« 居酒屋 「サラリーマン」 Part2 (東京都東村山市秋津町) | トップページ | モチモチよりももっと »

2006年10月12日 (木)

イタリア旅行記 vol.3 ~2日目 バチカン観光~

さぁ、イタリア2日目の今日はどこへ?
この期におよんでも、どこに行くんだかよくわかっていない・・・
というか配られている日程表さえも見てないし。。。
決して興味がないわけじゃなくって、見るものが楽しくて、先がどうなってるのかどうでもいいという感じ。

朝7時過ぎの出発。
もちろん、ホテルで朝食を食べる時間もない。
「ブレックファストボックス」とかいう、朝食を詰めた袋がツアー客のみんなの手元に・・・。
これがまた・・・

・味のないラスク
・甘いジャム
・甘いビスケット
・パックのオレンジジュース
・クラッカー
・フルーツ
・バター
味気ない。。。おまけに朝からそんなに甘いものばっかり食えるかいっ!
でも空腹には勝てず、バスの中でしっかり食べる。
しかし、イタリアのオレンジジュースはすっごく旨みが濃いんだけど、酸味も強くてアクがある。
なんだか喉がイガイガしてくるので、ゴクゴクッと水で洗い流す。

朝のバスの中。添乗員さんからのアナウンスが始まる。
「今日はバチカン美術館に行って見学、システィーナ礼拝堂では「最後の審判」を見ていただきます。その後、昼食を食べてから、ローマ市内観光を行います。そして・・・」
と言われて、初めて、ほー今日はアレやコレがみれるんだぁ。という状態。。。

「はい!じゃあここで降りて下さーい」
と、ココどこ???
普通のそこらへんの路地ですが・・・
降りたところで本日のガイドさんのアンナと合流。
初めて知ったが、イタリアではすべての観光案内において「国家認定免許」を保持しているガイドじゃないと観光案内ができないそうです。
もちろん、ガイドはイタリア人がほとんど。
そのため、今日はたまたま日本語が話せるガイドさんだけど、日本語が話せないガイドだと、ガイドが話した事を添乗員さんがみんなに向けて通訳します。
遠くにいる人はガイドの説明が聞こえない?
そう思いますよねえ?僕はツアーで海外旅行するのが初めてなので、ガイドの近くにいなきゃいけないなと思ってました。
しかし、そのために事前にこのイヤホンガイド「耳太郎」・・・ネーミングがなあ・・・
Mimitaro_img02
これがツアー客に配布されています。
これでガイドさん又は添乗員さんが話した内容が、ツアー客である僕らの耳に直接聞こえるわけ。
ただし、この耳の部分が普通のイヤホンの形じゃなく、耳にからませるタイプで、やわらかめのプラスチックなんだけど、それでもずっとつけてると痛い。。。
普通のイヤホンも接続できるので、持ってくればよかったと思いました。
それに電波の悪いところや、他のツアー客も同じようなものを使っていて、似たような周波数?だと混線するのかザーザー、キーキーうるさい。

挨拶もそこそこにガイドのアンナが、開口一番
「急いで並ばないといけないんです!」
添乗員さんも含めて総勢13人、そのうち僕らも含めてハネムーンが4組。
イチャイチャと歩みの遅いグループだが、アンナはスタスタ歩いて、あっという間に引き離す。
僕らはアンナの後ろに必死でついていく・・・と!、大きな壁沿いの道に来て急に止まった。
そして動かない。薄っぺらい雑誌でパタパタ仰ぎだした。
なんで?どうした?
Dscn0995
ハッ!行列だ!!
ここがもう行列の最後。
こんな朝早くから、こんなに並んでるの?100メートルはありそう。。。
そう、バチカン市国にあるバチカン美術館に来ています。
アンナに聞くと、この行列も名物のようになっていて、開館前の行列はあたりまえだそうです。
「もうすぐ開くので、すぐに進めますよ」

そういわれて、10分後くらい。列が動き出した。
壁沿いにいろんな国の人で作られた行列が、ドヤドヤとゆっくり進みだす。
途中小さな広場のようなところで・・・
なんの病気か知らないが、頭の頭皮が大きくめくれた跡を見せて物乞いをするおばあさん。
グロイ。。。夢に出てきそう・・・なので詳しく描写できません。
お金あげたくても怖くて近づけないよ・・・
こういうのをジプシーというんだろうか。添乗員さんの話によるといろんなパターンのジプシーがいるらしい。

バチカン美術館入口でのセキュリティチェック。
今日が初日の観光なので、とにかくすべてが珍しい。なんでもかんでもカメラでパシャパシャ・・・と。
Dscn1000
「ノー!ノーピクチャー!」
そ、そーりぃ。。。警備員さんに怒られてしまった。。。
そりゃそうだな。。。セキュリティチェックの写真撮るやつも僕ぐらいだろう。ごめんなさい。

しかし・・・いや・・・すごかった!!
バチカン美術館の絵画、壁画、天井画、タペストリー、彫刻・・・
Dscn1040

Dscn1014

Dscn1018

芸術なんかさっぱりわかんない僕が見ても圧倒される迫力。
なんか・・・なんか伝わってくる感じ、これが感動なのかなあ?
すごいのが廊下の天井。遠くから見ると、なんだかきれい。という感じだが、よく見ると・・・一つ一つ丁寧に描かれた天井画で埋め尽くされている。
Dscn1028

途中ガイドしか触ってはいけませんという、ガイド用の電動説明器?が数台セットしてあって、そこでこのバチカン美術館の美術や歴史を説明してくれる。
横にあるボタンか何かを押すとウィーンと下にずれていって、次々にあたらしいものを説明できる仕組みだ。
しかし・・・邪魔だ。
Dscn1035
僕らと同じようなハネムーン客のうちの1組。お笑いの「土田晃之」似の旦那と美人の奥様。
写真にあるように「土田」(仮にそう呼ばせていただく)は、アンナが説明するボードの前に陣取る。。。
見えねーんだよ。僕だけじゃなく、みんなが!
周りを見ると、みんなもなんとか「土田」の脇からのぞこうと身体を左右に揺らしてる。
先が思いやられるなあ。。。

そしてなんといっても隣接?しているシスティーナ礼拝堂では、あの有名なミケランジェロの「最後の審判」がある。
教科書とか挿絵でしか見たことなかったので、てっきり絵画とばかり思ってたが、大きな礼拝堂の壁面を埋め尽くす巨大な壁画だった。
Michelangelo__fresco_of_the_last_judgeme
「最後の審判」とは世界の終末に救世主が出現し、死者を甦らせて裁きを行い、永遠の生命を与えられる者と地獄へ墜ちる者とに分ける、という思想だそうです。絵の名前でしか知らなかった・・・
しかし、デカイ!すごい迫力。
この大きさの壁画を約5年もの歳月をかけてミケランジェロが書いたという。
撮影は禁止なのだが、さまざまな国籍の観光者はお構いなく壁画に向けてデジカメを向けている。
警備員さんはちゃんといて、フラッシュの焚かれたところに行っては、
「ノーピクチャー!」
と声を張り上げる。。。が、観光者の数が数なだけになしのつぶて。

そして最後はサン・ピエトロ大聖堂を見学して外にでる。
Dscn1088
うーん。。。しょっぱなからイタリアのすごさに触れた。
っていうか、ヨーロッパ諸国のキリスト教への信仰の深さに驚き。
バチカン美術館の美術品、そのほとんどが宗教画だったり宗教に関するものだもの。

もしかしたら信仰心の薄い日本人には、本当の意味では理解できないのかもしれない。

これらのバチカン美術館や隣接する建物は、世界一小さい国「バチカン市国」にあるのだけど、その面積はディズニーランドよりも小さいそうだ。
そんなに小さいところでも、議会とか全部あるのかなあ?
もっとも国といっても国境なんてどこにあるかわからない。

お昼は近くのトラットリア?リストランテ?に。
僕らのほかには先客が全くいない店。
ツアー専門??
メニューは日程表に書いてあって「ボンゴレ」と決まっている。
ツアー客は飲み物だけを個別に注文して、最後にそれぞれで飲み物の代金だけを支払うシステム。
せっかくイタリアに来たんだからワインを飲まないとねー。
驚くのが飲み物のメニューを開くと、思いっきり日本語。
注文するときも日本語で通じてしまう。。。
ツアー対応完璧の店という感じ。別に悪いというわけじゃないんだけど、外国に遊びに来たっていう気分がねえ。半減しちゃうなあ。
意外な事に他のツアー客はみんなソフトドリンク・・・ワイン飲むのは僕らだけ。あれ?いけないんだっけ?そんなことないよねえ。

ボンゴレ到着。
Dscn1095
うーん。。。味薄いな。ウマイ!とはいいがたい。
他のツアーメンバーはもとの味がわからないくらいに塩、コショウをかけて召し上がっている。

魚がでて、その後デザートでシャーベット。
Dscn1096

Dscn1097

Dscn1098

うーむ。。。いまいち。。。ワインはうまいけど。
昨日の夜にバールで買ってきたパスタが旨かったのでイタリアのものはとにかくウマイと期待してたのだが・・・そんなことないみたい・・・

午後からは、ローマの有名な円形闘技場「コロッセオ」だそうです。
楽しみぃ!

vol.4へ続く

リンク
イタリア旅行記 vol.1 ~旅立ち~
イタリア旅行記 vol.2 ~イタリア到着~

|

« 居酒屋 「サラリーマン」 Part2 (東京都東村山市秋津町) | トップページ | モチモチよりももっと »

コメント

てらっちさん>
最後の審判。一見の価値あるよー。
他にもまだまだ名画がたくさんあるんだよねー。

投稿: でるねぐろ | 2006年10月12日 (木) 午後 01時54分

みんな、イタリア・バチカンに行ってるんだねぇ。
「最後の審判」の壁画、見たくなってきたよ。

投稿: てらっち | 2006年10月12日 (木) 午後 01時35分

KINGさん>
「最後の審判」の迫力は本当にすごいよね。
僕も美術がわかるわけじゃないけど、ドドーンと何かに圧倒されてしばらくボーッと見ていたよ。

社内ニートさん>
僕と同じ新婚旅行組ですか。多いみたいだねー。
僕もまた行きたいと思う。
次回はツアーじゃなくて、自由にまわってみたいけど。

投稿: でるねぐろ | 2006年10月12日 (木) 午前 11時29分

俺も新婚旅行でイタリアいった時、バチカンいったよ 行く前まではそんなに興味がなかったけど見るとすごい迫力だったね
また行きたいな~イタリア

投稿: 社内ニート | 2006年10月12日 (木) 午前 11時20分

何年か前にイタリア行った時に「最後の審判」見たよ。普段は絵画とか全く興味ないんだけど、こん時はあまりの迫力にビックリしたのを覚えてるよ。

投稿: KING | 2006年10月12日 (木) 午前 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/11646425

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記 vol.3 ~2日目 バチカン観光~:

« 居酒屋 「サラリーマン」 Part2 (東京都東村山市秋津町) | トップページ | モチモチよりももっと »