« 威厳のある 「那智の滝」 (和歌山県東牟婁郡那智勝浦町) | トップページ | もつ焼き 「米山」Part2 (東京都北区赤羽) »

2007年5月14日 (月)

鯉とうなぎの「まるます家」Part7 (東京都北区赤羽)

仕事を早めに切り上げて、職場を出る。
今日は久しぶりに妻と平日のデート。
久しぶりの外食となれば、普通はちょいと洒落たとこに行くのかもしれないが、うちの夫婦はそんなことは「稀」

今や、よく行く「駅」のひとつとなった「赤羽駅」で待ち合わせ。
商店街に入り、居酒屋ゴールデンタイムを迎えた居酒屋はどこも人でいっぱい。


さて・・・と、
鯉とうなぎの「まるます家」に到着!

ガラッと開けて、
「2名です」
「そちらへどうぞ~」
右と左にU字カウンターがあるが、本日は左のカウンターへ
左のカウンターを担当するのは、歌うように応対するおねえさん

まずはなんといっても、「チュウハイ(徳用)(950円)」
通称ジャンチュウから入ります。
Ts351120
ポッカレモンを添えて♪
うまい!
すっきりしててうまいねぇ。
我が家ではネットで購入・常備することを検討中。

先日、妻が妹と訪れた時に勉強した僕の未体験のツマミを注文してくれた。
まずは、
「牛すじ煮込み(450円)」
Ts351121
大きめにカットされたコンニャクや野菜、そしてお肉がいいお味♪
うまーい!

お次は・・・!?ん?!何?これ!
Ts351122
色はともかく、市販の固形カレールウを削ったみたいな感じだね
「かにみそ(350円)」
かにみそですかあ・・・どうして固まってんの?
じゃ、さっそく・・・
ホエッ!!凍ってる!!
あっ!スウッと溶けて・・・うめえ!
ネットリとしたカニの旨味が濃縮されてるね!!

そして、こちらは食べたことがないけど、他の人がよく注文してるのを見たことがあるよ。
「いかのげそ天(350円)」
Ts351123

イカが柔らかくて旨いねえ。
そして、この量、この値段。

「クリームコロッケ(350円)」
Ts351125
ホフホフッ、トローリと中身が流れ出すようなものでなく、ポテトサラダみたいにモッサリした感じ。
おねえさんさんに聞くと、カニが入っているそうだ。
これも普通にうまい。

さて、いい感じのところで切り上げますか。
今日もいろんなお客さんがいて面白かったねえ。




 
鯉とうなぎの「まるます家」
住所:東京都北区赤羽1-17-7
電話:03-3901-1405
時間:9:00~21:30
休日:月曜日
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.43.25.4N35.46.36.2&ZM=12

|

« 威厳のある 「那智の滝」 (和歌山県東牟婁郡那智勝浦町) | トップページ | もつ焼き 「米山」Part2 (東京都北区赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/15064309

この記事へのトラックバック一覧です: 鯉とうなぎの「まるます家」Part7 (東京都北区赤羽):

« 威厳のある 「那智の滝」 (和歌山県東牟婁郡那智勝浦町) | トップページ | もつ焼き 「米山」Part2 (東京都北区赤羽) »