« 居酒屋 「清水屋」 (埼玉県草加市谷塚町) | トップページ | 刑事訪問 »

2006年9月15日 (金)

鯉とうなぎの「まるます家」 (東京都北区赤羽)

赤羽駅到着。
先日は店の前まで行くも満員につきあきらめた「まるます家」に妻と2人で来ました。

赤羽も懐かしい町。
ここから埼京線で2駅先の「浮間舟渡」で仕事の後に友達とテニスをしたもんです。
そしてその後は赤羽の天狗や笑笑で宴会。

改札を出たところ、駅前の広場がすっきりと変わった気がするなあ。

商店街の方に足を向けます。
「ピーヒャラー♪ピーヒャラー♪わっしょい!わっしょい!」
スピーカーから流れてる様子。これがこの商店街のBGM?


さて、着きました!「まるます家」
暖簾の「鯉とうなぎのまるます家」というのを見るとニンマリしちゃいます。
よく居酒屋巡りをしている方のホームページを見て、この店に来たい!と思いながらなかなか来れませんでしたらからね。

しかしながらこの日も満員。
外で待ちます。
すると通りで御輿を担ぐ人達が。。。お祭りだったんだ。
目の前に八百屋さんがあって、商店街の交差点で、御輿をかつぐ人達・・・うーん、なんか懐かしいっていう感じ。

さて、入店。
左と右とにそれぞれカウンターがあります。
まだお昼なのに、ビール瓶がゴロゴロ。みなさん飲んでますねー。
僕らは右のカウンターに座ってまずは「レモンハイ(350円)」からはじめます。

メニューを見ると暖簾どおりの鯉やうなぎ、他にもすっぽん鍋なんてものまであります。
どれもうまそう。。。
鯉が食べたいなあと妻にいうと、妻が嫌がる・・・
どうも前に食べた鯉が、泥臭かったようで、苦手なようす。

じゃあ、「うなぎのバラ身ポンズ合え(350円)」
Ts350217
どこの部分だろう?ちょっとシャリシャリとした歯応えがあって、サッパリしていてうまい。

しかし、鯉食べたいんだよなー、何度か「鯉、鯉」と妻に言ってると、「鯉のうま煮(650円)」にOKが出ました。
Ts350218
うーん。甘辛いタレでとことんじっくり煮込まれたという感じ。ボリュームも結構ある。
「缶詰みたい」と妻。
確かにそういう感じはわかるねー。それくらいじっくり煮込まれてるってことなんだろうな。
太い骨が食べれるくらいまで煮込まれてます。

じっくりと店内を見渡すと1人客、夫婦、親子。。。いろんな客層。
僕と同じカウンターの端っこではよっぱらいのおじさんと、若いカップル2人が3人で顔を寄せ合って談笑してます。
しかし、この3人寄せ合ってというより、くっつくくらい近い。
というか、向こう端におじさん、真ん中に彼、手前に彼女という配置ですが、特におじさんと彼女が話している。
彼女はちょっと酔いが回ってるのかおじさんの方にかなり寄って談笑してるんで、自然に彼が少し引き気味にして結果3人がぴったりくっついてる。すっごく楽しそう。きっと3人で来たわけじゃなく、おじさんは1人客でカップルは別で来たんだろうな。

ここで店のおねえさんが
「○○はいかがですかー、おいしいですよー」
とお客さんに聞いてまわります。
どうやら注文を受けるだけじゃなく、こういう売り込みもするんだぁ。
「それなに?○○?ふーん、じゃあ1つちょうだい」
と近くのおじさんが受け取ります。
こちらにもやってきました。
「○○の押し売りですよー、いかがですかー」
お、押し売りですか・・・
妻の隣にいるおじいちゃん2人組みと苦笑しあいます。

それを契機に妻が
「なんかオススメのメニューってありますか?」
とおじいちゃん達に聞くと、この店はなんでもうまいよ。と前置きして「トンカツ」と。
鯉とうなぎのまるます家だけど、トンカツですか?
聞くと鹿児島の黒豚を使っていてうまいらしい。へー。

2人ともこの店にはよく来るようで、1人は30年も通ってるそうです。歴史だねえ。
手前のおじいちゃんは剣道をやってるそうで。
腕の筋肉を見せてくれましたが、引き締まったすごい筋肉。
すげー。70歳は超えていると見受けましたが・・・

なにかこの後用事があるらしく、2人で席を立ちました。
立ち去るときにも、剣道のおじいちゃんは妻に、ここも堅いんだよと胸を指差す。さわってさわってと。すごい引き締まってるらしい。。。
いや、酒浸しの僕よりも引き締まった身体してるわ。あたりまえか。

そこで、妻が「トンカツ(500円)」を注文。
食べれんの?と聞くと、
「だっておじいちゃんのオススメだし」
別に今日じゃなくても・・・
Ts350219
しかし、これが結構なボリュームの上に、うまい!衣がサクサクで。ペロリと平らげちゃいました。

先述したカップルとおじさんの2+1人組、そのおじさんが会計をして出て行きます。
おじさんは自分のお酒を3本飲んだ後、カップルからビールを注がれて飲んでましたが、店の女将さんに
「あらー、飲みすぎよ!」
と、たしなめられてました。
そう、「まるます家だけの決まり。酒類は3杯まで」
と張り出されていて、お酒は3杯までなんです。

そういう僕らもレモンハイがもう3杯目・・・これで最後。
そして最後にどうしても「肝吸い」が飲みたいという妻、
「うな丼(750円)」
Ts350220
肝吸いなのになんで「うな丼」まで?後ろで店頭販売用のうなぎを焼いてるんですが、ひっきりなしにお客さんが来るんです。そんなに美味しいなら食べて見たい・・・
で、やっぱり美味しい。

ちゃんとお酒3杯の決まりを守って帰ります。

昼のお酒は気持ちがいいなー。


「まるます家」
住所:東京都北区赤羽1-17-7
電話:03-3901-1405
時間:9:00~21:30
休日:月曜日
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.43.25.4N35.46.36.2&ZM=12

|

« 居酒屋 「清水屋」 (埼玉県草加市谷塚町) | トップページ | 刑事訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/11877202

この記事へのトラックバック一覧です: 鯉とうなぎの「まるます家」 (東京都北区赤羽):

« 居酒屋 「清水屋」 (埼玉県草加市谷塚町) | トップページ | 刑事訪問 »