« 花火 「流山」vs「三郷」 | トップページ | 居酒屋 「大はし」 Part3 (東京都足立区千住) »

2006年8月22日 (火)

ジンギスカン 「ながぬま」 (埼玉県所沢市東所沢)

ネットで僕の住んでいる東所沢の情報を探していると、自分が日頃は通り過ぎたりしている店が実は「美味しかったあ」なんてオススメのお店になってたりする。
そして実際に行ってみると、やっぱり美味しかったなんてことが多い。
情報って頼もしい。

ここもそういう店のひとつで、ときどき近くを通るがなかなか入るまではいかず、ネットで「超家庭的」、「安い」、「美味しい」と魅力的なことばで勧められていた。

ジンギスカン「ながぬま」
ちょっと前(今も?)にジンギスカンって、すごい流行した。
人気店には予約しないとなかなか入ることが難しくて行列ができたり。。。
最近はどうなんだろう。

去年、「水曜どうでしょう祭」というお祭り?イベントのために、北海道に行った時、札幌の「だるま」という店に行った事があるけど、すごい行列で「ここまでして食べたいのかぁ?」と思ったけど、そこまでして食べてもいいと思ったくらい旨かった。

さて、ビルの2Fにある店に入店。

引き戸をガラガラとスライドさせると、いきなりワイワイやっているグループが目の前に。
赤いTシャツを着た軍団。なんの集まりだろう?
ちょっと圧倒されたが、気を取り直してテーブルに着く。

座敷だけのところにテーブルが7つくらい。
うち1つは荷物が乗っかっていて使用不可能。
「超家庭的」
その文字通り、「超」が付くのがよくわかる。誰かの家に遊びに来たような感じがして落ち着く。
引き戸の横のちょっと高いところには、観光地でよく売っている提灯がずらりと並んでる。
そういえば、僕の田舎もこういうの揃えてたなあ。まだあるんだっけか?家にあまり寄り付かないので記憶があやふや。。。

来た来た、やっぱりまずは「ジンギスカン(1人前520円)」
ジンギスカンといえば、なんといっても北海道が有名だが、北海道の各地域によって特色がある。生肉を焼いてタレをつけて食べるタイプ。タレに漬け込んだ肉を焼いて食べるタイプ。ラムロールと呼ばれる肉を丸めて圧縮したものをスライスしたものを焼いて、タレをつけて食べるタイプ。いろいろ。
ここの「ながぬま」は、タレに漬け込んだ肉を焼いて食べるタイプ。
オヤジさんの説明では、北海道滝川市で有名な「松尾ジンギスカン」だそうだ。

このお店は初めてなので、最初はオヤジさんに作り方を教えてもらうことにした。
ジンギスカン特有の真ん中がこんもりと盛り上がり、ふちが溝になっている鍋。オヤジさんは、まずてっぺんに牛脂?羊脂?を乗せ、それを鍋にまんべんなくこすり付ける。
脂がジュワーッと煙が上がってきて、そろそろいい焼き具合?
そこに「野菜盛り合わせ(210円)」を乗せ、ササッといじくったところで真ん中部分にスペースをあける。
そこへジンギスカンのお肉を乗せる。
ジュジュジューッ。。。
いい音だなあ。
Ts350121
10秒程でひっくり返す。そしてもう片面もジュジューッと。
「はい、これくらいのレアで食べるのがうまいんだ」
と、皿の上にパパッと肉を乗っけてくれた。
すぐさまパクッと。。。うまー!
「やわらかいっすねー」
赤身なので、焼いたら肉が引き締まって固くなるかと思ったがやわらかい。
「そうだろう?」
オヤジさんは得意気。

肉をひと噛み、ふた噛みしたところへ、ビールを喉へゴキュッと押し込む。
Ts350120
フー、うまい。

鍋の溝に落ちた野菜に、肉から流れ出たタレと肉汁の合わさった汁がついて旨い。

隣の赤Tシャツ軍団が、「うどん」を注文したらしい。
おやじさんがそこで、うどんを炒めている。鍋についていた焦げやタレが付いたのか、ソース焼きそばのような色になっていてうまそう。。。

さっそくこちらも「うどん(210円)」を注文。
軽く焦げをこすりとって、脂を新たにこすり付けて準備万端。
うどんを鍋の上に。
かき混ぜていくと、何もつけないのにソース焼きそばのような色に・・・
これがまた、味付けしなくても鍋についた肉汁とタレを吸っていて十分うまい。

「これからお客さんが来るんでちょっと荷物をよけてもらっていいですか?」
と店のおばさん。ハーイといい返事でどかしつつ、時間は11時近い。
「この時間から来るんですか?まだまだお店はやってるんですか?」
「ううん。本当はもう終わりなんだけど、ちょっと知り合いが近くに遊びに来ていて、こっちに来ることになっちゃったのよ。」
あらー、災難。

しばらくすると、その知り合いが。
4人きて、まだまだ後からもくるようだ。
その中の酔っ払ったおじさんが、僕らの鍋のうどんを見て、
「お、うどん旨そうだなあ。うどん頼もうか」
と、一緒の人たちも同調。
「あれは肉を焼いて後にしないとおいしくないのよ。それに今日はもう無くなっちゃって」と店のおばさん。
そうだよねえ。この鍋にこびりついた肉汁とかタレが旨いんだろうなあ。
「そっかー、じゃあこの隣の人達のもらうからいいや」
?ムキー!誰がやるかっ!と愛想笑いをしつつも、こころの中で叫んでる。
こんなうまいものあげません。

さて、お勘定。
いいお店を見つけました。

帰りがけに
「金、土、日は来るときに電話してもらって、確認してからの方がいいですよ。」
とおばさんが教えてくれた。
人がいっぱいで入れないこともたびたびあるらしい。

了解!注意してまた来ます。

ジンギスカン 「ながぬま」
住所:埼玉県所沢市東所沢和田1-1-13斉藤ビル2F
電話:04-2945-7683
時間:17:00~22:00
休日:月
地図:http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.31.1.4N35.47.24.6&ZM=9

|

« 花火 「流山」vs「三郷」 | トップページ | 居酒屋 「大はし」 Part3 (東京都足立区千住) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/11555076

この記事へのトラックバック一覧です: ジンギスカン 「ながぬま」 (埼玉県所沢市東所沢):

« 花火 「流山」vs「三郷」 | トップページ | 居酒屋 「大はし」 Part3 (東京都足立区千住) »