« なんでも笑いにしてしまう 「なんばグランド花月」 (大阪府大阪市中央区) | トップページ | 暖冬の中の氷瀑 「早滝」 (群馬県多野郡神流町) »

2007年2月10日 (土)

ねぎ焼き お好み焼き 「福太郎」 (大阪府大阪市中央区)

(大阪ツアーPart8)
大阪といえばたこ焼き、お好み焼き、うどん・・・と粉ものが頭に浮かぶ。

今日の夜は何を食べようか・・・お好み焼きに決定!

道頓堀にある「福太郎」さんに来ました。
店内はJの字のカウンターになっていて、20人は座れそう。
満席のため、しばし待ったあと着席。

まずはなんといってもビール!
カンパーイ!
周りから香ばしいソースの焦げるにおいが漂って来てたまらん!

何にしようか・・・

ちょっと前にテレビで「鉄板少女アカネ!!」ってドラマがあったけど、
「お好み焼きは豚玉に始まり、豚玉に終わる!」
という名言?のとおり、やっぱり豚玉!!

あとはお薦めらしい「すじねぎ焼」を注文。
「どっちの料理ショー」のおいしい応援団に出た料理だそうだ。
店のおねえさんが、
「ニンニクは入れる?」
「どっちがオススメですか?」
と妻。
「ニンニク入りかな」
「じゃあ、ニンニク入りで」
うーむ。実は僕はあんまりニンニクの入った料理得意じゃないんだよなあ。
僕の好みなんだけど、料理の味がこわれちゃう気がして。
って今思えば言えばよかった。。。

早く!早く!
関東でお好み焼きを頼むと、小さなボールに生地と具が入ったものを渡されて自分で焼くのが定番ですが、関西では職人さんが焼いてくれるのがスタンダードの様子。
大盛況なので、僕らのお好み焼きはまだ時間がかかりそう。

「すじにんにくねぎ焼(980円)」
P1000064
が登場!待ってました。

・・・が、食い方がよくわからない。
普通は切って皿に持ってきて箸で食べればいいんだろうけど。
大阪ではどうやって食べるのかな?
となりのオバハン2人組のところにも、焼かれたお好み焼きが到着。
こちらの食べ方を観察して、実践しますか。
皿の上に置いてあったちょっと小さなアルミ?のヘラ。
こちらを持つ。
そして・・・世間話を始める。。。
おいっ!食べてくれオバハン。
ヘラが動いて・・・やっぱり話・・・
う~、お願いやから食べてオバハン!

やっとオバハンがヘラでお好み焼きのはじの方から、1口で食べれるサイズに細かく切り分けた。
それをヘラにのっけて・・・そのままお口へ・・・いれずにまた話始める。。。
まあ、ここまで教えてもらえれば結構!

本気出しますよぉ~!
ふ~っ、ふ~っとして、すじにんにくねぎ焼をお口へ。
牛スジの煮込みをねぎ焼きに入れたもの?
牛スジの煮込みが懐かしい風味をかもし出していて、これがなかなかうまい。
ニンニクが入った分、僕にはちょっとやぼったい味になったかな?
しかし・・・ソースの焦げるにおいがたまらん・・・ビールを飲んで気を晴らす・・・

そして、「豚玉(780円)」
P1000065
やっぱりうまい!
生地がさっくりとしてて、豚肉が香ばしくて、ソースとマヨネーズの絶妙なハーモニー。
うめー!!

店内を見ても、ほとんどの人が必ず豚玉を注文して食べている。
ほんと、この味を食べてから他のものに移らないともったいないね!

さて、明日は何を食べよう?
 
 
 
 
 
ねぎ焼き お好み焼き 「福太郎」
住所:大阪府大阪市中央区千日前2-3-17
電話:06-6634-2951
時間:平日17:00~0:30 土・日・祝日12:00~0:00
休日:無休
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E135.30.26.4N34.39.44.3&ZM=12

|

« なんでも笑いにしてしまう 「なんばグランド花月」 (大阪府大阪市中央区) | トップページ | 暖冬の中の氷瀑 「早滝」 (群馬県多野郡神流町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/13854147

この記事へのトラックバック一覧です: ねぎ焼き お好み焼き 「福太郎」 (大阪府大阪市中央区):

« なんでも笑いにしてしまう 「なんばグランド花月」 (大阪府大阪市中央区) | トップページ | 暖冬の中の氷瀑 「早滝」 (群馬県多野郡神流町) »