« 焼酎購入♪Part5 Sho-Chu AUTHORITY 楽天市場店 (楽天市場) | トップページ | 寿司 「大和寿司」 (千葉県柏市若柴) »

2006年10月20日 (金)

イタリア旅行記 vol.4 ~2日目 ローマ観光~

昼食を終えて、さぁローマ観光!

ずっと屋内にいたから気づかなかったが、すげー日差し。
こりゃー午後の観光は暑くなりそう。

またもやここはどこ?といった場所でバスを降り、歩いた先に円形闘技場の「コロッセオ」が見えてくる。
おぉぉ・・・!!
「教科書かなんかで見た事がある!」ものを実際に見ると、ちょっと感動するなあ。
近づくにつれ、もうドキドキ。

途中、露店の脇におばさんジプシーが数人。
「なんかくれーっ」て物乞いするのかと思いきや、僕の目の前を歩いている同じツアー客の女の子の横をくっつくように歩き、折りたたんだ新聞を女の子に見せ、必死に何か理解できない言葉でしゃべりかけてくる。新聞売り?じゃないよねえ?
女の子もわけがわからず、ジプシーを無視してガイドのアンナが先導する列についていくだけ。
このジプシー、何がいいたいんだろう?と好奇心で新聞をのぞきこむ。
・・・ん?
ジプシーは新聞を彼女の身体にくっつくほど近づけ、その新聞の陰から、女の子が肩から下げているバックに手をかけようとしていた。新聞はスリをする手元を隠すための道具だったんだ!!
ジプシーは僕が手元を見ているのに気づいて、サーッと離れていった。。。

・・・ボーゼン。
いや、生まれて初めてスリをしようとする現場を見ちゃった。
オドロキで全く声も発せられなかった。

ガイドブックにスリやジプシーに気をつけろと、しつこい程に書いてあったが、実際に見るコトになるとは・・・
明日は我が身。気を引き締めねば!
まあ、僕の財布とパスポートは首から吊り下げた袋の中に入っていて、それも服の下。
この暑さで汗に濡れている・・・よっぽどのことがなければ大丈夫だろう。
しかし、このローマ・・・本当にジプシーの多い都市です。

コロッセオのそばを通ると中世?の騎士のような格好をした人が日陰で休憩してた。
中で劇か何かをしてたのかなあ?珍しいからパシャッ!と。
Dscn1101
コロッセオの中にも入場料を払えば入れるのですが、このツアーでは外観を見るだけ。
でも・・・でけぇ!一見の価値ありです。
Dscn1113

ここで、しばしの自由時間。添乗員さんから諸注意。
「剣闘士の格好をした人がいますが、一緒に写真を撮ったり、勝手に写真を撮ったりすると高い料金を請求してくることがありますので、もし一緒に写真を撮りたいときは事前に価格交渉を十分やってから撮ってくださいね。」
はーい。。。さっき撮ったときに気づかれなくて良かった・・・

このコロッセオの横には、ローマ皇帝だった「コンスタンティヌス帝の凱旋門」があります。
この写真だけを見せて、「パリの凱旋門だよ」って言われてもわからないだろうなあ。。。
Dscn1102

また5分くらい離れた場所にちょっとした遺跡もあります。
廃墟といった方がいいかも。
後で調べたところによると、昔皇帝の宮殿のあったところで現在は「パラティーノの丘」と呼ばれて
いるそうです。

バスで移動して、かの有名な「トレヴィの泉」へ。
おおーっ。「なんか」で見たことがある。。。
Dscn1118_1
添乗員さんの話では、肩越しにコインを投げると再びローマを訪れることができるという。
僕が持っているのは、首から提げている袋の中に額のでかい札。小銭は日本に持ち帰ろうと思っているダヴィンチのコイン。もったいなくて投げれません。札を投げたらひっぱたかれる。。。

ここで、本日のガイドのアンナとお別れ。
しかし、僕はあることがずっと気になっていた。。。。
アンナは「脇毛ボーボー」だった。イタリアの女性は脇毛そらないのかなあ。

ここでまたちょっとした自由時間。
みんなは街のあちこちにあるピザの切り売りの店や、ジェラート屋に行って過ごしているようだったが、僕らはこの時間を利用して近くのスーパーへ。妻は旅行に行くと必ずスーパーに寄る。そして観光客目当てのおみやげの店よりも安くいろんな品を賢く購入するのだ。ただし、英語が通じない場合が多いけど。
特に水を購入しておきたい!バールやタバッキで水を購入すると高いんだよね。
※タバッキ(直訳するとタバコ屋さんだが、日本で言う小さな雑貨店のようなもの
当たり前だけど日本とは違う品揃え、見たことのない魚介類。
Dscn1119
ここで、妻が色々と物色しだした。
あまり買い物をしすぎると手荷物が多くて大変だからあまり買わない方がいいんじゃないか?というと、妻は次の観光地までバスで行くんだからバスの中においておけばいいんだと・・・そう?それなら・・・
チーズやらなんやらを購入。
しかし、びっくり!
バールやタバッキだと500MLのペットボトルの水の価格は1~2ユーロ。だいたい1.5ユーロが多い。
それが、スーパーだと1.5Lで0.28ユーロなんていう激安の値段で販売されてたりする。。。
この差は何ですか?

そうそう、水といえばイタリアでは飲料水は「買うもの」だそうです。
日本ならファミレスに行けば黙っていても出てくるか、セルフで飲み放題。
しかし、イタリアじゃレストランでも買わなきゃ出てきません。
ミネラルウォーターは「アクア・ミネラーレ」といい、バールやタバッキ、スーパーで購入できる。
ツアーでは特に自由時間が限られているので、買い物!買い物!と行きたいところをグッ・・・と我慢して水を購入しておかないと、イタリアには日本のようにコンビニも自動販売機がないので、喉がカラカラのまま1日を過ごさないといけない。
注意するのは、「コン・ガス」という「炭酸」入りの水も普通に置いてあること。
アクアやミネラーレと書いてあるからと思って購入すると「炭酸」水だった・・・なんてことよくあります。ご注意!
「炭酸」じゃない水は「ナチュラーレ」と書いてあります。
まあ、ペットボトルを手で押してパンパンになっているのは「コン・ガス」、ペコッと簡単にへこむのが「ナチュラーレ」だと思えばだいたい間違いない。
もっとも「ナチュラーレ」も硬度が高くて、日本人には飲みにくい水もあるけれど。

色々と購入して集合場所へ。
「さあ、ここから次のスペイン坂まではそれほど遠くないので歩いていきます」
えっ!!・・・歩くの?
ほら!妻!いわんこっちゃない。どうすんのさ。チーズとかあって重いぞこれ。
妻に持たすわけにも行かないので、僕が持つ。いやー男らしい。

トコトコと10分ちょっと歩き、「スペイン坂」に到着。
Dscn1120
「スペイン坂」といえば、映画「ローマの休日」でアイスを食べるシーンがあったところだそうです。
映画見たことないけど・・・でも「どっかで見たことがある」!!
そしてこの、スペイン坂の下の広場からつながる通りには・・・
D&G、グッチ、カルティエ、フェラガモ、アルマーニ、プラダ、マックス・マーラ、ルイ・ヴィトン、ブルガリ・・・
ブランドに全く興味のない僕でさえも、あ、知ってる。あ、これも。お、これも。聞いたことのあるブランドショップばかり。
ここで1時間30分ほどの自由時間となった。
こっちはスーパーで買い物したから手荷物グッタリ。

いくつかブランドショップを冷やかして、教会?大聖堂で休憩。というパターンを繰り返す。
イタリアは日差しの下は灼熱の暑さだけど、建物などに入って、日陰に入ると一気に涼しいのだ。かといって、バールに入るとお金がかかる。誰でも受け入れてくれる教会はありがたい。
しかし、この街並みのそこかしこに、どこも立派な教会があるのにはびっくり。
Dscn1122
お世話になったので、寄付したいなあと寄付の箱を見つけて入れようとすると。
「それゴミ箱じゃないの?」
と、妻。こんなに小さな穴のゴミ箱がある?確かに穴の周辺が少し汚れてるが。。。こんな教会の中でタバコすわないよねえ?
うーん。わからないのでお礼だけでやめておきました。


これでローマ観光が終了。
ローマは街のあちこちに遺跡がある。というか街の中に遺跡が放置?同居している不思議な都市。
トレヴィの泉にコインは投げなかったけど、ぜひ再訪したい。

あと、ローマの都市で気づいたのが道路。
日本はアスファルト。だけど、ローマはこんな石畳。
Dscn1115
減ったり、割れてしまったら整備するの大変じゃない?

夜は「カンツォーネ」を聞きながらのお食事。カンツォーネはイタリアの歌全般なのかな?。
イタリアの歌を陽気なオヤジが演奏に合わせて歌ってくれる。
Dscn1126
各テーブルをまわって、陽気に笑わせたり、リクエストにも答えてくれて、とっても楽しい食事となった。
ただし、リクエストにはチップを。このオヤジやたらと「リクエストは?」と聞いてきやがる。
前菜は野菜を焼いたものとハム。ふぅむ。いまいち。
Dscn1125
ぶっといスパゲティ。これはうまいな。
Dscn1127
なんだろう、ちょっとモチモチ感が加わった感じ。
ポークソテーとサラダ。
Dscn1129
ここでもワインを頂きます。
しかし、同行ツアー客はあまりワインを召し上がらない。もっぱら水か飲んでもビール。イタリアだよぅここは。もったいない。

今日も昨日と同じローマ郊外に泊まります。
明日は、念願の「青の洞窟」に行く日。これだけは知っている。
楽しみだのー!

vol.5へ続く

これまでのあしあと
イタリア旅行記 vol.1 ~旅立ち~
イタリア旅行記 vol.2 ~イタリア到着~
イタリア旅行記 vol.3 ~2日目 バチカン観光~

|

« 焼酎購入♪Part5 Sho-Chu AUTHORITY 楽天市場店 (楽天市場) | トップページ | 寿司 「大和寿司」 (千葉県柏市若柴) »

コメント

(≧-≦)さん>
そうなんだよねえ。「ローマの休日」の街なんだよねえ。
ローマはねえ、ブランドショップやおみやげ屋さんとかなら英語がほぼ通じるよ。日本語が通じるところさえある。
観光の街だから言葉通じなくてもなんとかなると思うけどね。ツアーで行くならなんの問題もないよー。

投稿: でるねぐろ | 2006年10月20日 (金) 午後 01時56分

「ローマの休日」を見てから,ツアーでも良いからローマ行ってみたいんだぁ♪
「ヨーロッパは言葉が通じないと厳しいよ」と言われた事があるけど・・・。

投稿: (≧-≦) | 2006年10月20日 (金) 午後 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/12251697

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記 vol.4 ~2日目 ローマ観光~:

« 焼酎購入♪Part5 Sho-Chu AUTHORITY 楽天市場店 (楽天市場) | トップページ | 寿司 「大和寿司」 (千葉県柏市若柴) »