« 炭火焼肉 「やまもと」 (沖縄県石垣市美崎町) | トップページ | 中国料理 「同心居」 (東京都清瀬市元町) »

2007年10月 3日 (水)

バスツアーってすごいお徳??

先日・・・
「ねぇ、いも掘りができるバスツアーに申し込んでいい?」
と妻。
「安いならいいよ」
詳細をとくに聞かずに、ついつい生返事。

そういえば、テレビなんかで見たことがあるけど、最近のバス旅行は安くておまけとかお土産とか内容もすごいらしい。

そして旅行当日の朝・・・

「ねえ、今日はどこ(場所)に行くんだっけ?」
「イモ掘りとコスモスを見るんだよ」
「じゃなくて場所さ」
「・・・」
金額と目的が合致すれば、場所はまったく考えてなかった妻。
そして当日まで何も考えず、直前になって今日どこに行くの?と聞く夫。。。
いいかげんな夫婦だ。。。

さすがにどこに行くのかも知らないんじゃまずいだろうと、ネットを開いて申し込んだツアー内容を出発直前になってようやく確認。
「お、これか」
ナニナニ、新米の買い付け、そばの花見学、サツマイモ掘りとかぼちゃ狩り、コスモス園見学。
これでなんと「4,980円」ポッキリ。
昼食は・・・「魚野の里」へぇ~、あそこかぁ・・・え!?
「ねぇ、妻・・・」
「ナニ?」
「これ実家のすぐそばですけど・・・」
「ソウナノ?」
わざわざお金をかけて実家のそばに行くとは・・・

清瀬駅北口にツアーのバスが到着。
バスに乗り込み指定された席へ。
・・・あれ?埋まってる。
乗るときに添乗員さんに指定された席なので間違いないはずだが・・・
「あのすいません。私達ココの席って言われたんですけど。。。」
すると、すぐ後ろに座っていたおばさんが
「アラ、○○さん、こっちじゃない?」
と空いている後ろの席を指差す。
ふーっ、無事着席。

・・・しかし、すぐ後ろのおばさん。。。
「席間違ったのは悪くないわよねえ?」
とヒソヒソ声?十分聞こえるでかい声で文句を言っている?
別に悪いなんて言ってないし、席違うんじゃないですかって言っただけだけど・・・、別に言う必要もないことじゃないすか?
そもそも、間違えたのおばさんだし、ごめんなさいの一言も言われてないし、責めるようなことも言ってないし。。。
どうもこういう感じのおばさん達っつーのは、性に合わないな・・・ま、いいけど。

しかし、日頃運転しなれている実家への道の景色も、運転しているのとじゃ見れる景色が違うねえ。
じっくり見れるもの。

こういうツアーは、2~5人ほどのグループでこられる方が多いようでそこら中で世間話がガヤガヤと聞こえてくる。
「うるさくて眠れないね」
と妻。
そうかな?
思ったとおり、5分もすると、スヤスヤと寝息を立て始める妻。
車の中で眠る天才だから、すぐに寝ると思ってたよ。

バスは実家に帰るときと同じように関越自動車道の塩沢・石打インターで降りる。
「これから、良質なお米が取れる特A地区の農家のところに行きます」
と添乗員さんからアナウンス。
妻が、
「実家の田んぼがある方に行くのかな?」
「いや、それは無いねえ。多分ここの道を突き当たりで右に曲がるよ」
言ったとおりの方向へ曲がっていく。
20年近く住んでいたところだ。地理も米の事情もだいたいわかってる。
ツアーの人が買い付けができる場所もだいたい予想できる。
ほぼ予想通りのところに到着。

他のツアー客は、農家の方たちが熱心に説明しているお米と野菜のところに集まっているが、僕らはおにぎりの試食をいただいて、周辺をお散歩。

小さい頃からイヤというほど見てきた田園風景も、今の歳になって見てみると、懐かしくてなんだかグッとくるものがあるねえ。
稲穂の黄金色とか、刈り取った後の田んぼもきれいだなあなんて感じるようになるもんだ。
P1010448
 
P1010447
 
昔は刈り取った後の田んぼなんて、野球とかをするスペースかイナゴを捕まえる場所ぐらいなもんだった。

次はやっとこ食事。
P1010453
魚野の里というところで、へぎそばをいただく。
「へぎそば」
P1010449
というのは魚沼あたりの名物?で海藻をつなぎにして作ったそばを、「へぎ」という器に盛り付けたもの。
おそばが緑がかっている。
結構うまい。
魚野の里には、みやげ物や海産物も販売している。
みなさんおみやげ物を物色。
僕は珍しくもないので、とあるコーナーへ。
P1010452
試飲♪
このにごり酒うめぇな。
試飲用のすごく小さいプラカップに何度も何度も注いで飲む。
タダ♪幸せ♪

一路、バスは山の中を走り隣町の十日町へ。
「結いの里」
P1010460
というところで、いも掘り。
1人1株を掘り、取れたイモはお持ち帰りできる。
ツアー客一同で畑に入る。
「この1列の手前の看板から、その奥の看板までの間がみなさんの場所です。ツルを掘り起こして下さい。」
と結いの里のおじさんが説明するにもかかわらず。。。
おばさんたちは躊躇無く、畑に入るとすぐに掘り起こそうとする。
「イヤ!そこはダメ!手前の看板の向こうですよ」
おばさん、1、2歩歩いてツルに手をかける。
「イヤ!だから看板の向こうからですよ!!」
おじさんも必死。
日本語わからんのか??

こんな調子で収穫。
P1010454
結構大量♪
P1010459
 
このあと、当間高原というところでコスモス観賞。
P1010464
 
P1010472
 
P1010476
 
大量のお土産とおばさんのパワーをまざまざと見せ付けられた1日でした。。。
しっかし、バスツアーのお土産すごい。。。

ツアー金額:4,980円(1人)

内容:
・特A地区の農家で米の買い付け
・名物「へぎそば」の食事
・イモ掘り、かぼちゃ狩り、そばの花観賞
・コスモス観賞

おみやげ:(1人)
・新米の小さなおにぎり
・新米2合
・さつまいも1株分(2~3本)
・かぼちゃ1個
・ふぐの一夜干し

|

« 炭火焼肉 「やまもと」 (沖縄県石垣市美崎町) | トップページ | 中国料理 「同心居」 (東京都清瀬市元町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/16646143

この記事へのトラックバック一覧です: バスツアーってすごいお徳??:

« 炭火焼肉 「やまもと」 (沖縄県石垣市美崎町) | トップページ | 中国料理 「同心居」 (東京都清瀬市元町) »