« 日本のマンガはベトナムまで | トップページ | でかい顔! »

2008年8月13日 (水)

まさかここでこんなことを!?

<ベトナム・カンボジアツアーvol.11>
カンボジアのシュムリアップ国際空港に到着!
ベトナムのホーチミンからは約1時間のフライトairplane
日本なら東京~大阪という感じのフライトになるのだろうか。
日本だと、飛行機から空港の建物へ直接通路が繋がっているのが当たり前で、タラップを利用してバスで案内されるとなんだか損した気分になっちゃう。
しかし、こちらシュムリアップ国際空港はタラップを降りて、徒歩のみ。
P1020534
 
P1020533
ま、建物まですぐだから苦にならないけど

 
建物に入ると、一緒に飛行機を乗られた皆さんは入ってすぐ左にある窓口へまっしぐら!
えっと、なに?V・・・I・・・S・・・あぁ!「VISA」ね。
僕ら夫婦が、旅行前に醜き夫婦喧嘩の末に取得したヤツだ。

カンボジアでは入国にビザが必要で、通常のツーリストビザ(観光ビザ)は、この窓口で申請用紙と顔写真、それと20$があればすぐに取得可能だそうです。。。
(僕らが申し込んだツアー会社の案内では、カンボジアはこの空港窓口でのビザ取得に関するトラブルが多いらしく、必ず日本での取得をお願いされていた)
しかし、実際に来て見ると僕ら以外にまっすぐ入国審査に向かう人はいないんですけど・・・
「なんだよannoyみんなココで取ってんジャン!」
まあ入国審査がスムーズにいったから良しとしますか・・・

「ん?!」
係員に連れられたアメリカ人7人組のグループが入国審査をスルー。
えっ!いいの?VIP??
見ていると、スルーしてすぐ立ち止まり、アメリカ人はパスポートとお金を係員に渡した。
どうやら人数が多いために入国審査の係員が便宜をはかっている様子?
へー結構親切というか、ゆるいもんなんだなあと思って見ていると、次に係員が入国審査をスルーさせて連れて来たのは日本人夫婦+男の子。
夫婦がパスポートとお金を係員に渡したのだが・・・係員と何やらもめている。
一度、係員が夫婦のもとを離れると、うちのおせっかいな・・・ゴホッ、もとい親切な妻が夫婦のもとへ話を聞きに行く。
話によると、1人20$はいいのだが子供の分まで請求されているという。
あれ?子供ってビザ必要なんだっけ?
「地球の歩き方」を見ればわかるんだろうけど、預けた荷物の中。。。
でも、なんとなく子供の分までかかるような気はしないのだが・・・
時間がかかりそうなので、心配しつつも夫婦のもとを離れた。

やっぱり事前にとっておいて正解だったね♪
ツアー会社にちょっと感謝happy01
変わり身が早くてすいません。

後で調べたところ、やはり12歳未満の子供はツーリストビザであれば無料だそうだ。
あの夫婦どうなったんだろ?子供の分も余計に20$取られちゃったのかなあ?
つーか、入国管理のとこで勤めていて、子供にビザがかからないことくらい、係官が知らないわけがない。。。
あの係官は・・・サギだ!

で、やっぱり本やネットなんかを見ると、一時に比べるとかなり減っているようですが、入出国の際に係官とトラブルがあったり、サギまがいのことも起きることが報告されているようです。
入国審査で働いている係官って公務員なんだよねえ?
そんな人が観光の窓口となる空港でまさかサギまがいのことをするなんてannoy

カンボジアだけじゃないけど、外国って事前に十分な用意してないと怖いのねえbearing

|

« 日本のマンガはベトナムまで | トップページ | でかい顔! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/42154202

この記事へのトラックバック一覧です: まさかここでこんなことを!?:

« 日本のマンガはベトナムまで | トップページ | でかい顔! »