« まさかここでこんなことを!? | トップページ | かわいいがウザイ子供たち »

2008年8月14日 (木)

でかい顔!

<ベトナム・カンボジアツアーvol.12>
カンボジアでの最初の朝を迎え、ベトナムとは違って今日からは観光ツアーでビッチリ詰まった日程。
苦手な団体行動の日々shock
まあ、しょうがないわな。
カンボジアはクメール人が9割。公用語はクメール語。
地元の一般の人には、日本語どころか英語も通じません。
ガイドさんがいなかったから、あらぬトラブルに巻き込まれかねないからね。

 
カンボジアと言えば、やっぱり「アンコールワット」が浮かぶ。っていうかそれしか浮かばない。。。
・・・が、旅行に行く段階で初めて知ったのだが、「アンコール」というのは、サンスクリット語のナガラ(都市)からでた言葉だそうです。それがなんで「アンコール」になったの???よくわからん。
しかし、9世紀~15世紀にかけてをアンコール時代というらしい?
今回の旅も、「アンコールワット」だけでなく、アンコール時代に建てられた「アンコール遺跡群」として、「アンコールトム」やその他の遺跡も見に行くことになってます。

しっかし、まったく予備知識ゼロで来ちゃったけど。。。大丈夫かな。。。
 
僕らのホテルは★★★(星3つ)のグレードだけど、迎えに来たバスは他のツアー客をピックしていく、みんな★★★★のホテル。。。
「僕も★★★★のホテルがよかったなあ。立派できれいそうだもん」
と妻に言う。
「自分で安いツアーがいいって言ったんでしょ!」
そのとおり、安月給の身としてはできるだけ安いツアーを探してもらったのだった。。。
甲斐性無しですいません。

「・・・と、ん?」
急にバスが止まる。
もう遺跡についたの?
ぜんぜんそうは見えないけど。
P1020545
アンコールパスという、アンコール遺跡を見るために必要なパスポートを作るためのところ。
1DAYが20$
3DAYSが40$
7DAYSが60$
このアンコールパスがないと、遺跡の観光はできません。
窓口の横には変なアームの伸びた機械があって、なんだこれ?
と思ってたら、アームの先に小さなデジカメがついていて、顔写真を撮ります。
これがアンコールパスに印刷されて、身分証明書のような感じになります。
しかし、厚紙だとかパウチにしたものが出てくると思ったらペラペラの紙。
レシートの整理をしたときにゴミと間違えて破って捨てちゃいそう。。。

って、僕らの購入したのは3DAYSなので40$
4,000円以上もするから、この観光が終了するまでちゃんと持っておかないとね。
ホテルに忘れると、ガイドさんは躊躇なく
「ホテルニモドリマショウ」
他のツアー客の皆さんにご迷惑をおかけすることになります。

あ、カンボジアの通貨はリエル(Riel)ですが、US$も普通に使えます。
観光客が買い物するような場所で、US$の使えないところはまずないです。
レートとしては、1$=4,000リエルで換算されてます。
流通している$は紙幣のみなので、4.5$の支払いの時にオツリはどうなるかというと・・・
2,000リエルが返ってきます。コインがないので細かい金額はリエルになる。

ささ、観光です。
バスが止まり、
「バスハコノサキニイケマセン」
P1020547
ヘビをかたどった道の先に大きな顔がついた門。
いや、なんかもうすごいね。

近づくとド迫力。
P1020554
まずは「アンコールトム」にきましたよ。
アンコール遺跡群の中でも、大きな顔がついてるのが特徴ですな。
で、これは南大門という入口だそうです。

ここからは「アンコールトム」そのものへは、トゥクトゥク?バイクに馬車をひかせたようなもので移動します。
移動中、隣を見ると象で移動する人もいる・・・
P1020558
うらやましい。
どんな乗り心地なんだろ。
 
到着!

遠くから見ると石の山のように見えるけど
P1020559
いざそばに来てみると、その壁、柱、すべてに細かい彫刻。
P1020566
 
P1020567
 
すごい・・・すごい・・・
なんかそれしかわかんない。

アンコールワットもそうだけど、アンコールトムはヒンズー教の寺院です。
その壁に描かれた紋様は、ヒンズー教の天地創造神話の一つ「乳海攪拌(にゅうかいかくはん)」という物語をメインに描かれてます。
全く知らない神話ですが、このあとに行く遺跡のほとんどでそれが描かれているので、事前に勉強してくればよかった・・・
※「乳海攪拌(にゅうかいかくはん)」

すごいねえ。これ全部石ですか。。。
でもところどころかなり崩壊している様子が見れます。。。石だもんね。
遺跡は日本やフランス、アメリカなどいろんな国の補助で修復・保全が行われているようです。

アンコールトムといえばやはりこの写真。
迫力あるなー。でかい顔。絵になります。
P1020572
 
P1020588
自由時間中はグルグルとまわって、自分だけのスポット探し。
階段を上ったり下りたり。
額縁の中の「でかい顔」
P1020591
 
国をあげて修復・保全にがんばっているのだけど、そうなる前には盗難などが多くあったそうです。
頭をもがれたり、手を切ったり。。。どの国も悪い人はいるんだよね。。。
P1020346
・・・無残・・・
 
観光が終わった後は、レストランでビールを飲み、
P1020605
アンコールビール。あっさりしてて、かすかな酸味があって飲みやすい。

カレーとか他の料理も、日本人向けに辛さを抑えているのかあまり辛くなくて食べやすい。
ココナッツの風味とか、パクチーみたいな風味の強い味かと思ったら、そんなこともなく日本人には親しみやすくってなかなかおいしい。
P1020606
 
P1020608
 
いったんホテルに戻り、ちょいと休憩。
午後からは、ついにあの「アンコールワット」へ。

|

« まさかここでこんなことを!? | トップページ | かわいいがウザイ子供たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/42162410

この記事へのトラックバック一覧です: でかい顔!:

« まさかここでこんなことを!? | トップページ | かわいいがウザイ子供たち »