« やきそばー 「HIT」 (東京都豊島区巣鴨) | トップページ | ラーメン 「十兵衛」 (東京都文京区本駒込) »

2007年6月25日 (月)

大衆酒場 「庚申酒場」 (東京都豊島区巣鴨)

久々のぐっさんとの飲み。
巣鴨駅近くのやきそばーHITを出る・・・
どこ行く?
一応ネットでいくつか候補の店を調べてはありますが・・・
適当に検索ワード《巣鴨》《居酒屋》で探して、インパクトで決めたとこなんですけどいいですか?
他に行くあてもないので決定!
しかし、いざ行くとなると少し遠いようだ。
歩いて10分ちょっとかかりそう。
ま、酔い覚ましにちょうどいいか。

てくてくと地蔵通り?を歩いていると・・・
トゥルルルルッ♪
ぐっさんに電話が。
おひとりさま追加。

さて、お店の方はようやく到着。
お!渋い店構え。
あ!これから来る人はこういうとこで大丈夫なの?
え?全く平気?
あ、そう。
じゃ入りましょ。

こんばん・・・わっ!
あらー、煙がモックモクだねえ~
「どうぞ~」
小さな、優しそうなおかあさんが焼き台で焼鳥を焼いている。
笑顔がかわいい。

L字カウンターに10席くらいの小さなお店。
しかし・・・すげーいい味出してる♪
とってつけたレトロコンセプトとは全く違う。本物のお店だあ♪

先客はおねえさんが1人。
おかあさんとずっと話してたようだ。

「何飲む?」
「ビール下さい」
プシュッとおかあさんが栓を抜いて目の前に。
Ts351198
「赤いよ!これ!」
へっ?
あっ、ほんとだ~。
星が赤い!
初めて見たよ!
そんじゃま、カンパーイ!
ゴクッ・・・旨い!
うまいね。さすが赤い星!どうして星が赤いのかもわからんが、うまく感じちゃう。

何食べよっか?
・・・
どうしましょうね。
・・・
困るのも無理はない。頼もうにもメニューがないんだから。
おかあさん、その焼鳥は何がありますか?
そう。じゃそれ2本ずついただけますか?
タレと塩?
アッサリは塩ね。
じゃ塩でお願いします。

あらためてほれぼれと店内を見回す。
見れば見るほど素晴らしい店だね。
ステキな歳の取り方をした店といえばいいのかなあ。
煙が壁の木に染みて、それが褐色になってなんともいい味になるんだよね。

おかあさんが焼鳥を焼いている焼き台はコンロじゃなく炭。
おかあさんが時折焼鳥をひっくり返し、うちわでパタパタとあおぐ。
一生懸命に焼鳥を焼くおかあさん。絵になるわ~
焼鳥のお味もグッド!
火が通り過ぎてなくて本格的。

・・・あら!
もしや!?
おかあさんと話せるチャンスとばかりに、
「おかあさんネコ飼ってるんですか?」
壁にたくさんネコの写真があるのを見つけたのだ。
「あぁ、これはね、お客さんがくれたカレンダーの写真から切り取ったの。ほら、そっちにもあるでしょ?」
と店の横の壁を指差す。
うん。ネコちゃんの写真があるね。
あれ?
「あの帽子をかぶった人の写真って・・・」
あ、吉田類さんだ。
「ルイさんきたわよ」

なんとこのお店、酒場放浪記という吉田類さんの番組で紹介されたお店なのだそうです。
すごい偶然。すごい幸運。
と、そこで吉田類さんの「酒場放浪記」の取材の模様などをひとしきり伺う。
ネタバレをひとつ。
取材の記事(ホームページ)の中で「運良くカレーに出会えた」とあるが、実はスタッフの方から作ってもらえるように事前にお願いされていたのだそうだ。辛く作って下さいと注文まであったらしい。
取材の裏話ゲット~!バラしちゃった♪ごめんなさい。

おかあさんと先客のおねえさんとぐっさんと僕で色んな話をする。
年齢も、職業も、環境も違う。出会ったのは偶然。そして今度会えるかどうかもわからない。
煙がこもったこの小さな店で目の前にはお酒と焼鳥、それがつなぎとなって楽しい会話ができる・・・
最高だなあ♪

そういえばおねえさんのそれ、何飲んでらっしゃるの?
ホッピー?
あ、僕もホッピー飲みたい!ホッピーお願いします。
来店当初から目の前にドカッと置かれ、気になっていた一升瓶。
これが宝焼酎でおかあさんが丁寧に小さなガラスのおちょこ?に注ぎ、レモンを添えて、
「はい、どーぞ」
Ts351197
ホッピーを注ぎ、レモンをキュッと絞る。
ククーッ。うまい。レモンがちょいと入ると飲みやすいねえ。

この頃からお客さんが1人2人と増えていく。
「あ、どうも~はじめまして~」
ぐっさんのお知り合いが到着。
しかし、お若いのにこのお店の雰囲気を見ても全く動じず平然と入ってこられた。
こりゃ大物ですな。
ぐっさんと僕もこれから長い間付き合うこととなるので、この方とも同じ時間付き合うこととなるね。
どうぞ末永くよろしく~。さりげなく言ってみたがわかったかなあ?

あとから来たお客さんたちも、僕らに話しかけてきてくれる。
自分達の子供とほぼ同じ歳だそうだ。

いやあ、かなり楽しい時間を過ごせました。
「おかあさん、またきますね~」
おかあさんがかわいくて、ふと行きたくなるような店です。

巣鴨サイコー♪

Ts351199


Ts351200
 
 
 
 
大衆酒場 「庚申酒場」
住所:東京都豊島区巣鴨4-35-3
電話:03-3918-2584
時間:19:00~
休日:不定休
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.44.1.1N35.44.10.0&ZM=12

|

« やきそばー 「HIT」 (東京都豊島区巣鴨) | トップページ | ラーメン 「十兵衛」 (東京都文京区本駒込) »

コメント

酒場放浪記フリークさん>
ネタばれすいません。
あの雰囲気とおかあさんとの会話が一番のツマミということでご勘弁下さい。

投稿: でるねぐろ | 2007年6月28日 (木) 午前 08時55分

こんばんは。
ネタばれは、粋じゃないよ。
しらけるじゃん。
あのおばちゃん、良いよね。

投稿: 酒場放浪記フリーク | 2007年6月28日 (木) 午前 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/15516744

この記事へのトラックバック一覧です: 大衆酒場 「庚申酒場」 (東京都豊島区巣鴨):

« やきそばー 「HIT」 (東京都豊島区巣鴨) | トップページ | ラーメン 「十兵衛」 (東京都文京区本駒込) »