« 年末の恒例の帰省 | トップページ | ラーメン 「あづまや」 (新潟県魚沼市中原) »

2007年1月 4日 (木)

昔と今の利用法は違う 「松代大本営跡」 (長野県長野市松代)

長野県の長野市松代町に「松代大本営跡」というのがあるらしい。
・・・どういうものかはよく分からないけど。。。

ナビでは細かい道がよくわからず、道行く人に話を聞きながら、松代大本営跡に向かうと・・・
何キロにも渡るという地下壕は、今は気象庁の精密地震観測室になっているため地下壕には入れず、展示室もお正月のため公開していない様子。
しかし、すぐ近くの象山地下壕は公開されているらしいので、そちらに向かいます。

参拝者以外駐車禁止の象山神社に車を駐車。
駐車したからには参拝しないと。
象山といえば、幕末の人に佐久間象山という人がいたなあと思い返していたら、ここはその生誕の地でした。
Ts350868_1

佐久間象山は幕末の兵学者で有名な開国論者。門弟には有名な吉田松陰、勝海舟、河井継之助、坂本龍馬ら。だけど、その知識は兵学や思想だけにとどまらず、日本発の地震予知器を作ったらしい。そのそばに先ほど寄ってきた気象庁の地震観測室があるのも何かの因縁かなあ。

この神社の池の中に石。
その石の上にカエルの像が。
カエルの横には小さな賽銭箱。
普通に投げてしまったら、バスケや野球の選手でも入らないだろうなあ。
しかし、人間とはうまいこと考えるもんだ。
Ts350869_1
竹の節をくりぬいて、お賽銭がうまく賽銭箱に入るようにしてある・・・

象山神社から象山地下壕まで歩くと・・・なんとここもお正月休みで立ち入り禁止・・・トホッ・・・
しかし、同行者が先ほどの気象庁の精密地震観測室に電話すると、来てくれれば展示室を開けてくれるとのこと。
再度「松代大本営跡」に移動。

この象山地下壕や松代大本営跡というのは、いったい何だろうかなあ?
よくわからないまま、連れて行かれるがままに向かっていたが・・・
第二次世界大戦も、終戦を迎えるほんの少し前。
その頃、海岸から近く、平野にある日本の中枢「東京」。陸軍はその「東京」の防衛機能が弱い事を懸念していた。
そこで海岸から離れている、この長野松代へ皇居、大本営など政府中枢機関を移転することを決定。
その移転先が「松代大本営」であり、「象山地下壕」なんだそうだ。
日本人はもちろん、強制連行された朝鮮人が7,000人以上の総勢1万人以上というすごい人数を用いて、地下施設を作り始めたというから、途方もない・・・
それも進捗状況が75%の段階で敗戦。工事は中止。
なんと工事着工から終戦まで1年とちょっと・・・

考えることは色々あるけど、戦時中の日本は狂気に侵されていたんだなあ。。。

「松代大本営跡」今の「精密地震観測室」に到着して展示を見ると、地震観測の概要が主に紹介されている。
日本だけで無く、世界の地震の状況まで把握できるらしい。
同じように地下核実験の状況までわかるらしいのだが、北朝鮮が実験したとかはわからないのかなあ?

業務内容をビデオで見たり、展示パネルを見て、地震観測室の概要をお勉強。
でも松代大本営跡を、気象庁がそのまま精密地震観測室に使っているわりには、大本営を設置する当時の様子のような昔のことは展示してないし、ほとんどわからない。
地震観測室だから、それもわかるんだけど、やっぱり昔の経緯なんかを詳しく紹介されたらうれしいなあ・・・

展示を見終わって、大本営や皇居として掘られた地下壕へ・・・
地下への階段を下りて・・・
Ts350872_1


しかし・・・この先、地震観測の装置があるため入れないとある。
開かないドアから照らされていない穴の奥をうかがう程度。。。なんもわからん。
洞窟を少し歩いて見たかったな。

内容はいまいちわからなかったけど、終戦間近、もしかしたら日本の中枢は東京から長野県の松代に動いていたのかもしれない事を考えると、もしそうなっていたら・・・と考えると。。。
予想がつかないなあ。
どうなってたんだろう。


「松代大本営跡」
現在
「気象庁 精密地震観測室」
住所:長野県長野市松代町西条3511
電話:026-278-2235
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.12.34.1N36.32.27.0&ZM=10
URL:http://www.grn.janis.or.jp/~matu-jma/

|

« 年末の恒例の帰省 | トップページ | ラーメン 「あづまや」 (新潟県魚沼市中原) »

コメント

にっく郎>
そうなの?
結構そういうのあるんだなあ。
戦争は好きじゃないけど、そういう歴史みたいのは面白い。

投稿: でるねぐろ | 2007年1月 5日 (金) 午前 09時33分

近代美術館の工芸館も旧近衛師団司令部庁舎ですよ。

投稿: にっく郎 | 2007年1月 4日 (木) 午後 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/13329713

この記事へのトラックバック一覧です: 昔と今の利用法は違う 「松代大本営跡」 (長野県長野市松代):

« 年末の恒例の帰省 | トップページ | ラーメン 「あづまや」 (新潟県魚沼市中原) »