« 牛丼 「吉野家」有楽町店 (東京都千代田区有楽町) | トップページ | 鯉とうなぎの「まるます家」Part8 (東京都北区赤羽) »

2007年6月 4日 (月)

もつ焼き 「米山」Part3 (東京都北区赤羽)

職場を出る。
仕事終わってないけど・・・ま、いいか。
昼から妻が米山、米山♪といやらしいメール。
仕事に適当に見切りをつけ、電車に飛び乗ることにした。
到着したのは、もちろん赤羽駅。
妻は少し遅れてくる。
先に行って場所取りということになりそうだ。

線路伝いに行くと暗い中にホッピーの赤提灯が灯ってる。
無事やってるね。
ほろ?
近付くにつれ気のせいか人の群れ?らしきものが闇の中に浮かび上がって来る・・・
ガーン!


店先にテーブルを固めて7〜8人のお客さんが飲んでらっしゃる。
こりゃ無理かな?
念のために店内の方を確認。
ラッキー!!
4席空いてるよ。
「すいません。2人で1人遅れてくるんですけどいいですか?」
邪魔にならないようにカウンターの端に座ろうとしたが、
「こっちきて」
とL字カウンターの真ん中あたり。
一番良い場所になってしまった。
注文しようとすると、
「お連れはいつ来るの?すぐ?じゃ、飲みものは揃ってからでいいね?」
あ、はい。
この店は大将1人、母1人でやっている店。
そんなに手が回りませんからね。特に今日のような金曜日の夜なんて人が多くて大変だからこちらもわからなきゃならないわけです。
事情も知らず、妻からは
「(すぐに飲めるように)注文しといて」
とメール。
妻、早く走ってこい!

僕の隣り。妻用に1席空いて(いると思って)いたが、1人客にどうぞと埋められてしまった。
?あれ?連れいるって言ったの忘れちゃった?
妻が来てから、連れが来たというと隣りの客に奥に詰めてもらい1席作られた。
ちゃんと覚えてたのか、連れがいると言ったのを忘れてたのか??
ま、いいか。
何はともあれ飲みましょう。
「レモンハイと黒ホッピー下さい」
到着したのはレモンハイ2つ・・・
やっぱ「連れ」も忘れてんじゃないのぉ~?
レモンハイもったいないし、飲めればいいからレモンハイで乾杯!

さてさて、まずは「レバ刺し」、「ハツ刺し」から。
「刺し」を注文すると「ニンニク」で食べるか「ショウガ」で食べるかを大将が聞いて来る。
「ショウガで」
すると、奥でショウガをおろして、
「どうぞ」
この直前のひと手間がいいね。
さて、塩をササッとゴマ油をタラーッと多めにかける。こうして食べるのが一番うまい♪
レバ刺しは柔らかくて弾力があって、ムホホ。
うまい!

ハツ刺しはお肉らしい歯応えのある食感がグー!

ここで、今度こそ黒ホッピーを注文して「玉子合へ」
なぜか気になる。
なんで「合え」じゃなく「合へ」なんだろ。
ま、いいや。
しかし、「玉子合へ」は売り切れ。「たまねぎ合へ」に切り替え。
どうやら「玉子あへ」は「ハラミ」、「たまねぎ合へ」は「カシラ」を焼いたものがのるようだ。(違ったらごめんなさい)
なので今日は「ハラミ」がないということになる。
「たまねぎ合へ」うまい。
お肉は半焼き。たまねぎも辛くなくて甘いの。サラダ感覚。

しかし、隣りで飲んでるおねえさん飲み過ぎだね。超マシンガントークなんだけど、目が座ってて怖い。
それを察したのかお連れの方と帰って行かれた。

しかし本日は大盛況。
客は次から次へと来るが、もちろん大将とお母さまだけの店。手が回らない。
自然待ち客が増える・・・
座れてよかったなあとしみじみ。

さて楽しんだし帰るかね。

この混みようだと、これからは金曜日の米山は避けた方がいいかも。

「今日は混んでて悪かったね」
大将に送り出されます。
「ごちそうさまでした~」
 
 
 
 
もつ焼き 「米山」
住所:東京都北区赤羽1-64-7
電話:03-3901-7350
時間:18:15~24:00
休日:日曜日、祝日
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.43.19.6N35.46.43.6&ZM=12

|

« 牛丼 「吉野家」有楽町店 (東京都千代田区有楽町) | トップページ | 鯉とうなぎの「まるます家」Part8 (東京都北区赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/15309367

この記事へのトラックバック一覧です: もつ焼き 「米山」Part3 (東京都北区赤羽):

« 牛丼 「吉野家」有楽町店 (東京都千代田区有楽町) | トップページ | 鯉とうなぎの「まるます家」Part8 (東京都北区赤羽) »