« 大衆割烹 「三州屋」 (東京都千代田区内神田) | トップページ | 居酒屋 「だいまさ」 (埼玉県川口市東川口) »

2006年11月14日 (火)

気軽な登山はダメダメ 「筑波山」 (茨城県つくば市)

妻と妹達とつくばエクスプレスでつくば駅へ。
今日は登山?ハイキング?をしようと筑波山。

つくば駅からは、バスで40~50分揺られると筑波山麓のロープウェーのつつじヶ丘駅に到着。
ご存じのとおり、筑波山は2つピョコンと伸びた山頂があり、向かって左側が男体山で筑波山神社の近くからケーブルカーで山頂駅に行ける。
右側は女体山。山麓のつつじヶ丘駅からロープウェーが山頂までを結ぶ。
男体山と女体山の山頂は徒歩15分ほどの距離なので、例えばケーブルカーで男体山へ行き、女体山までハイキング。ロープウェーで帰って来る。というお手軽登山も可能になっている。

今回は女体山側のつつじヶ丘駅から女体山頂まで登山。男体山まで行きケーブルカーで降りて・・・来たいのが僕の希望。

妻と妹はどうやらそのまま歩いて下山する気マンマンの様子。

つつじヶ丘駅に到着すると、周りの駐車場は車でいっぱい!売店も人で賑わっている。
紅葉はあまり見られないけど、行楽シーズンというやつなのかな?
出発前だが、300円也のお団子をパクリ!
Ts350665
この甘辛のタレがうまいんだよね。群馬に行くとお餅じゃなくって、饅頭?みたいなものに同じようなタレを塗って焼いているけど、こっちの方が好きかな。あれもうまいんだけど。

知らなかったのだが、筑波山はガマの油で有名な所らしい。
Ts350663
「サァーサァー!お立会い!・・・」という口上で有名なあれだ。
刀で切った傷が、ガマの油を塗るとたちまちに治ってしまうという薬。
筑波山で作ってたんだねえ。

登山口の脇には小さな遊園地みたいなところもある。・・・が、僕らは登山しなきゃならないので、ガマ大明神にパンパンッ!と安全祈願!
Ts350666

Ts350667

天気も気持ちのいい晴れで、気温は肌寒いが日光が暖かい。
トコトコと緩やかな道を登って行く。

かなり登ってくると、風景がガラリと変わり、周りは岩がゴロゴロ。
岩で形成された名所が途中いくつかあり、そのうちの1つ「弁慶の七戻り」は岩が左右にドン、ドンッとあり、その上にそお~っとバランスに注意しながら置いたような怖い所。画像じゃわからないけど・・・
Ts350670
以前に北海道で見た苔の洞門にも同じようなところがあったなあ。
名前の由来は、勇猛なあの弁慶さえも、ここを通った時には、怖さで岩の前を七回も行ったり来たり繰り返したという言い伝えによるらしいが、弁慶って筑波山に来た事あるのかなあ?

もう20~30分で山頂に到着するというあたりから、足下は岩場になり、急斜面になって来る。
道も狭く、登る人、降りる人が多いので自然に渋滞するが、焦らずゆっくり「ゆずりあいの心」で!
しかし、ガキンチョ君たちはそんな心なぞどこ吹く風。
小さい身体をうまく使ってすり抜けて行く。
でも危なっかしい。親はちゃんと注意して欲しいものだ

さらに上から降りて来る人の中に、若い女性でミニスカート。
靴はヒールこそないものの街にお出かけするような靴。
急斜面なので、しゃがむようにして降りて来る。
自然にパンツ見えちゃってます。
その格好じゃ、この先も危ないですよぉ。

そうこうして女体山の山頂に到着。
しかし、山頂も岩場で、おまけに狭い。
登山客だけでなく、ロープウェーや男体山から来た人も合わさって、文字通りの「芋洗い状態」
でもでも、360°の大パノラマはキレイ!!
Ts350672
人にぶつかりながらやっとのことで山頂を離れて男体山に向かいます。

途中子供達が一生懸命に小石を上に向かって投げている。
何やってるんだろう?
Ts350673
「ガマ石」
どうやら、小石を口に投げ乗せると願い事がかなうらしい。ほほえましい一場面。

男体山に到着。いや、やはり人が多い。
取り合えず冷えた身体を温めようと、そばの茶屋で「けんちんうどん」。そしてビール。
Ts350674
茶屋のうどんなんでコシはナッシングだけれど、冷えた身体にはあたたかくてうまい!

この男体山からはケーブルカーで山麓に行けるのだが・・・
Ts350675
この画像。人が多いだけじゃないんです。
これはケーブルカー乗り場からの行列。50メートルくらいはありそう。
つくばエクスプレスができてから、つくばへのアクセスは劇的に良くなり、観光客もかなり増えたのだそうです。
しかし、この列で待つのイヤだなあ。。。

お手軽にサッと帰りたかったのだけれど・・・これは妻達の希望通りに徒歩で下山するか・・・

下山途中に救助隊らしきかたまりが。
どうやらおばあさんが滑って転んで腕を骨折したらしい。うずくまって痛そうだ。
救助隊の人たちの話しているのをチラッと聞こえてきたのが
「二次遭難が起こるとまずいからなあ・・・」
ん?他にも仲間がいて、落ちちゃったりしたのかなあ?
10分後くらいにヘリコプターが周辺をホバリング。かなりの間留まっていたので、捜索していたのかもしれない。

降りてきて買い物をした売店のおばさんの話では、つくばエクスプレスのおかげで観光客が増えたせいもあって、気軽に観光気分で山に入った人のケガや遭難も多くて、ヘリが出動するのは日常茶飯事。毎週のことだそうだ。
僕らが女体山に登る時にすれ違ったミニスカの女性なんかも、観光の流れで気軽に降りてみようか?なんて感じなのだと思うが、そういうのはダメなんだね。
ビール飲んだのも本当はまずかったな・・・

筑波山神社では、菊展?か何かをしていたようで、見事な作品がずらり。
Ts350679

Ts350680

Ts350681

Ts350682

紅葉は見れなかったけど、楽しめた登山でした。

筑波観光鉄道
URL:http://www.mt-tsukuba.com/

|

« 大衆割烹 「三州屋」 (東京都千代田区内神田) | トップページ | 居酒屋 「だいまさ」 (埼玉県川口市東川口) »

コメント

(≧-≦)さん>
焼きまんじゅうもうまいよね。
タレが少し焦げたくらいが煮詰まって最高!

上野公園にもあるんだ?
アソコは他にも焼きそば、お好み焼き、イカ焼き・・・と誘惑が多いね。

投稿: でるねぐろ | 2006年11月14日 (火) 午後 05時17分

>群馬に行くとお餅じゃなくって、饅頭?みたいなものに同じようなタレを塗って焼いているけど

「焼きまんじゅう」のこと?
中はちょっとパサパサだけど,タレが甘くて,美味しいよね~♪
上野公園で,誘惑に負けるときがある・・・。
やっぱり女性好みの味みたいね。

投稿: (≧-≦) | 2006年11月14日 (火) 午後 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/12680263

この記事へのトラックバック一覧です: 気軽な登山はダメダメ 「筑波山」 (茨城県つくば市):

« 大衆割烹 「三州屋」 (東京都千代田区内神田) | トップページ | 居酒屋 「だいまさ」 (埼玉県川口市東川口) »