« インド・エスニック料理 「カシミール」Part2 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | 揺れる恐怖 »

2009年7月16日 (木)

大井川の車窓から

休日。
自宅を朝早く出て、久しぶりの東名高速道を車carで西へ西へ。
いつもなら妻と2人で旅行することが多いので、車の運転席が指定席だが本日は助手席。
とはいえ、妻が運転席というわけでもなく、後部座席で珍しく寝ずにがんばっているbearing
・・・となると、技術力の向上というのはすごいもので、今やオートパイロット・・・

そんなわけはなく、僕の父が運転しております。


本日は僕の両親、そして僕ら夫婦とで旅行にでかけております。

カーナビのない車なので、久しぶりに僕が道路地図と格闘coldsweats02しながらナビゲート。
ところが南は静岡、北は宮城まで載っている地図で、縮尺がやたらと大きい地図のため、目印となる建物がほとんど載ってない!!
ちょいと迷いながらやっと到着!

 
大井川鐵道「新金谷」駅!!
P1000338
大井川鐵道というと昭和51年から蒸気機関車、いわゆるSLを昔のままずーっと運転し続けているということで有名。。。だそうです。

駅からしてどこか懐かしい感じ。
っつーか、土曜日のこの日。
ヒトヒトヒトヒトヒトヒトshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadow
ヒトだかり。
聞いたことのあるツアー会社のシールをバッグに貼ったツアー参加者を中心に土曜日ということもあって、たっくさんの人で賑わってます。どやどやどやと賑やかな団体様が、ところどころ団体行動を乱しつつ、かろうじて添乗員さんが声を張り上げている方へと導かれて行きます。

僕らの今回の旅は、蒸気機関車で大井川渓谷をのぼっていき、寸又峡温泉で汗を流し、両親に日頃の感謝をするという、涙もチョチョ切れる親孝行プラン。
蒸気機関車の発車時刻まで余裕があるので、まずは駅の目の前にある「プラザロコ」という建物の中へ。
ちなみに、車は駅の駐車場(1泊1,200円)に置いてけぼり。

プラザとは言いながらも、中にあるのは土産、名産、弁当、飲み物を販売する売店と、小さなカフェのみ。
ただし、昔の駅舎が再現されていたり、電車を展示してあったりと待機時間の間、目を楽しませてくれます。
P1000329
 
P1000327
電車の模型があるんだから、走らせればいいのに・・・
と思ったら。
P1000330
あぁ、そういうことですか!

迫力のある電車。
P1000322
 
P1000326
そして当時の映画の看板がズラリと並んでいますが・・・
P1000332
今は亡き、長さんもみんなで映画にでてたんだねえ。

発車時間も近づき、せっかくですから駅弁を購入して、SLの中で食べよう!!
駅弁と一緒に飲み物も。
と言っても、僕も父も、そして妻も好きなアレ。
お茶じゃなくって日本酒を購入して駅に向かいます。

発車時刻が近づくと、みんなホームからSLが来るのを今や遅しと、線路に乗りだします!
P1000341_2
「大変キケンですので、黄色い線の内側でお待ち下さい」
到着!!
P1000342
うひゃー!
圧巻の威厳。威風堂々とした態度。沿線の民家の洗濯物を汚すぞっという黒煙!
どれをとってもカッコイイ!
車内に踏み入れると。。。
P1000343
 
P1000344
フッ・・・古い!
このレトロ感!すごい!!
最近、昭和レトロ風の居酒屋が増えてますが、そんな付け焼き刃ではなく「本物」!!

席もリクライニングではなく、全く倒れません!
ガッチガチの背もたれ!
この不便そうなところが・・・いいっ!!好きっ!!

トイレをのぞいてみると・・・うひょー!
ぜひ乗ってみて下さい。

「プォーッ」
大音量の汽笛とともに出発。
ガタン、ガタン、ガタッ、ガタッ・・・
この動き出しがなんともいえずいい。
P1000337
※当たり前ですが、僕が乗っているSLではなく1本前に出発したSL。

出発してしばらく経つと・・・
「ブホッ!ブホブホッ!」
父が咳き込む。。。
進行方向が見えるように座った方が景色がいいだろうと、父に座らせていたのですが、SLが吐き出した黒煙は窓から車内へ逆流。
窓から入ってくる黒煙が、しばしばまともに顔へと直撃。
先頭車両にいる僕らの車両の窓から顔を出すと・・・
P1000384
あらまあ!?。。。あの煙を受けたら、そりゃ煙いわな。
妻から
「お父さんと席代わってあげなさいよ」
「ヤダ!煙そうだもん」
ま、景色がいいんだから我慢して下さいな。

落ち着いたところで、おもむろに購入してきたお弁当を取り出し食べ始めます。
P1000354
う~ん♪なかなか。
喉に詰まったご飯は、同じく購入してきた冷酒(720ml)で胃に流し込みます。
うおー!甘露~♪
日本酒は、車窓の景色とグットマッチング~♪

通常は新金谷駅から目的駅の千頭駅まで17駅もありますが、SLは急行として運行しているので結構飛ばしまくり。
停車する駅はのどかで、日本人なら若い人でも田舎のおばあちゃんちに列車で遊びに来たよ~!
P1000368
 
P1000367
そんな気持ちにさせてくれるような風景。

最初の停車駅も次の停車駅でも、ホームにおられる方が手を振ってくれたり、カメラをパシャパシャ。
P1000375
だんだんと山を登っていくSLの車窓は、大井川渓谷の風景と、静岡らしい茶畑の風景が入れ替わり立ち替わりで、なんともいえずのどかな風景をほろ酔いの僕らにパラパラと繰り返し見せてくれます。
P1000390
 
P1000361
 
P1000387
 
日本酒のビンがカラになり
「飲み足りん!!」
と妻に主張しようと思う頃、ちょうど終点の千頭駅に到着。
P1000392
 
P1000393
 
ここから僕らが目指す寸又峡温泉まではさらに大井川渓谷が続き、その大井川渓谷に沿って、つづら折りの急な山道を路線バスで向かうんだそうです。。。

車酔いしやすい僕・・・
現在お酒に酔っております・・・
「酔い止め」が無いとヤバいかも!
千頭駅の外に出て、辺りを見廻すが・・・食事処と土産物しかねえ・・・
山の中の駅だもの。あたりまえだよなあ。。。
あきらめて路線バスに乗り込むと、座席の下にちゃんとバケツが用意してあります。
あぁ、気持ち悪くなったらコレを使えばいいのね?親切ぅ~♪
って使いたくない!!!
これを使わずに済むことを祈って出発!大丈夫かしら??

・・・ん?
ふと気がつくと、バスの終点の1つ手前。
酒のおかげですぐに眠ってしまい、酔わずに済んだみたい。
酔い止めよりも効くな。さすが「酒は百薬の長」酔い止めよりも効く♪
こうして無事に寸又峡温泉に到着♪

|

« インド・エスニック料理 「カシミール」Part2 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | 揺れる恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/45646956

この記事へのトラックバック一覧です: 大井川の車窓から:

« インド・エスニック料理 「カシミール」Part2 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | 揺れる恐怖 »