« 串あげ 「光家」 (東京都台東区花川戸) | トップページ | バー 「神谷バー」 (東京都台東区浅草) »

2006年11月21日 (火)

もつ焼 「うまいち」 (東京都台東区浅草)

串あげとビールでお腹も落ち着き、次のお店に向かいます。
本日Andy氏の案内で「浅草ツアー」とのこと。
こりゃ、次はどこに行くか楽しみだなあ!

途中、大きな交差点で大きな荷物を引いた、挙動不審なおじいさんと遭遇。
「○○はどこですか?」
「向こうの方が隅田川ですから、向こうの方です。」
「ありがとう」
ちょっと視線の定まらない感じだけど、大丈夫かな?
心配で見守っていると、なんとかヨタヨタ目的の方向に歩いて行った様子。大丈夫かなあ?心配しながらも店に向かいます。

向かった店は、モツ焼「うまいち」
Andy氏が絶品だよ!というので、かなり期待してます!
Ts350719

入店。
左に厨房、それを囲む「L」字型のカウンター。右にはテーブルが2つの小さな店。
厨房には、オヤジさんがひとり。先客なし。
メニューはテーブル側の壁に、木札で吊り下げられています。

僕ら4人、テーブル席に着いて、早速レモンハイで乾杯!

メニューを確認。
ん?シロ生?
焼きでは見かけるけど、シロの生ってのは初めて見たなあ。
で、早速「シロ生(450円)」
Ts350711
焼いたものはクニュクニュッとした歯応えだけど・・・
うん!フワフワ、フニュフニュと柔らか~い。
うまいんだねえ。

「コブクロ生(450円)」
Ts350712
いかにも「内臓」といったお姿で出てきた・・・
この形から「子宮」だとは思わないよねえ。
クニックニッと柔らかいけど、簡単に噛み切れる新鮮な食感。形は敬遠する人がいるかもしれないけど、うまいねー。

「レバサシ(450円)」
Ts350713
かなり厚めに切ってあって、プリップリ!
薄切りとは違って、大きな身が口の中に・・・旨味も実感も2倍。

Andy氏がヒソヒソと教えてくれるとおり、ここのオヤジさんは正直「無愛想」
「すいません○○って今日ありますか?」
「その札にあればあるよ」
確かに。
でも、ぶっきらぼうだけど、不器用なだけだろうな。
お客さんが嫌いなわけじゃないようだし、昔のおじいちゃんみたいな感じで、味がある。

ここで、ましゃが途中合流。
「絶対負けない!」
「絶対負けない!」
繰り返すねえ。はまってるねえ。
でもなぜか面白い
フットサルメンバーにしかわからないけどね。

案内してくれたAndy氏でも、めったにお目にかかれないという
「煮込み(400円)」
Ts350714
う!・・・うまい!
今まで「モツ煮込み」をいろんな店で食べて来たけど、この店の、煮込みのモツ!
半端無く柔らかくて・・・ホロリと崩れて・・・うまい!
こりゃ、モツの扱い方をよほど知らないと作れない代物だね。
すごいよこれ。

やっぱり焼いたものも
「つくね(400円)」
Ts350717
軽く振ってある塩が絶妙


はぁ~うまいねー
うまいつまみとお酒で僕らは大盛り上がりの大満足。

もつ焼 「うまいち」
住所:東京都台東区浅草4-1-14
電話:03-3876-2193
時間:18:00~23:00
休日:日曜日、祝日
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.48.7.8N35.42.51.5&ZM=12

|

« 串あげ 「光家」 (東京都台東区花川戸) | トップページ | バー 「神谷バー」 (東京都台東区浅草) »

コメント

ましゃ>
煮込みうまいよねー。
あれはハイレベルでしたよー。

投稿: でるねぐろ | 2006年11月22日 (水) 午前 09時28分

もつ煮には、負けたよ。

投稿: ましゃ | 2006年11月21日 (火) 午後 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/12768625

この記事へのトラックバック一覧です: もつ焼 「うまいち」 (東京都台東区浅草):

« 串あげ 「光家」 (東京都台東区花川戸) | トップページ | バー 「神谷バー」 (東京都台東区浅草) »