« ねぎ焼き お好み焼き 「福太郎」 (大阪府大阪市中央区) | トップページ | いか焼 「阪神百貨店 スナックパーク いか焼き」 (大阪府大阪市北区) »

2007年2月13日 (火)

暖冬の中の氷瀑 「早滝」 (群馬県多野郡神流町)

朝早く出発するつもりが、妻の体調が思わしくなく、しばらく様子を見て、
まだ?じゃもう少し・・・
まだ?そっか・・・

そうしていたら、出発予定時刻から遅れる事・・・約6時間が経過。
慌てての出発。
本当は朝4時に出発、朝6時に到着を予定していたところだ。
妻は、体調が快方へは全く向かってはいないが、気合いでついて来てくれた。

関越自動車道を本庄児玉I.Cで降り、一路山の中へ進む。
国道462号線をとおり、群馬県藤岡市の鬼石というところにある神流湖のそばを通るあたりから道はクネクネとした山道に。。。

こちらは充分にスピードを落として曲がって行くが、対向車や後ろから来る車は制限時速は40キロのところを70~80キロは出してビュンと飛ばし、ギュンと曲がって行く。
いや~みんな運転うまい。こっちはカーブの連続で疲れてきたよ。

神流町の塩沢川の手前、46号線を右に入る。
塩沢ダムの脇の急な斜面を登って行ったところに、山の中に分け入って行く砂利道。
しばらく進んで、辛うじて車をおけるスペースに車を置き、ここからは徒歩。
登山道にもなっているようで、しばらくは傾斜もそれほどではないハイキングのような道が続く。

天気が良くって最高!こんな山奥なのにひなたなら暖かい。
しかし、今日ばかりはあまり暖かいのも困る・・・
途中から登山道を外れ、山道を登り、設置されている鎖をつかみながら崖のようになっているところを渡って行ったり・・・

現れました氷瀑!
P1000171
滝が凍ったもの。
しかし・・・残念ながら近年にないほどの暖冬のせいで、今まで見た中でも一番小さい。
いつもは上の水が流れ落ちて来るあたりから見事な凍りっぷりが見れるのに・・・
これだけ暖かかったらダメか。
P1000172

でも自然の凄さにしばし、見とれる。
ほんの少しずつ凍らせていって、こんな大きな氷の固まりを作り上げる。
近づいて触ってみる。氷瀑は不思議と青白い。
P1000176
何度か崩落が起きたようで、そこかしこに氷塊が落ちてきている。
P1000174

うーん、今年は巨大な氷瀑を見る事はできなかったけど、また来年もきてリベンジしよう!
 
 
 
 
 
氷瀑 「早滝」
住所:群馬県多野郡神流町塩沢周辺
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.51.42.8N36.8.11.7&ZM=10

|

« ねぎ焼き お好み焼き 「福太郎」 (大阪府大阪市中央区) | トップページ | いか焼 「阪神百貨店 スナックパーク いか焼き」 (大阪府大阪市北区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/13891577

この記事へのトラックバック一覧です: 暖冬の中の氷瀑 「早滝」 (群馬県多野郡神流町):

« ねぎ焼き お好み焼き 「福太郎」 (大阪府大阪市中央区) | トップページ | いか焼 「阪神百貨店 スナックパーク いか焼き」 (大阪府大阪市北区) »