« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月22日 (日)

やきとん 「高木」 (東京都北区滝野川)

明日は休みという金曜日。
金曜日って気持ちが楽だねえ
こういう日には、やはり「酒」が似合う?

早めに仕事を切り上げ、目的の駅に急がなきゃ!
汗をかきながら駅に到着すると電車が遅れてる・・・
やべぇー。。
やっとこ駅に到着すると、本日のメンバー。
にっく郎、カラモフ、OKAZU氏。
すいません遅れてぇ~。

続きを読む "やきとん 「高木」 (東京都北区滝野川)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お好み焼き 「きじ」丸の内店 (東京都千代田区丸の内)

秦くんのライブを終えて、なんか食って帰りますか?
「あそこ行きたい」
「この前も行ったけど・・・あそこ並ぶからなあ」

東京駅に降り立ち、ビルの地下街へ。
平日は人でいっぱいの地下街も休日はガラガラ。
差が激しいなあ。。。

続きを読む "お好み焼き 「きじ」丸の内店 (東京都千代田区丸の内)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

鋼と硝子でできたライブ

日本の官庁街「霞が関」
そういえば、初めて丸ノ内線の霞が関駅を降りた時は
「出口間違ったあ!」
と同時に、目の前に日比谷公園があることにビックリ!
「霞が関と日比谷って近くなの?」
と驚いたものだ。
地名だけは知っていても、実際はどこにあるんだか?まったく無知なもんである。

続きを読む "鋼と硝子でできたライブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

KUSHIYAKI BAR 「芳一」 (東京都国分寺市泉町)

今日は歩いたなあ。
程よい疲れが身体を巡る。
あぁ、毎日休みだったらいいのに。

まあ、時々の休みだからありがたいんだろうね。。。

じゃ、この疲れを癒しに行きますか。

続きを読む "KUSHIYAKI BAR 「芳一」 (東京都国分寺市泉町)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の中の懐かしい場所 「江戸東京たてもの園」 (東京都小平市桜町)

やっとこ本格的に散歩の出発。
次の目的地へは、再び緑に囲まれた玉川上水に沿ってひたすら新宿方面へ。
この玉川上水は四ツ谷まで続いてるらしい。もっとも遊歩道が作られているところはすぐ先で終わってしまうのだろうけど。

子供連れのお母さん。
買い物袋を提げたおばさん。
いろんな人が通る通る。
僕らは時折万歩計をチェックしながら、早くも最終目的地が来るのを待ち焦がれている。。。

到着!!
歩数2万歩以上。延べ約12キロの長距離散歩。

続きを読む "森の中の懐かしい場所 「江戸東京たてもの園」 (東京都小平市桜町)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

意外に知らないこと 「ふれあい下水道館」 (東京都小平市上水本町)

満腹&ほろ酔いで散歩開始!
緑豊かな玉川上水沿いは、たくさんの方々が散歩されている。
それも万全のウォーキングスタイル。
憩いの地なんだねえ。
P1020098
 
玉川上水のマップを見るとたくさんの橋が架かっている。
・・・あれ?玉川上水っていうからには、単純に「多摩川」沿いにくっついてるんだと思ってたんだけど、多摩川とは離れてるんだねえ。
きっと上流の上流で多摩川から来てるんだろうなあ。
と思ってたら、江戸時代に玉川兄弟が私財を投じて工事したそうだ。
「玉川上水」の名の由来も実はこっちだそうだ。
知らんかった。。。

あっという間に第一寄り道に到着。

続きを読む "意外に知らないこと 「ふれあい下水道館」 (東京都小平市上水本町)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストラン 「マ・メゾン」小平店 (東京都小平市上水本町)

休日。
たまの休みは家でゆっくり。。。
・・・というのはもったいないよねえ。

最近、欠かさず録画して見ているTV番組「ちい散歩」
駅から適当?に散歩して、食べたり、見たり、体験したり。

まあ、そのマネではあるが、日頃の運動不足解消とダイエット効果を望んで、またもや今日も歩いてみようということに。
天候にも恵まれて、降り立ったのはJR武蔵野線の新小平駅。
妻はよく利用している駅だが、僕はまともに利用したことがない。
駅前は駅前らしく、お店がちらほら・・・
なんとも開発しきれない駅である。
でもこういう駅が結構好きだったりする。人がいっぱいいるのがどうにも苦手で。

では万歩計をリセットして、さぁスタート!!

続きを読む "レストラン 「マ・メゾン」小平店 (東京都小平市上水本町)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »