« 花見 「武蔵国分寺跡」 (東京都国分寺市西元町) | トップページ | サクラソウ「さくら草公園」(埼玉県さいたま市桜区) »

2006年4月25日 (火)

桜-花見-「和田西公園」 (埼玉県所沢市東所沢)

家から歩いて1分もかからない場所に和田西公園がある。
近所の子供たちが缶けりとか鬼ごっこで使うような小さな公園。

でも、こんな小さな公園にも見事な桜が咲いている。この頃はちょうど満開。
そういえば、単純に「花見」と聞くと、なぜか桜を思い浮かべちゃうのはなんでだろう?


実は奈良時代後半から平安時代には、「花」といえば「梅」の花をさしていたそうです。
当時は、中国文化に感化されていたそうで、奈良時代に遣唐使が梅を持ち帰ってきて広まったらしい。
梅の花は日本固有のものじゃなかったんだあ。
その後、遣唐使が廃止され、日本独自の文化を形成していく上で、日本固有の花として「桜」が広まっていったと調べたものではありました。

公園では、まだ肌寒いけど、子供たちは元気にボールとかで遊んでいる。今の子供たちは家に閉じこもってテレビゲームで遊んでいるか、小さいうちから幾つもの塾を掛け持ちして、中学校、小学校、幼稚園の「お受験」に備えているんだとばかり思ってたけど、そうでもないみたい。
060402_134501

桜を見ながら、おもむろにお湯割りをグビッ。。。
今や爆発的な人気でプレミアになってしまっている「赤霧島」
「ムラサキマサリ」という紫芋を使用した芋焼酎で、フワンという感じの甘い甘い芋の香りで、アルコールもきつく感じない。女性にもオススメできる焼酎。
ロックが旨いんだけど、お湯割りもなかなか。
060402_154601

公園で遊んでいる子供達・・・しかし、さっきからキレイに咲いている桜の花めがけてボールを放り投げ当てている。。。
バサッ!バサバサバサ・・・バサッ!!
強制的に桜の花びらが舞い落とされる・・・時折、枝ごと・・・
あぁ・・・殺生な・・・
でも僕も小さい頃はあんなことしてたのかもなあ。。。と思うと注意できなかった・・・かわいそうな桜。。。

そんな桜も今ではすっかり散ってしまって、公園の土の上にこんもりと名残りの雪の様に積もってる。こんなのもキレイだけど、散った桜ってなんだか悲しいなあ。。。

|

« 花見 「武蔵国分寺跡」 (東京都国分寺市西元町) | トップページ | サクラソウ「さくら草公園」(埼玉県さいたま市桜区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/9741357

この記事へのトラックバック一覧です: 桜-花見-「和田西公園」 (埼玉県所沢市東所沢):

« 花見 「武蔵国分寺跡」 (東京都国分寺市西元町) | トップページ | サクラソウ「さくら草公園」(埼玉県さいたま市桜区) »