« もつやき処 「い志井」国分寺店 (東京都国分寺市本町) | トップページ | 大衆立呑酒場 「富士屋本店」Part2 (東京都渋谷区桜丘町) »

2007年6月19日 (火)

ありがち?な殺人トリック

今は現役を退いて、自宅で豪華な調度品に囲まれ悠々自適に余生を過ごす老人。
数年前に若い妻をめとり、静かに暮らしている・・・
しかし、結婚してしばらく経ってからというもの、体調がすぐれず、床にいることが多くなった・・・

あぁ、なんかいかにもサスペンス。

ありがちなのは、数年前から若い妻が旦那の食事にごく微量の毒薬を混ぜ、長い期間をかけて死にいたらしめるもの。
毒薬の混入もほんのわずかなため痕跡が残らない完全犯罪・・・
しかし、本当に残らないのかな?

ま、長い前置きはおいといて、僕は肩凝りがヒドイ!
気がつくと首を傾け、コキッ!コキコキッ!とやっている。

そこで妻が肩凝りにキクという薬をくれた。
しかし、僕は医者と薬が大キライ!
医者に行って
「なんでこんなになるまで病院に来なかったんですか?」
と医者に言われる事は度々・・・
「薬ヤダ。イラナイ」
「ダメ!ほら3錠飲んで!」
強引に飲まされる。
しばらくすると、確かに症状が楽になった感じがする。

その後も2度くらい薬を飲まされた。

ところが・・・
ミクシィで妻が告白・・・

「ごめんね」
・・・??
「薬、1回3錠じゃなくて、1日3回、1回1錠でした」
・・・
「効果アリアリ?」
・・・

なんて見事な殺人トリック??
薬キライだと言っているのに、実は過剰投与されていたとは・・・
ま、それは冗談として。
ビタミン剤みたいなものだから何錠飲んでも死ぬわけないし。

あ、こういう殺人トリック使えないかな?
「薬の容量を間違えたんです!」
良くても過失致死罪か。

みなさん。
お薬は容量・用法を守って正しく服用しましょう。
ポンピーン!
 
 
<妻掲載許可済  許サコ第35号>

|

« もつやき処 「い志井」国分寺店 (東京都国分寺市本町) | トップページ | 大衆立呑酒場 「富士屋本店」Part2 (東京都渋谷区桜丘町) »

コメント

あは(^-^;)
ちゃんと自分で確かめて飲みましょうね。

投稿: (≧-≦) | 2007年6月20日 (水) 午後 12時39分

(≧‐≦)さん>
ナイスっつーか、風邪薬とか別の薬だったら何気にやばくない?

投稿: でるねぐろ | 2007年6月20日 (水) 午後 12時25分

サコさん、ナイス☆

できれば1時間に1度、パソコンから目を離し、肩(注:決して腕ではありません)を前から、後ろから大きく回しましょう。
上下にも大きく動かしましょう。
それだけでも、肩甲骨も動き、予防、解消になります。

投稿: (≧-≦) | 2007年6月20日 (水) 午前 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/15488257

この記事へのトラックバック一覧です: ありがち?な殺人トリック:

« もつやき処 「い志井」国分寺店 (東京都国分寺市本町) | トップページ | 大衆立呑酒場 「富士屋本店」Part2 (東京都渋谷区桜丘町) »