« 褐色の街並み 「飛騨高山」 (岐阜県高山市) | トップページ | 白壁の静かな街並み 「飛騨古川」 (岐阜県飛騨市古川町) »

2007年12月 2日 (日)

雪化粧の山と紅葉に包まれて 「白川郷」 (岐阜県大野郡白川村)

飛騨バスツアー vol.4
どこだかわからないが岐阜の山奥のホテルで一夜が明けて、外は雪景色。
P1010651
そしてさすがツアー!
集合時間は予想どおりの7:30!はえー!
飯食って、ひとっ風呂浴びたら慌てて片付け&支度、そして出発!
車酔いが心配で朝食バイキングも控え目ですよ。

何はともあれ、バスでひたすら揺られた後は、有名な「白川郷」
世界遺産でもある。バスの中でも添乗員さんが
「日本にある世界遺産はいくつあるでしょう?」
という問題をみなさんに。

いくつあるでしょう?
実は自分も知らず知らずに半分以上訪れていた。。。
答えは「14」

文化遺産として
・法隆寺
・姫路城
・京都の文化財
・白川郷・五箇山の合掌造り集落
・原爆ドーム
・厳島神社
・奈良の文化財
・日光の社寺
・琉球王国の首里城など遺産群
・紀伊山地の霊場と参詣道
・石見銀山遺跡
自然遺産として
・屋久島
・白神山地
・知床
以上14箇所。
結構多くあるもんです。

「白川郷」に到着!
自由時間は1:30ほど、短いっ!
白川郷の中でも有名なのが、国の重要なんたらに指定されている「和田家」らしいが、距離的に行って帰って来るだけで終わりそう。
ということで、手っ取り早く「白川郷」を知るために、すぐ近くにある「野外博物館合掌造り民家園」へ。
合掌造りの家が並び、小さな集落といった感じ。
P1010656
入ってすぐ、ユニフォームを着たおにいさんが合掌造りの家について説明してくれる。
一番目につく茅葺きの屋根。葺いたばかりの厚さはなんと1m以上の厚さ。
P1010664
それが摩耗などで減り、50cmほどになると葺き替えるそうだ。
その葺き替え作業は、同じ村の人達100人ほどが一気に作業に関わるらしい。
「うそだぁ~」
そう思ったが、後ほど見つけた写真を見ると・・・ありえる!
P1010669

見事な茅葺きだが、実は大変な問題を抱えているらしい。
昔、茅葺きに使うカヤは各自が山で育てていたそうだが、今やそんなにたくさんのカヤが栽培出来ない。
となると他から買ってくるわけだが、カヤの値段、手伝ってくれた方に供するお茶や食事、一回の葺き替えでかかる金額はいくらになると思います?
P1010658
ちなみに手伝ってくれた人には謝礼みたいなものはなく、手伝ってくれた変わりにその人の家の葺き替えの時は手伝うという相互扶助制度。

「2000万」
およそですが、1回の葺き替えでそのくらいかかるそうです。
田舎の家が1件買えてしまう・・・
だいたい30年のスパンらしいですが。
いやはや大変。

合掌造りの建物、茅葺きの屋根、まわりの紅葉、雪化粧の山々。。。
P1010662
なんだか胸が震えるほどのきれいな景色だけど、一時期は無人になり廃墟と化したこともあるこの村を維持するのは大変な努力なんだなあ。

さてさて、そのあとは「飛騨うまいもの巡り」
こちらでは、「ぜんざい」をいただきます。
心まで暖まりそうな囲炉裏のそばで、トチもち又は草もちのぜんざい。
P1010670
甘さを引き立てる塩が利いていて美味しい。

自由時間もあとわずか。
最後に飛騨といえば「どぶろく」!!??
この白川郷の中には、「どぶろく祭りの館」というのがあるらしい。
しかし、立ちはだかるのは苦手な吊橋・・・
P1010674
あまり高さはないので何とかなりそう。
揺れが怖いので元気良く歩く!
歩いて揺れてるのか、吊橋が揺れているのかわからなくなるように。
急いで駆け付けた「どぶろく祭りの館」は、入館料300円。
館内を見て周る時間が無い!!
断腸の思いであきらめ、またビビリながら吊橋を渡ってバスに戻ります・・・

|

« 褐色の街並み 「飛騨高山」 (岐阜県高山市) | トップページ | 白壁の静かな街並み 「飛騨古川」 (岐阜県飛騨市古川町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/17220680

この記事へのトラックバック一覧です: 雪化粧の山と紅葉に包まれて 「白川郷」 (岐阜県大野郡白川村):

« 褐色の街並み 「飛騨高山」 (岐阜県高山市) | トップページ | 白壁の静かな街並み 「飛騨古川」 (岐阜県飛騨市古川町) »