« 観光農園 「金盛園」Part2 (山梨県甲州市勝沼町) | トップページ | 秋を知らせる黄色いもの »

2007年9月 7日 (金)

韓国屋台 「デリ・キムチ」 (東京都千代田区丸の内)

ランチ、雨の日、お弁当なし。
定番となったキーワードが揃うと、定番の場所へ。

東京国際フォーラムに到着!
こちらの地上スペース、お昼はネオ屋台村と呼ばれるお食事の屋台村ができる。

アジア料理やカレーなどなどいろんな国、ジャンルのお店が並んでいて、どれにしようか♪なんて悩むのが幸せ♪



なんせ、職場周辺の食べ物といったら「丸の内価格」?のせいか、だいたい1,000~2,000円は当たり前の価格帯となっていて、少ない小遣いをバクバクッと大きく食べ尽くしちゃう。。。
東京駅の反対側の八重洲側に行けば、高くはないが遠いし激安というわけでもない。
コンビニ弁当じゃ味気無い。

というわけで600円から高くても800円というお手ごろ価格で楽しめるネオ屋台村がとっても貴重。
ということで本日も訪問。

本日の人気店は20人ほどの行列・・・
気になるが、あぶらっぽそうだし別の店にしよっと。

う~ん。。。まだまだ残暑厳しい。暑気払いに辛いものをいただきますか!

デリ・キムチというお店に決定!
Ts351499
 
メニューは
「肉味噌ビビンバ」
「プルコギごはん」
「豚キムチの生姜焼きごはん」
いずれも650円。

どれにすっかな~♪
メインメニューっぽいビビンバにしようかなあ?
「ビビンバを2人前下さい」
「プルコギご飯下さい」
前に並ぶ方々の人気はビビンバとプルコギに集まっているようだ。。。
すると、ひねくれものとしては別のものを食べたくある。

「すいません。豚キムチの生姜焼きごはん下さい」
やっぱりひねくれもの♪
お店のおねえさんが手早く使い捨て用の丼にフタをしめます。
「それってなんですか?」
と後ろに並んでいた若い女性2人組みがお店のおねえさんに聞く。
「生姜焼きごはんですよ。おいしいですよ。」
「じゃあ、私それにしよっと」
おっ!!僕が売り上げに貢献した♪・・・気がする。

周辺の空きベンチに座り早速広げる。
Ts351500
 
ごはんの上に、モヤシとオイキムチ?とレタス。そして豚キムチの生姜焼き。
さっそく。。。パクリ。
おぅ、うまいなあ。さっと炒めた豚肉は脂が程よく落ちていて、柔らかくておいし。
味付けも軽いピリ辛。
あぁ、これでうちのコシヒカリのご飯だったらまた一段上のおいしさかもなあ。

満足♪満足~♪
 
 
 
 
韓国屋台 「デリ・キムチ」
住所:ネオ屋台村HPにて
時間:    〃
休日:    〃
ネオ屋台村のホームページ

|

« 観光農園 「金盛園」Part2 (山梨県甲州市勝沼町) | トップページ | 秋を知らせる黄色いもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/16368420

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国屋台 「デリ・キムチ」 (東京都千代田区丸の内):

« 観光農園 「金盛園」Part2 (山梨県甲州市勝沼町) | トップページ | 秋を知らせる黄色いもの »