« 意外に知らないこと 「ふれあい下水道館」 (東京都小平市上水本町) | トップページ | KUSHIYAKI BAR 「芳一」 (東京都国分寺市泉町) »

2008年6月18日 (水)

森の中の懐かしい場所 「江戸東京たてもの園」 (東京都小平市桜町)

やっとこ本格的に散歩の出発。
次の目的地へは、再び緑に囲まれた玉川上水に沿ってひたすら新宿方面へ。
この玉川上水は四ツ谷まで続いてるらしい。もっとも遊歩道が作られているところはすぐ先で終わってしまうのだろうけど。

子供連れのお母さん。
買い物袋を提げたおばさん。
いろんな人が通る通る。
僕らは時折万歩計をチェックしながら、早くも最終目的地が来るのを待ち焦がれている。。。

到着!!
歩数2万歩以上。延べ約12キロの長距離散歩。

 
最後に立ち寄ったのは「小金井公園」
雑木林など緑が豊か~♪
しかし、目的地は公園自体ではなく、その中にある「江戸東京たてもの園」
公園内のこのたてもの園は有料で1人400円。
昔の旧家や蔵が並ぶエリアがあるが、時間もないのでそちらは素通り。
昔の街並みを復元・展示したエリアへ。
P1020124
いいなあ。この街並み。
現代に欲しいくらい。

まずは、台東区の言問通りにあった居酒屋「鍵屋」さんへ。
P1020099
のれんを通ると・・・このカウンター!!
P1020102
うひょー!!
しびれます♪
冬ならば
「その熱いやつ一本ちょうだい♪」
「あいよっ!」
そして、目の前のお品書きの札を見て
P1020105
「ゆどうふとねぇ。。。味噌おでんちょうだい」
と言いたくなる。
残念ながら営業はしておりません。
この建物を譲ってもらえたらすぐに居酒屋開業するな。

お次は、今や懐かしい銭湯!
P1020107
それもかなり立派!
通常だと男は女湯に入れない。女は男湯に入れませんが、ここは展示してあるだけなので、両方とも好きなだけ入れます。
P1020108
・・・となると、昔、あそこに座ってみたい!と思っていた、番頭さんの位置から眺めます。
P1020115
こりゃあ、男湯も女湯も丸見えだあ。

なんだろう?
この街で暮らしたわけでも、この時代に青春を過ごしたわけでもないけど、なんだか懐かしくなるよねえ。

ある一画では、「羽子板」!
P1020117
「竹馬」!
P1020118
「ベーゴマ」!
P1020119
という昔の遊具が適当に置いてあり、自由に遊べるところ。
他にもコマなどもあり、ボランティア?おじいさんたちが子供達や昔は子供だった人たちに遊び方を教えてます。
ひさしぶりの竹馬。。。の・・・乗れねえ。。。
昔はあんなに乗れたのに?
これも歳ですか???情けない・・・
しかし、大人も子供も一緒になって、みんないい笑顔で遊んでるなあ。
携帯ゲームやTVゲームじゃこの笑顔は出ないだろうなあ。
そんな様子を眺めながら、グビッ・・・ふーっ。
P1020127
満足じゃあ。

他にもいろんな展示があります。

実はこの場所。
映画「千と千尋の神隠し」
のモデルともなった場所のようで、こんな写真も。
P1020134
 
 
 
 
 
江戸東京たてもの園
住所:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
電話:042-388-3300
時間:4月~9月 9:30~17:30
    10月~3月 9:30~16:30
休日:月曜日、年末年始
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.30.57.0N35.42.45.6&ZM=12

|

« 意外に知らないこと 「ふれあい下水道館」 (東京都小平市上水本町) | トップページ | KUSHIYAKI BAR 「芳一」 (東京都国分寺市泉町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/41558728

この記事へのトラックバック一覧です: 森の中の懐かしい場所 「江戸東京たてもの園」 (東京都小平市桜町):

« 意外に知らないこと 「ふれあい下水道館」 (東京都小平市上水本町) | トップページ | KUSHIYAKI BAR 「芳一」 (東京都国分寺市泉町) »