« 居酒屋 「北の庄 むらさき」 (東京都豊島区東池袋) | トップページ | ラーメン 「あら焚き豚骨 あらとん」 (北海道札幌市中央区) »

2008年9月 3日 (水)

スープカリー 「yellow」 (北海道札幌市中央区)

<北海道ツアーvol.4>
札幌での夕食をとるために、ホテルを出て街へと繰り出します。
札幌の夜・・・といえばやはり「すすきの」??
というわけではないけど、「すすきの」へ向かう。
しっかし、まだまだ暑さキビシイ夏なので、暑いだろうと思ってタンクトップで出てきてみたが、北海道の夏の夜は結構涼しいのね。
少し肌寒くもあるよsnow

地下鉄を降りて地上にでると、ヒトヒトヒトヒトヒトヒト・・・
渋谷駅前の交差点のようにヒトばっかり!

本日は、たまたま「すすきの祭」にでくあわし、街の賑わいは最高潮happy02
日頃は交通量の多い通りも、本日はココもアソコも歩行者天国run

 
僕らがいきなり目の当たりeyeにしたのは、暴走族みたいなハデな衣装だったり、浴衣を模したような衣装を着た方々、それも30人くらい?が大音量の音楽♪をバックに
「セイヤッ!」
P1020812
と気合い十分に踊ってらっしゃいます。
1つのチームがだいたい30人くらいで、そのチームがいくつもいくつもいくつも・・・
曲が終わると、少し先にチームは移動し、新しいチームが出てきて、また違う踊りを見せる。
新しいチームが来た。。。sign02coldsweats02
「札幌マダム」
すごいチーム名だな。
順番がきて、待機場所から踊るエリアへと移動。
さぁ、踏み出します・・・
「マダム、マダム、マダム、マダム、マダム・・・」
一歩進むごとに「マダム、マダム」と低く声を上げる。。。
なんだかヤッターマンで出てくるビックリドッキリメカのような登場だ。

この踊り、どうやら祭りではあるがコンテストでもあるようだ。
少し先に行くとステージがあり、審査員達が得点をつけて評価してます!

そのダンスストリートの脇には星空の下のビアガーデンbeer
P1020814
こんな仮設のビアガーデンが通りごとに大盛況!

歩いてちょいと暑くなったかな?
と思うと竹下登元総理のお孫さんのDAIGOのようなチャラ男?っぽいオニイチャンが
「どうぞ~」
ウチワをくれた。
気が利くじゃん♪
気分よくあおいでいると、妻がいきなり
「そんなウチワ捨ててよannoy恥ずかしいッpunch
え?
よく見ると化粧厚めのかわいい女の子virgoの顔写真が並んでいる・・・
キャバクラの宣伝用のウチワ!そっか、ここは「ススキノ」だ!
「でもただのウチワだよ。ウチワに罪はないし・・・オレ、キャバクラは行かないし・・・」
この子はかわいいな、なんて眺めるのも悪くなかったりする・・・
「イヤッannoy恥ずかしいから捨ててannoy
夕食前に(財布を持っている)妻を怒らせると、飲めるビールの本数が減ってしまうな・・・
頭の中の電卓ではじきだした答えは。。。
通りにある居酒屋の待ち席として置いてあったイスの上に、ウチワをそっと置きました。。。
 
到着!
妻がこの旅で絶対に来たかったというお店。
スープカリーの「yellow」さん。
スープカリーの歴史は古くないと思うが、このお店は1996年創業というスープカリー屋さんとしては老舗だ。
ほえ~coldsweats02
この夜だというのにゆうに20人以上が並んでます。。。
「この列・・・やめようよ。居酒屋に行こうよ」
列に並ぶのも嫌いだし、この時間スープカリーっていうよりも明らかに居酒屋タイムだ。
っていうか、パッと食って、早く飲みに行きたいのだよ僕は。
「このために来たから並ぶpout
妻の固い決意は変えられそうもない。。。

しばらく待つも列は遅々として進まず。。。
ラストオーダーは21:30なのでまだ大丈夫だけど・・・
まだ列は長いし、中に入って注文して食べて店を出るのは・・・22時頃になるかなあ。
その頃は事前にリサーチしてあったいい居酒屋さん達はほとんど閉まっちゃうだろうなあ。。。
そんな事ばっかりを考えながらひたすら待つ。
 
1時間ほど待ってようやくドアの目の前にまで進んだ頃。。。
P1020815
中をのぞくと・・・
まだ店の中でもナランデル!!!
ギョギョギョ。!!(゚ロ゚屮)屮
頭の中は
《店に入る=席について注文できる》
だったのだが、甘かったcrying
そこへ店の方がきた
「ここからあと1時間ほどかかりますがよろしいですか?」
「はい、いいです」
これだけ待って引くに引けないところだ。
店員さんは次の人にも同様に聞いている
「ここからあと1時間ほどかかりますがよろしいですか?」
「ここまで1時間も待ったのにどうしろっていうんですかannoy
みなさん待ち時間が長いことに怒ってらっしゃる。
でもしょうがないよねえ。
まあ、カレーって言うと、どうしてもスタンドのカレーみたいに、注文されたらすぐに自慢のルーをご飯にかけて
「どうぞっ」
っと、早い安いうまいって感じで、すぐに来るって気がしちゃうもんね。

それからしばらくしてやっとこ入店。
P1020821
しかし、まだまだ店内の待ち席です。
席についておられる方を見ると、明らかにずーっと待っているような様子。
頬杖ついてつまんなそうに携帯の画面をみてらっしゃる。
多分30分以上来てないんだな。。。
そんな人が結構たくさん。

「カウンター席へどうぞ」
いやー待った待った。
閉店時間の22:00はとっくに過ぎてます。
席に座るまでに約2時間もかかった。
妻はカンカンannoy
しかし、もともと並んでいるのを承知で並んだわけだし、僕は何度も明日のランチにでもまた来ようよ。と言ってるにもかかわらず、言うことを聞かなかったので自業自得だ。
さぁ、注文注文。
ボクはチキン野菜カリー、妻はベーコンのカリーにチーズトッピングをオーダー。
料理は時間がかかりそうなので、取り急ぎビールを注文。
P1020816
すきっ腹にビールが響きます。
現在22:30を過ぎた。。。
もう居酒屋やってないな。。。
明日の夜はイベントに行くので、何時に帰れるかわからん。
いくつかリサーチしてある居酒屋は無理そう。
ボクの「居酒屋」は妻の「スープカリー」に消された・・・

・・・しかし、来ないな。。。
まあ、みなさんお待ちですから。もう一杯ビールを注文して待ちます。。。
僕だけ2杯目のビール
P1020819
すきっ腹のビールはタップンタップンくるな。。。
 
「えっ!!なんで?annoy
突如妻が声を上げる。
「ん?どした?catface
「私達の後ろにいた人のところに先にカレーが来てる!!annoy
「頼んだ種類とかで多少順番が変わることもあるよ」
「ワタシ他の人たちも見てくるannoy
店内は結構広く、かなりの人が入れます。
「やっぱりみんな先に食べてる!!annoy
店員さんを呼びとめ
「私達よりも後に並んでた人たちに、先にカレーが来てるんですけどannoy
「すいません。すぐに確認いたしますcoldsweats02
すぐに店長らしき方がいらっしゃり
「申し訳ありません。ちょっと注文を受けたときに順番が前後したようで」
と謝罪があり、すぐに持ってまいります!と。何かドリンクをサービスさせていただきますと迅速かつ良い対応。
店長さんが僕の目の前の空のビールを見て
「ビールでよろしいですか?」
あっ!そうだ!
「はい」
と妻。ありゃあ。。。
「すでに飲んだビール代と相殺してもらえばよかったのに・・・」
すきっ腹に飲むビールはあっという間にお腹いっぱいですbearingタプッタプッwobbly

やっとキタキタッ♪
「チキン野菜カリー(1,100円)」
P1020825
大きな骨付きチキンに、ブロッコリー、カボチャ、オクラ、ジャガイモ、ニンジン、ピーマン、レンコン、ナス、タマゴ。
それぞれが一口を超える大きなカット。ジャガイモなんてそのまんま1個です。
スープカリーの醍醐味ですなhappy02
チキンは柔らかくて、野菜は歯ごたえとうまみがバツグン。
そして、なによりもスープカリーの味がグー。
ついてくるごはんをスプーンに乗せて、そのつどスープカリーに浸して食べていきます。
しかし、長かった。。。
並び初めてから、料理が出てくるまで約2時間30分weep

妻も列の後ろに並んでいた客に先にスープカリーが出てきたときには怒ってannoyいたが、目の前にベーコンのカリーが来て喜んで食べております。
僕の後ろで列に並んでいた人々は、現在やっと食べ始めた僕らの後ろで、お会計のためにレジに並び中shadowshadowshadowshadowshadow
時間にして15分~20分ほど、僕らは余計に待つハメとなってしまった。

アレ?・・・でも・・・
「キミ。。。チーズトッピングしてなかたっけ?」
ギョギョッcoldsweats02
妻があわててスープカリーをすくってチーズを探します(((゚Д゚)))ガタガタ
「あsign02
僕のスープカリーの方に溶けたチーズが沈んでおります。。。
「ワタシ文句言うわannoy
マ!まぁ~お待ちなさい。
しょうがないよ。急いで作らせたからね。
どうぞどうぞ。妻をなだめながら、僕の中に入っていたチーズを妻のスープカリーへと移動させます。

いやいや、時間こそかかったけど、かなり美味しかったよ。
僕はあまりスープカリーって評価してなかったんだけど、見直しました。

さてお会計。
伝票を見ると、スープカリーが2つ。
そんでビールが1、2、3・・・4つ?
最初に僕と妻が1杯ずつ計2杯。
その後僕だけ1杯追加注文。
順番が違うとサービスで持ってきたくれたビールは2杯。だが、それはサービス。
1杯多いねえ。
「私たち3杯しか飲んでないんですけどannoy
もう順番を逆転されたことにお怒りの妻はちょっとキツメのアピール。
気の長い僕もさすがにちょっと、呆れちゃったな┐(´д`)┌ヤレヤレ

無事にお会計を終わってお店を出ると、並んでから約3時間近い時watchが。
いや~かかったなあ。
もちろんリサーチ済みの居酒屋さん達は終了済みweep
ホテルへの地下鉄に乗り込みましたcrying。。。


ちなみに・・・
人気店なので行列こそありますが、普段はこんなには混まないようです。
本日はたまたま。
ひとつの要因としては・・・
大泉洋さんらが所属するチームナックスという演劇ユニットがあるのですが、その演劇ユニットが所属している事務所「クリエイティブオフィスキュー」が開催する「キュー ドリーム ジャンボリー2008」というイベントが、ここ札幌で開催されています。
そのチームナックスのメンバーがこちらのスープカリー屋さんをオススメしていたのでした。
それにノコノコと乗ってしまう我が妻みたいな方達が大挙して来てしまったんでしょう。
お店には申し訳なかったな。。。
 
 
 
 
 
スープカリー 「yellow」
住所:北海道札幌市中央区南3条西1丁目12-19エルムビル
電話:011-242-733
時間:11:30~22:00
休日:無休
地図:http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E141.21.39.8N43.3.15.8&ZM=12&CI=R

|

« 居酒屋 「北の庄 むらさき」 (東京都豊島区東池袋) | トップページ | ラーメン 「あら焚き豚骨 あらとん」 (北海道札幌市中央区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/42343765

この記事へのトラックバック一覧です: スープカリー 「yellow」 (北海道札幌市中央区):

« 居酒屋 「北の庄 むらさき」 (東京都豊島区東池袋) | トップページ | ラーメン 「あら焚き豚骨 あらとん」 (北海道札幌市中央区) »