« 味処 「はとみ」 (沖縄県八重山郡竹富町) | トップページ | 食事処 「海畑」 (沖縄県八重山郡竹富町) »

2007年9月27日 (木)

台風の後でもキレイな街並み-竹富島-

<八重山ツアー vol.5>
黒島から石垣島へのフェリーは結構揺れたなあ。
腰を浮かして、ヒザで揺れを吸収してるけどおっつかない。
カラモフ氏は寝てるし・・・
すぐに酔っちゃう僕としてはウラヤマシイ限り。

石垣島にやっとのことで到着したが、ちょっと気持ち悪い・・・

盛り下がる食欲を大量の唐辛子でなんとか揺り起こし、食事を終える。
僕と妻はすぐに竹富島へ。

「のどか」でみんなと意気投合したEmiちゃんも、宿こそ違うが僕らと一緒に竹富島へ。
なんと僕ら夫婦がその後に行く波照間島へは、日程も宿も同じとのこと。偶然ってコワイわ~。

離島桟橋で、本日東京に戻ったりするにっく郎、カラモフ、Aさん、Dさんに見送っていただく。
3日間ありがとー!!
おかげでたのしかったよー!!

約10分の短い船旅を終え、竹富島に到着!
石垣島の離島桟橋から黒島、西表島、小浜島など様々な島への航路があるが竹富島への航路は最高!
酔う前に着くからね。

到着。
ここで別の宿に泊まるEmiちゃんとお別れ。

妻と、花いっぱいで飾られていることで有名な「民宿 泉屋」さんへ。
しかし、この台風直撃の後だけに自慢のブーゲンビリアの入口もただツルがからまっているだけの状態・・・無残。。。

しかも、いつもなら両脇の石垣と白い砂で敷き詰められた竹富島の自慢の道も枝や葉っぱなどで汚され、こちらも無残・・・

バナナ畑やパパイヤ畑を見ても、ボキッと折られているか、葉っぱがすべて風に引きちぎられていた・・・
改めて台風の凄さを感じるね。
P1010227
 
P1010228
 
陽が沈む前に黒島で行けなかった「浜」へ。
P1010216
コンドイビーチを見て、旅行4日目にしてやっと見れた白くキレイな浜。やっぱいいねえ。
出来ることなら太陽サンサンのもとでボーッと見たい。
明日、波照間島で見れることを妻とともに祈り、宿へ戻ります。
P1010226
 
 
お楽しみの食事♪
食堂に入って今さらながらに気付く。妻以外誰も知らねえ・・・
あたりまえだよね。
黒島では周りは友人ばかりだったから、そのギャップに驚いちゃった。
なんせ、僕は初対面の人とはまず喋らない。喋れない。
普通に話せるようになるまで数十回かかるという人見知りの激しいオトコ。
一期一会の出来ないオトコ。
我ながら情けない。。。(ToT)
こういう民宿ならではの、飲みながらの「ゆんたく」は僕には難しい!!

しかし、食事の方はハンバーグ、ナーベラチャンプル、もずく酢などボリュームたっぷりでうまい!

目の前の大阪在住T夫妻と、妻が色々とおしゃべり。
さすが妻♪
すっと人の輪に入るのがうまい。

もっともT夫妻の旦那さんも物静かな方で親近感が湧く♪

「それじゃお先に・・・」
「お先にぃ~」
と10人いたお客さんも僕ら夫婦とT夫妻、常連さんらしい男性2人組だけに。
Tさん奥さんが常連さんにおねだりして、なんと三線を引いていただけることに!
ナイス!Tさん!
「島んちゅぬ宝」や曲名はわからないが楽しい曲
「竹富島であいましょう♪アイヤ!アイヤ!アイヤ、イヤサッサ♪」
「鳩間の~港~♪」
などなど何曲も聞かせて頂いた。
竹富会のメンバーのTにぃさん。
ありがとう!

宴たけなわですが、20時になると他で飲み会があるとのことなので、ここらへんで終了かな?残念ですが・・・

「一緒に飲みに行く?」
えっ?行っていいの?
もちろん誘われたのはT夫妻ですが、僕ら夫婦もちゃっかりご一緒させて頂くことに♪

後をついていくと、てっきりどちらかの飲み屋に行くとばかり思っていたが、お邪魔したのは何かのお店???
Tシャツやシーサーなどが売られている。
現代アーティストの万次郎さんのお店でした。
そのお庭にテーブルとイスをしつらえ、「しま」とお菓子や手作りのツマミが並び、カンパーイ!!
万次郎さん、カッチン、Tにぃ、Tにぃと一緒にいたおにいさん、どこかの宿の美人ヘルパーさん2名、そして僕らも含めた「泉屋」の宿泊客4名。
なんとも・・・歳も職業も住所も違う。
ただ同じ時に島にいて、たまたま偶然が重なって「縁」あって一緒になっただけ。
それでいて「ゆんたく」が楽しくて、「しま」がうまい。
あ、僕、酔っ払うと初対面の人と話せるんだ・・・(いつも酔っ払うと気づく)
お酒は偉大だわ♪

楽しいゆんたくも終わり、さぁ帰るかな?と思ったら
「夜光虫見に行くか?」
とTにぃ。
行く行くぅ~!
西桟橋の浜で、波打ち際の砂を足でかき分けると・・・・
「あーっ!光ったぁ!!」
すぅーっと、青白く光る。なんともキレイ。海のホタル。
でも正体がわからない。。。
楽しくて、しばし我を忘れて、バシャバシャと光らせていた・・・
ふと気づくとみんな桟橋の上に寝転がり星を見ていた。
すぐに僕も同じように寝転がる。
「すっげー!きれいー!!」
小さい星までくっきり見える!
キレイすぎる、夜空のホタル。
こーして、楽しい夜が終わった。。。

竹富島でお会いしてゆんたくさせていただいた皆さんどうもありがとう!!

次の日、11時石垣島発波照間島行きの高速船に乗る予定なので、10時15分の竹富島発の高速船に乗り、石垣島へ行く予定。
そこに、今日の波照間島から再び合流するEmiちゃんから妻にメールが。
朝1便の高速船はすでに満席で自分はフェリーで行くことにした、と。
ヤバイ!!
僕らは2便で行く予定だが(高速船は1日3便、2つの会社しかない)
すぐに動け!!
観光も買い物もまったくできないうちに、あわただしく宿を出た。
一路波照間島へ。。。行けるかなあ???

朝早くから宿や島の方達は道を一生懸命に道などを片付けていた。
少しずつ、いつものキレイな竹富島へ戻りつつある。
P1010249
 
P1010247
 
竹富島、ありがとう!

|

« 味処 「はとみ」 (沖縄県八重山郡竹富町) | トップページ | 食事処 「海畑」 (沖縄県八重山郡竹富町) »

コメント

T夫妻さま>
その節は大変お世話になりました。
竹富の夜を楽しく過ごせたのはT夫妻さんのおかげです。
ほんと世間はせまいですよね。
写真もいただきましたよー。
ありがとうございます。

東京に遊びに来たときにはぜひ一緒に沖縄料理を!

投稿: でるねぐろ | 2007年11月12日 (月) 午前 08時04分

どうも、T夫妻ダンナです。
「竹富会」で検索していたところ嫁がこのサイト発見しました!
内容を読んでいると「あっ!あの人らや!!」びっくりです。世間は狭いものです。
竹富の夜はとてもいい思い出になりましたね。
別便にて翌朝の「なごみの塔」の写真をお送りします。

ではでは

投稿: T夫妻ダンナ | 2007年11月 8日 (木) 午後 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/16587634

この記事へのトラックバック一覧です: 台風の後でもキレイな街並み-竹富島-:

« 味処 「はとみ」 (沖縄県八重山郡竹富町) | トップページ | 食事処 「海畑」 (沖縄県八重山郡竹富町) »