまって休んでらっしゃる。
まるで餌付けされた熱帯魚のように、僕の周り(の浮き輪)に2人3人と群がります。
ほへー、頼りにされてるような・・・、でも頼りにされてるのは浮き輪であって僕じゃない。。。
不思議な感覚でのへ~っと波に揺られます。

のへーっとはしてますが、実は今年シュノーケリングに力を入れてます。
旅行直前にホームセンターに行き、フィンを購入。
陸でも履ける、海はもちろん真骨頂のマリンシューズ、そして泳げないから「浮き輪」happy02
バッチリの体制で楽しんでます。
ただ、なにぶん筋肉痛がひどくて、フィンで海水をキックする度にスネとふくらはぎあたりの筋肉が悲鳴をあげ、まともに泳げない。浮き輪があってよかった・・・

身体は疲れても、心は満足♪
再訪でありながらも初めての仲本海岸はキレイでした♪
P1000867

|

« 島にいながら本州のものを 「島やまとぅ」 (沖縄県石垣市大川) | トップページ | 味処 「はとみ」Part2 (沖縄県八重山郡竹富町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/46169560

この記事へのトラックバック一覧です: 再訪だけど初めての黒島:

« 島にいながら本州のものを 「島やまとぅ」 (沖縄県石垣市大川) | トップページ | 味処 「はとみ」Part2 (沖縄県八重山郡竹富町) »