« 居酒屋 「貴」 Part4 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | らーめん 「麺座 でん」Part2 (埼玉県越谷市南越谷) »

2007年10月10日 (水)

四方八方が酒、酒、酒!

地下鉄江戸川橋駅で下車。
川沿いの公園を妻と一緒に休日の散歩。
あぁ、のほほんとしていいねえ。

・・・しかし、妻がカバンから「ウコンの力」を取り出しゴクゴク。
そう、今日はこれから飲む!!飲む!!飲む!!

マンくんの結婚式で行ったことがあったが、それが最初で最後に立ち入るところだと思っていたフォーシーズンスホテル椿山荘さんへ。
さすがに格調高い!
どこに行けばいいのかなあ?
「ほら!きっとあの人達と一緒だよ」
と妻が、エレベーターに乗り込もうとしているおじさんグループを指差して言う。

エレベーターに乗り込み、目的の階に到着すると、すごい人の群れ。

すぐに会場が開き、人の群れは会場の中へアッ!という間に吸い込まれる。

僕らも続いて会場へ。
会場には大きな円卓が55卓。1卓には12人ぐらいが座れる。
全席が埋まれば、なんと660人が入れる計算。
会場の四方の壁際には見た事がある「のぼり」や「札」のある小さなブースが並んでいる。
書かれているのは「酔鯨」、「浦霞」・・・
そう!日本酒。
自社の自信ある商品を並べるブースが並ぶこと45!
壮観!!

本日は、東京は椿山荘を会場に行われる「純米酒フェスティバル2007秋」に参加!
ブースの数だけある45の酒蔵会社が自慢の純米酒、純米吟醸、純米大吟醸を並べ、その試飲ができる会。日本酒、それも純米酒の素晴らしさを世間に広める会。

「では○○さんのあいさつを・・・」
Ts351617
と、こっちは早く飲みたいのに・・・挨拶が長いというより、挨拶する人数が多い!
結婚式じゃないんだから早く飲ませろ!
とみんなそんな目で見ている・・・気がする。
もとは日本酒はすべて米のみから作られた純米酒だったが、第2次世界大戦などによる原料不足を補うアルコール添加。それが日本酒をただの「リキュール」としてしまったそうです。
現在ではそれが見直され、純米酒が増えてきているみたい。
僕も純米酒が好き。それも米をさらに磨き上げて(精米して)つくる「吟醸酒」じゃなく、ふつうの純米酒。
吟醸酒のあのフルーティーな香りもいいんだけど、あればっかりだとどうも疲れちゃう。

さてさて、挨拶も終わると・・・オワッ!!
会場の人のほとんどが一斉に立ち、我こそは!!と下調べをしていたブースへと、音がしそうなほどの勢いでドドドドッとなだれ込む!
あるブースではすでに100人近くのかたまりまで出来つつある・・・すごっ!

僕らも始めますか。
人が殺到しているブースを避け、いくつかここに行こうと決めていた酒造会社のところに行ってみる。
Ts351619
自分の机の上には3種類のグラスが置いてあり、青いグラスは水を飲むためのもの。
小さいお猪口が、各ブースでほんの少し入れてもらい試飲するためのもの。ほんのちょっとだけど飲み放題♪

しかし、席にはお弁当が用意してあり、
Ts351618
お酒を飲みながら酒を飲むというには、おちょこではムリ!
そこで活躍するのがこの「純米酒味わい券」
これがあらかじめ1人に5枚配られており、これを渡すとワイングラスに1杯注いでもらえる♪
Ts351621

しかし・・・面白い!!
日本酒はどれも同じでしょ?
と思う人もいるかと思うが、まさに千変万化!
全くといっていいほど味が違う!
中にはもちろん口に合わないお酒もあります。
「これは合わないね」
「これイイ!」
なんて感じながら、回るのが楽しい。
同じ酒造会社でも銘柄や酒米、酵母が違うとガラリと変わってしまうから、なかなか好みのものを見つけるのが難しい、そして楽しい。

回った中で気に入った三和酒蔵の「臥龍梅」を1杯もらって席につき、お弁当をいただく。
僕らのテーブルには妻と僕の他、合流した妹達、そして8年前の初回からずっと来ているという「のんべ」のおじさん達。
いつものとおり、妻と妹はおじさん達と仲良くなり、お酒の話を聞いたりする。
僕もおじさんから酒米の話を伺う。「酒造好適米」というやつだ。
今、日本酒の多くが使っている酒米といえば「山田錦」
酒米もお父さんとお母さんがいて、山田錦のお父さんは「雄町」、お母さんは「山田穂」というお米だそうだ。
そう聞いているとまるで競争馬みたい。
日本酒もまだまだ進化をとげて、ドンドンうまくなって行くのかな?
安くて旨い酒を飲んで、幸せになりたいねえ。

お土産に4合瓶をもらって、上機嫌で帰りました♪

しかし、さすがにおちょこの試飲をガンガンやった上では、ワイングラス5杯分の味わい券は使い切れなかった。。。
Ts351620

|

« 居酒屋 「貴」 Part4 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | らーめん 「麺座 でん」Part2 (埼玉県越谷市南越谷) »

コメント

カラモフさん>
系統樹!
いちど見てみたい!
Chrisさんハマってるんすね
今度ご一緒したい

ましゃ>
飲みたい時は飲むのが一番!

Emiちゃん>
元気!?
その節はどれほどお世話になったことか。
椿山荘にいたんだ?
逢いたかったなあ
その会、のんべの方達が面白かったよ!

投稿: でるねぐろ | 2007年10月11日 (木) 午前 08時55分

波照間のニシ浜で奥さんを託されたEmiちゃんです。
その日、椿山荘に私もいたんです!
「いいなぁ・・・この会。」ってアシスタントに言いつつ、
朝8時~16時過ぎまで働いてましたよ!

(そういえば、こんな会に行くって言ってたなぁ。)
と思ったんですけど、
やっぱり、いたんですね!

投稿: Emiちゃん | 2007年10月10日 (水) 午後 07時53分

面白そうなイベントばっかり行ってるねー。
いやぁ、久しぶりに飲みたくなってきたぞ~♪

投稿: ましゃ | 2007年10月10日 (水) 午後 07時13分

串駒って大塚の店に行くと米の系統樹みたいなのあるよ.
Chrisは最近,麹まで調べてるよ(笑)

投稿: カラモフ | 2007年10月10日 (水) 午後 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/16717707

この記事へのトラックバック一覧です: 四方八方が酒、酒、酒!:

« 居酒屋 「貴」 Part4 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | らーめん 「麺座 でん」Part2 (埼玉県越谷市南越谷) »