« 手作り惣菜の店 「倉井ストアー」 (東京都葛飾区立石) | トップページ | ハイキングから登山へ・・・ 「高尾山」 »

2006年10月16日 (月)

もつやき 「江戸っ子」 (東京都葛飾区立石)

倉井ストアーですでに完璧に「でき上がってる」僕らが向かったのは「江戸っ子」
人気店らしいが、17時の開店直後に行けば大丈夫だろう?

実際についたのは、トイレ行ったり、迷っちゃったりして、ちょうど17時30分頃。
開店から30分を経過しているが・・・まあ、50人を収容できる大きな店だというから大丈夫でしょう。
Ts350362

・・・が!?
いっぱい!いっぱいいるよ!
ありゃあ。やっちゃったねえ。
またもや店先で路頭に迷う。。。
「何人なの?」
店の女将さん?が声をかけてくれる。
8人というと
「8人!!」
しばし、絶句。

しかし、脇のテーブルで飲んでいた方たちが帰るというので、そこに数人が詰めて、残りのメンバーも近くのカウンターが空き次第入れてくれることになった。
こういう居酒屋に大所帯で来るという「暴挙」を嫌がりもせずに、にこやかに笑ってなんとかしてくれる。この店の包容力にびっくり。立石さいこー!

数人を外へ残してお先にテーブル席につかせてもらう。
飲み物はハイボール。
おう。炭酸が強くていいねえ。うまい。これ何を割って作ってるのかな?

そして串を頼む。
Ts350364

Ts350366

Ts350367

もう何を注文したのか、よく覚えてないけど・・・
大ぶりでこれがまた美味しいの。
前までのお店で、もうおなかいっぱいだけど、気づくとハイボールをグビリと飲む合間合間に串をつついてる。
幸せだねえ。。。
唯一食べれなかった「アブラ」
Ts350365
どこの部分?名前がアブラだからねえ。ちょっと敬遠。

「煮込み」もうまい。かなり大きめ。1人では食べきれないくらいの量が出てきます。ホッとできる旨さ。
Ts350370

そして「らっきょう」
おなかいっぱいでも、薄味のこのらっきょうはパリポリとおいしい。
Ts350371

しかし、活気にあふれる店内。
みなさん、楽しく飲んでいらっしゃる。
Ts350363
いい居酒屋の第一条件だと思いますね。
まわりが楽しく飲んでるから、他の人も楽しく飲める。そして新たに来た人がその雰囲気に包まれて、また楽しく飲める。楽しい居酒屋の相乗効果。

壁を見ると、女将さんだろう。有名人との2ショットや似顔絵が貼られている。
そういえば女将さん絵になるよねえ、なんか。
Ts350369
「ねえ、そういえば女将さん何かに似てなくない?あ!あれ!千と千尋のさ、ほら、あれ!」
似てると思いますよ。名物女将さんだね。

僕らテーブル席のすぐそばのカウンターが数席空いて、外で飲み始めていたメンバーと合流。
しばらくして、隣で飲んでいたおじさんと仲良くなり、おじさんは1人に一杯ずつ飲み物代をおごってくれた!
拍手拍手。本当にありがとう!!
さすが下町。こんな酔っ払いの大所帯でも歓迎してくれるのね。

また仲間の1人は隣に座った女性2人組と仲良く話し込みはじめる。
さすがですな。そしてもう1人がヘルプに呼ばれた。。。ホストクラブですか?

いやー楽しかった!!
立石さいこー。楽しくて飲みすぎちゃったよ。
何杯飲んだんだか覚えてない。。。

その後、経過は覚えてないが二手に分かれて、北千住組と居残り組に。
居残り組と仲良くなった女性2人組と商店街の中の居酒屋へ。
1人は彼氏なしで、もう1人は「もうすぐ結婚するんだー」という幸せ絶頂の女性。
僕はこちらの方のお隣で、終わるまでずっとノロけ話を聞かされた・・・でもでも、楽しかったねー。

また「立石ツアー」やっちゃう?
でもでも、手前の「曳船」や「八広」もいいらしいよ。。。
フットサルの練習が準備運動になりつつある今日この頃。。。。


もつやき 「江戸っ子」
住所:東京都葛飾区立石7-1-8
電話:03-3694-9593
時間:17:00~21:00
休日:日曜日
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.51.11.0N35.44.8.6&ZM=12

|

« 手作り惣菜の店 「倉井ストアー」 (東京都葛飾区立石) | トップページ | ハイキングから登山へ・・・ 「高尾山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/12303048

この記事へのトラックバック一覧です: もつやき 「江戸っ子」 (東京都葛飾区立石):

« 手作り惣菜の店 「倉井ストアー」 (東京都葛飾区立石) | トップページ | ハイキングから登山へ・・・ 「高尾山」 »