« 麺処 「福吉」 (埼玉県所沢市美原町) | トップページ | 焼肉・ホルモン 「空」 (大阪府大阪市天王寺区) »

2007年2月21日 (水)

周りとは違う空気 「安倍晴明神社」 (大阪府大阪市阿倍野区)

(大阪ツアーPart14)
夢枕獏さんの小説「陰陽師」は僕の好きな小説のひとつ。
安倍晴明と源博雅の二人の信頼関係、物語が進むテンポのよさ。
すごすぎる術。
ファン♪

安倍晴明を祀っている代表的な神社で有名なのは京都。だけど、実は全国各地に存在するらしい。
その中でも安倍晴明生誕の地とされている大阪の安倍晴明神社も有名。

ということでやってきた安倍晴明神社。
ガイドブックには大まかな地図で場所が記されてあったので
「だいたいこのへん・・・」
という感覚で来た。
近くまではきているはずだが、案内板が特にない・・・
携帯の地図を見ながら、不安を抱きながら、やっとこ到着。

P1000103
・・・静か・・・
有名な安倍晴明という名前からして、観光地化されていたり・・・と思ってたが、全くそんなことはなかった。
立地としては、住宅街のど真ん中。
そんな周りとは全く違い、ひっそりとおごそやかな中にも、ピシピシと伝わってくる不思議な空気。

映画「陰陽師」のイメージが強くて、安倍晴明をイメージするとどうしても野村萬斎さんを思い浮かべてしまうが、こちらの銅像ではこんな感じ。
P1000107

境内の中には社務所と神社、お稲荷様、そして生誕の地ならではの産湯の井戸の跡。
P1000109

せっかくだから、お守りを買おうと社務所の窓口に行く。
お守りやストラップなどが売っている。
窓口のおばさんが強くオススメする五芒星のお守り。
どうしようか~?

実は年明けから、
「厄年だからいいことがない・・・」
と妻が繰り返し言っていた。
「日頃の行いなんじゃない?」
と冗談ではいいつつ、厄払いしないとねえ。
しかし、社務所のおばさんと話していたところ、なんとこの晴明神社でも厄除けができるとのこと。

ということで、急遽厄払いをお願いすることに。
ただ晴明神社の神主さんは、すぐ近くの阿部王子神社の神主さんが勤めているので、そちらから出張してこられるとのこと。
・・・5分後。
さっそうと、スクーターで登場する神主さん。
・・・近いからてっきり徒歩で来ると思ったので、やはり現代なんだなあ。と痛感。

妻を連れて社の中へ。

僕は境内のベンチで座って待つ。

若い女性が一人、これからお出かけだろうか。
オシャレをして、自転車で境内に到着。
入口で手を洗って、社の前へ。
きっちりと二礼二拍手一礼。
どうみても近所の人だと思うがしっかりと参拝の手順を踏んでいる。信仰が厚いんだなあ。
数分おきに同じように近所の人らしき人が参拝していく。
観光地というより、地元に根付いてる神社のようだ。

厄除けのご祈祷が終わって、戻ってきた妻。
「ご祈祷の様子をカメラで撮ってくれた?」
「そんなの何かが写ったら怖いからできないよ」
不信心だけど、小心な僕。
カメラで撮るのが悪いことか知らないけど、安倍晴明に失礼をしちゃまずい。

窓口でおばさんが
「これは効くわよ」
と力説された五芒星のお守りも買って、神社を後にします。

一歩道路に出ると普通の住宅街なんだけど、境内の中は不思議な空気だったなあ。
誰がやってくれるのかはわからないけど、占いとかもやっているらしい。
 
 
 
 
 
神社 「安倍晴明神社」
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
電話:06-6622-2565
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.30.43.5N34.37.42.5&ZM=12

|

« 麺処 「福吉」 (埼玉県所沢市美原町) | トップページ | 焼肉・ホルモン 「空」 (大阪府大阪市天王寺区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/13993598

この記事へのトラックバック一覧です: 周りとは違う空気 「安倍晴明神社」 (大阪府大阪市阿倍野区):

« 麺処 「福吉」 (埼玉県所沢市美原町) | トップページ | 焼肉・ホルモン 「空」 (大阪府大阪市天王寺区) »