« 大衆酒場 「酒屋の酒場」Part6 (東京都足立区千住中居町) | トップページ | 回転すし 「無添 くら寿司」清瀬店 (東京都清瀬市野塩) »

2007年10月16日 (火)

良い品!安く!気をつけて!

休日の朝、仕事の日でもないのに朝から電車に揺られる。
でも通勤では使ってない路線だと、不思議に嫌な気がしないなあ。

日比谷線の築地駅で下車。
築地場外卸売市場に到着。
本日は半値市というやつをやっているらしい。
妻について来ただけだから、細かいことは知らないけど。
ただ、今強く認識したのは
「疲れるだろうな・・・」
目の前の卸売市場の、人!人!人!
すごい賑わい!!

良い品を安く買おう!!という皆さんの意気込みが感じられる。
人混みが大の苦手な田舎者としては、気合いを入れていかないと!

妹が先に来ていて合流する予定だが、周りの喧騒で携帯での連絡もままならず、取りあえずお互い買い物をして、落ち着いた頃に合流することにした。

お昼にはまだちょいと早いか?という時間だが、寿司屋さんには半額メニューに長蛇の列。
気を抜くと買う気マンマン、先を行く妻と離れ離れになりそうになっちゃう。アブナイ、アブナイ。
いい歳して30過ぎの迷子の放送はかっこわるすぎる。
P1010493

半値市といっても全品が半値というわけではなく、目玉商品が半額になっているようだ。
もうすでに売り切れ続出。

市場のハズレ。
一息ついたところで妹と合流し、玉子焼きの店やうなぎの店を周って、マグロのお店「国虎」さんへ。
P1010494
妻と妹がマグロを見ていると
「おねえさん、どれがいいの?」
とお店のおにいさん。
「大トロ!」
「予算は?」
「1,000円!」
「ちょっとだけになるけどいい?」
大トロにしてはかなり低い予算だが、まあ、うまそうな大トロを味見程度欲しいなという感じ。
大きなトロの切り身につけられている値札を見ると、1,000円でも刺身5,6切れにはなりそう。
おにいさんが見事にサシの入った大トロを手にとり妻に見せ、
「コレをちょっと切って1,000円でいいね?」
と、確認して奥の調理場に渡す。
すると、調理場に向かっておにいさん
「ある?ある?」
なんで聞いてるの?
「ちょっと待ってね。今出て来るから」
と大トロを陳列する氷の上に戻した。
おにいさんが、奥からトロを受け取り、サッと包んで袋に入れて、
「ハイ、どうぞ!」
うーん・・・さっきチラッと見えたものが、赤かった気がするけど・・・
それに包み方があたふたした感じだったのは・・・気のせい?

このあと、「かんの」というところで丼をいただく。「ネギトロスペシャル(900円)」
P1010495
ネギトロ、マグロ、いくらの3点盛り。

満足&疲れとともに帰路につく。

所用があって、僕は夜になって帰宅。

真っ直ぐ帰っていた妻が、晩酌の下準備済み。

今日購入したものをチャチャッと切って並べて準備完了。
お酒は「ひやおろし 竹泉」の純米吟醸。
P1010501
カンパーイ!
うん、最初にフワリと香りがして、スーッと後味が消えていく・・・うまい!

さて、築地で買って来たもの。
「松露」さんのダシ巻き玉子焼き。
P1010498
甘めの味付けだけど、ジュワッと汁が滲み出て来ていいね。

紀文のさつまあげ。
P1010500
軽くグリルであぶったのでアツアツでうまい!

そしてなんといってもメインの大トロ!
P1010497
わかりますでしょうか?
見事に騙されました。
ご覧のとおり見事な赤身。
それもスジ入りまくり。
100歩譲って、大トロの部分なんだけど、たまたま脂が全くのってなかった、と仮定しても、最初に見事な大トロを見せておいて、コレを渡すのはサギじゃねーの?

結局は騙された方が悪いか・・・

全部の店がこんなところばかりじゃないでしょうが、こういうところもあるから素人とはいえ、厳しい目でこちらも買わなきゃいけないんだなと思い知らされました。。。
気をつけましょう。

この後、日本酒を飲んでいたらそんなことどうでもよくなって、1升瓶を1人で約半分飲み幸せ~♪
お酒は偉大だわ♪

|

« 大衆酒場 「酒屋の酒場」Part6 (東京都足立区千住中居町) | トップページ | 回転すし 「無添 くら寿司」清瀬店 (東京都清瀬市野塩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/16774991

この記事へのトラックバック一覧です: 良い品!安く!気をつけて!:

« 大衆酒場 「酒屋の酒場」Part6 (東京都足立区千住中居町) | トップページ | 回転すし 「無添 くら寿司」清瀬店 (東京都清瀬市野塩) »