« 居酒屋 「庄屋」 東所沢店 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | 串揚げ専門店 「天七 分店」 (東京都足立区千住) »

2006年8月 7日 (月)

銭湯 「梅の湯」 (東京都足立区千住)

最近は郊外を中心に「スーパー銭湯」というのが増えてきた。
僕も月に1度のペースでスーパー銭湯に行く。

住宅地の中からでも、高い煙突がニョキっと出ていて、遠くからでも一目瞭然。
いまや、そんな風景もなかなか見られない。。。

フットサルの後、友達と一緒に久しぶりに下町の銭湯へ。
千代田線で久しぶりの北千住。


銭湯の入口がわからず周辺をひとまわりしてから入口へ。
Ts350002
16:00開店で、開店から15分もたっていないうちに来たはずだけど、湯上りのさっぱり顔でタオルを肩にかけたおじさんが入口から出てきた。はえー!
きっと仕事の後で、汗だけさーっと流したかったんだろうなあ。

それにしても、いかにも下町の銭湯という、いい店構えというか、いい顔してる。
下足箱に靴をいれ、入るところからもう男女に分かれていて、入るとすぐに番頭さん?がいて料金を徴収。460円也。
僕が就職のために10年位前に出てきたばかりの時、銭湯は200円くらいだった記憶があるけど、今はその倍以上。僕も年取ったんだなあ・・・とつくづく実感。

番頭さんは男湯と女湯の脱衣所の真ん中にいるので、もちろん女湯ものぞける(のぞけるという表現はおかしいか・・・)。小さい頃、うらやましいと思ったものだ。今もうらやましい。
Ts350001

素っ気ない、水とお湯の蛇口だけの洗い場の先に湯船がデンと構えてる。
向かって左が深く、右が浅い湯船のようだ。
まずは簡単に体を洗い流して湯船へ・・・「アツッ!!!」
アツイ!!銭湯ってこんなに熱いんだっけ?そういえばドラマとかでみたことあるな。
これで、水を入れてぬるくしようものなら、ヌシみたいな人が飛んできて「バカヤロウ!水なんか入れるんじゃねえ!」って怒られるんだよね。
まあ、そんなことは言われないと思うが、気が小さいので水は入れないでおこう。

熱い、熱いを連呼していたら、おじいさんがなにやらにこやかに話しかけてきた。
・・・が、入れ歯を入れてないので
「あつふぃの○△□・・・」
微笑み返した。。。ごめん、じいちゃん。

しかし、熱い。
温度計があったので、見てみると44℃。
ちょっと熱いよねえ。
湯船に入って身体を茹でて、洗い場で冷ためのぬるま湯で身体を冷やす。これを繰り返して脱衣所へ。
汗が引かない。

銭湯といえばやっぱり「フルーツ牛乳」でしょう!
と飲み物をのぞいたが、普通の牛乳とジュースしかなかった。
まあ、この後ビールを飲むし、しばらく我慢するか。

かなり歴史のありそうな建物のなか。
この雰囲気はいいなあ。
足立区は特に昔風の銭湯が数多く残っているけど・・・いつまで残ってくれるか・・・がんばれ銭湯。

銭湯「梅の湯」
住所:東京都足立区千住5-5-10
電話:03-3888-3356
時間:16:00~23:30
休日:不定休
地図::http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.48.26.0N35.45.4.1&ZM=10

|

« 居酒屋 「庄屋」 東所沢店 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | 串揚げ専門店 「天七 分店」 (東京都足立区千住) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/11311566

この記事へのトラックバック一覧です: 銭湯 「梅の湯」 (東京都足立区千住):

« 居酒屋 「庄屋」 東所沢店 (埼玉県所沢市東所沢) | トップページ | 串揚げ専門店 「天七 分店」 (東京都足立区千住) »