« うどんとちょい飲み 「つきよし」 (福岡県福岡市博多区) | トップページ | 元祖 「長浜屋」 (福岡県福岡市中央区) »

2009年3月11日 (水)

海鮮市場 「中洲十徳や」 (福岡県福岡市博多区)

さて、うまいものをたっぷり食べ、しっかり酒にも酔ったところで、次に参りますか!

いくら腹いっぱいといえども1軒で帰ったら、福岡に失礼というものです?

チェーン店でありますが、「十徳や」さんにお邪魔します。

なんといっても海鮮が自慢らしい。
入口には大きな水槽にたくさんの(多分)きびなごが群れをなして泳いでます。
fishfishfishfishfishfishfishfishfishfishfish

 
まずはお通しをつつきながら乾杯!
Ts3d0406

そのお通しで出てきた「バイ貝」
甘辛く煮付けられてるであろうその身
爪楊枝でその身は簡単にひっぱり出せます
しかし、問題なのは身に繋がる肝!
これがまた旨いんだけど引きずり出すのは至難の技
みんなそれぞれ爪楊枝を武器にバイ貝相手に苦戦します
・・・
・・・
ムキ~ッ!poutannoy
ビチッ・・・
根気と集中力がキレたら試合終了。
肩を落として身だけいただきます。
肝がスルッと出て来てくれた時のあの不思議な達成感、それは次回へ持ち越しとなりました。

そして、あまりなじみのない
「ヤガラの刺身」から
Ts3d0407
薄くて透明感のある白い身をいただいて、一噛み、二噛み・・・
だんだんと旨味がじわりじわりとにじみ出て来て、旨い風味が鼻を通って・・・
う~ん♪
うまい魚だなあ。。。酒に合います♪

さあ!
メインはイカの活きづくり!
有名な呼子のイカ!
Ts3d0408
下に敷き詰められている氷と大葉が透き通って見える透明感。
いつもスーパーで見かけるイカとは別人です。
それも微妙にウネウネと動いてます。
さっきまで水の中で泳いでたんだねえ。
かわいそうだけど、新鮮なうちにいただきます。
あぁ、味がスッキリすんでて、歯応えもピーンとコシがあってうまい!happy02
まったくネチャッともせず、こりゃあいいね。

しかし、イカの先の部分「ミミ」に茶褐色の小さな丸い模様がキレイ。
Ts3d0409

ツンツンとつつくとその部分の色が濃くなってすぐ消える。
見た目はバラバラだけど身体は生きている。。。
不思議だねえ・・・
なんだかクリスマスツリーみたいに、そこかしこの茶褐色のシミが消えては点灯、また消える。
不思議だねえ・・・
見とれながらも、
「もう一切れいただくね」
うん!ウマイ!

活きづくりの残りは焼いていただきます。
でも~、いつも居酒屋で見慣れてるゲソ焼きですが、先ほどの透き通った美しい姿と同一人物とは思えないねえ。
Ts3d0411
あぁ、また食べたいなあ。
 
 
 
 
海鮮市場 「中洲十徳や」
住所:福岡県福岡市博多区中洲5-1-7 スプーンビル3F
電話:092-271-2581
時間:17:00~24:00
休日:無休
地図:http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E130.24.27.2N33.35.26.4&ZM=12&CI=R

|

« うどんとちょい飲み 「つきよし」 (福岡県福岡市博多区) | トップページ | 元祖 「長浜屋」 (福岡県福岡市中央区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/44230747

この記事へのトラックバック一覧です: 海鮮市場 「中洲十徳や」 (福岡県福岡市博多区):

« うどんとちょい飲み 「つきよし」 (福岡県福岡市博多区) | トップページ | 元祖 「長浜屋」 (福岡県福岡市中央区) »