« 突然有名になった毎日眺めた山 | トップページ | 茶屋 「森瀧」Part2 (新潟県南魚沼郡湯沢町) »

2009年9月26日 (土)

越後のお酒ミュージアム 「ぽん酒館」Part3 (新潟県南魚沼郡湯沢町)

ふ~っ。。。catface
昨夜も飲んだなあ。
今回田舎に帰ってくることとなった野暮用で昨夜もビール、日本酒、焼酎・・・
  
ですが、寝覚めは意外にも良く、本日は妻、妻の妹とともに近くのJR上越線大沢駅から電車に乗ります。
  
都会にいる人には信じられないかもしれませんが、こちらの駅は無人駅。、、、
駅員さんいません。
 
前はキップも買わずに電車に乗り込むしかなかったのですが、「天地人効果」かキップの販売機が設置されてまして、人数分のキップを購入して電車の到着を待ちます。
近くに天地人ゆかりの「樺沢城跡」や「龍沢寺」があるので、利用客が多少なりとも増えたからかな?

 
同じく「天地人効果」か?
P1010484
いつもは2両編成の電車が4両に増えてるぅ!coldsweats02
traintraintraintrain
  
こちらでゴトン・・・ゴトン・・・揺られまして。
到着したのは「越後湯沢駅」
改札を出て、駅の外へ・・・出ませんっ!
P1010494
駅の中のある、あるコーナーへとまっしぐら。

ぽんしゅ館。
P1010495
 
P1010526
おみやげ屋さん、食事処、温泉、そして越後新潟の数々の酒蔵のお酒を販売してます。
うほっlovely
まさしく「CAN酒」!!
P1010498
あの、水のように飲みやすい「上善水如」のそれも純米吟醸が「CAN」となって登場してますcoldsweats02
 
そして、その奥!
僕らが目指す「ていすてぃんぐぎゃらりー越の室」lovely
P1010499
もう何度となく来ておりますので、店員さんに500円を渡して、代わりに「おちょこ」と小さなコインを5枚いただきます。
 
そして、ズラッと並ぶ試飲マシーン!!
P1010510
それぞれのマシーンの指定の位置におちょこを合わせて置き、コインを投入!
ポチットナとボタンを押すとウィ~ンとおちょこ一杯のお酒が出てきます。
こちらで越後新潟数々の酒蔵の数々の銘酒を味見できるというワケ。
気に入れば、併設されている販売コーナーで購入することも銘柄によっては可能となっております。
 
どれにしよっかな~♪
せっかくですから、日頃あまり飲まない酒造会社のお酒をいただくようにしよう!
そう毎回思うのですが、次の時に覚えてないので、結局次も同じ会社のものを飲んだりしちゃうんだよね?
まあ、それもご愛敬♪
 
まず1杯目。
新潟銘醸さんの「純米吟醸 雪華寒中梅」
ほのかな甘みが鼻をそーっと抜けていくときの香りがいい♪
 
おつぎの2杯目。
お福酒造さんの「純米吟醸 郷越後」
ほのかに甘く、落ち着いた味。
すうっ・・・と消えていって、ついつい次のひとくちへと手ならず舌が伸びますlovely 
 
越後の酒は辛口という印象もありますが、やはり日本酒は多少なりとも甘みがあり、吟醸酒ともなるとさらに甘みを感じるお酒も多い。
そこは、もちろん各種の塩や味噌も取りそろえてあります♪
P1010506
 
中には、「ウコン塩」というものまで!?
まさか、2日酔い知らずの塩!?
P1010508
手の甲に塩をちょいとのせ、数粒を舌でペロリ。
そしてまたお酒をグビリ。
お酒のおいしさも、グビリグビリと飲むスピードも倍増します♪
 
3杯目。
佐渡の加藤酒造さんの「特別純米酒 金鶴」
日本酒らしい香りと味。ドシッとしたうまみがあります。
 
「これどう?」
「これ私好み!」
周りを見ると、僕らも含めてご夫婦、カップル、友人同士で、みなさん好きなお酒を探し合ってらっしゃいます。
コレもココならではの楽しみ方。
「いやー、この酒はうまいなあ。○○は1番のお気に入りだー」
と豪語される方の話を聞きながら、
「○○は、そこまでうまくないよ。やっぱ□□!これが最高でしょ!」
と、見知らぬ人の批評を心の中でけなしたりする。それもまた醍醐味♪
それぞれの楽しみ方、それぞれの好みの味を探しましょう。
 
4杯目。
久須美酒造さんの「特別純米酒 清泉」
スッキリしていて、なんとも言えないイイ香りが鼻を抜けていく。
旨味を感じるねえ♪
 
5杯目。
栃倉酒造さんの「純米酒 米百俵」
ザ・日本酒というような、ちょいとクセのある味と香り。
 
コインは5枚あって、ゆっくりとお酒を楽しんでいると、おちょこ5杯なんだけど、結構酔います♪
もう1杯だけ、最後にお気に入りの銘柄を飲むか。。。
 
もちろん普通はコイン5枚しかありませんから、5杯しか飲めません。
しかし、うれしいのは旅の友♪
妹からコインを1枚もらっちゃって、ホクホク顔で最後の銘柄、地元塩沢の青木酒造さんの「純米吟醸 鶴齢」をいただきます。
さわやかな香りと甘み。
うまみがたなびいて、なんとも・・・ハァhappy02
 
イヤイヤ~!
今回も楽しみました♪
   
ちょいと酔いが来ましたが、お腹がへったしそろそろ食事にしましょうか!
 
 
 
 
越後のお酒ミュージアム「ぽん酒館」
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3(越後湯沢駅構内)
電話:025-784-3758
時間:9:00~18:00(4~12月)、9:00~20:00(1~3月)
休日:不定休
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.48.45.0N36.55.57.7&ZM=10
URL:http://www.ponshukan.com/

|

« 突然有名になった毎日眺めた山 | トップページ | 茶屋 「森瀧」Part2 (新潟県南魚沼郡湯沢町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/46313692

この記事へのトラックバック一覧です: 越後のお酒ミュージアム 「ぽん酒館」Part3 (新潟県南魚沼郡湯沢町):

« 突然有名になった毎日眺めた山 | トップページ | 茶屋 「森瀧」Part2 (新潟県南魚沼郡湯沢町) »