« 続・波が太陽に照らされる島-波照間島- | トップページ | バスツアーってすごいお徳?? »

2007年10月 1日 (月)

炭火焼肉 「やまもと」 (沖縄県石垣市美崎町)

<八重山ツアー vol.10>
波照間島から船に揺られて、やっぱり酔っちゃった・・・
やっぱ、酔い止めの薬は乗船直前に飲んでも効かないよ。。。

今日は旅行最後の夜。
酔い覚ましに、ちょいと宿で休憩。

さて、文字通り最後の晩餐に行きましょう!

お店は妻が予約してくれていた、焼肉の「やまもと」さん。
P1010380
旅行の計画を立てていた時、妻は最初から石垣牛をガッツリ食べたい!!
と別の店で予約しようとしていた。
しかし、この旅行の前半に一緒だったにっく郎がうまいと評判のこの店を予約していたので、妻に話したところ最終日の開店からたった1時間ではあるが、予約できたのだ。

開店の5分前に着くも、すでにお店は開店していて、半分ほどが食べ始めていて、そしてすでに店内で待っているお客さんがいる。。。
すご・・・

まずは、なんといってもビール!カンパーイ!
オリオンはやっぱり飲みやすいなあ。
エビスとかのビリリと喉にくる、ビールらしいコクもいいけど、このオリオンの軽い感じも好き♪

まず手始めに「焼きシャブ(1,575円)」
P1010385
うすくきれいな霜降り。こちらを
P1010384
この七輪?で焼けばいいのね?

しゃぶしゃぶですから、片面を置いて、1,2,3ハイッ!ひっくり返して1,2,3ハイッ!
表面がほんのり変色したところに、添えられている玉ねぎの薄切りを乗せ、さっぱりとしたポン酢でいただく。
・・・ムホホッ!脂がさっぱりしてて、薄いせいもあるかもしれないがやわらかーい。

そして、同じ要領で焼くものということで「ネギタン(1,155円)」
P1010386
こちらも七輪の上でシャブシャブして、先ほどと同様に玉ねぎを乗せて巻いて、ポン酢でお口の奥地にポイッ!
・・・うみゃー!

お次はやっぱりいろんな旨味が味わえる「ホルモン盛り合わせ(1,680円)」
ミノ、レバー、ハツといった定番にセンマイ(第三?胃袋)、アカセン(第四胃袋)、テッチャン(腸)、ツラミ(ほほ肉)、マメ(腎臓)といったラインナップ。
お味は想像にまかせます♪

さてガンガン行きますかっ!というところで
「ラストオーダーになりますけど・・・」
入店してから35分・・・1時間の予約なので残り半分を過ぎたところだが、早いねえ。
まあ、1時間しか取れないのをわかって予約したんだからしょうがないね。

いくつかのお肉を頼んで味わい、あわただしくお店を出ました。
最後にかっこんだせいかちょっと苦しいね。
そういう時は目の前にある新栄公園がオススメ?真っ暗くなったらダメだけど、この時まだ18時ちょっと過ぎ。
広いグラウンドがあって、サッカーに興じる子供たち、散歩をする近所の方。
なんだかのんびりとした風景を見て、芝生で寝転がる。気もちいぃ~。

・・・ふと、ちょっと先を見ると、さっきまで僕らの隣でにぎやかに食事をしていた若い女性4人組も2人が芝生で横になり、2人がベンチに座ってサッカーしているところを眺めていた。
歳は違うけど、みんな考えることは一緒だねえ。

次の日、石垣島の観光ポイントを車で周り、この旅行も無事終了。
また・・・島に帰ってきて、しまを飲んで癒されにこなくちゃね。。。
 
 
 
 
炭火焼肉 「やまもと」
住所:沖縄県石垣市美崎町11-5
電話:0980-83-5641
時間:17:00~22:30
休日:水曜日
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E124.9.21.9N24.20.11.3&ZM=9

|

« 続・波が太陽に照らされる島-波照間島- | トップページ | バスツアーってすごいお徳?? »

コメント

woodyさん>
ぜひリベンジしたほうがいいですよ
波照間であった方は予約なしの飛び込みで15分くらいの待ちで入れたそうです
かなりのバクチですがそういう方法も・・・

投稿: でるねぐろ | 2007年10月 3日 (水) 午前 08時53分

僕も、「やまもと」今回石垣いく随分前に、予約したんですが、いっぱいでした。
是非とも、リベンジしてみたい・・・。

投稿: woody | 2007年10月 2日 (火) 午後 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/16626881

この記事へのトラックバック一覧です: 炭火焼肉 「やまもと」 (沖縄県石垣市美崎町):

« 続・波が太陽に照らされる島-波照間島- | トップページ | バスツアーってすごいお徳?? »