« 日本酒 「純米吟醸 八海山」 | トップページ | もつ焼き・煮込み 「加賀廣」Part2 (埼玉県草加市) »

2006年1月19日 (木)

沖縄! 久米島旅行記 vol.6 ~ハプニング!!本当の久米島最後の夜~

・・・JTA221便着陸できず・・・
アナウンスが放送されたと同時にドッと搭乗手続きの窓口に人が押し寄せる・・・
次の日の便の相談、今日の宿の相談、中には声高に飛行機が飛ばないことに怒っている人がいるため、窓口の列は遅々として進まない。
しかし、本当に飛ばないとは。。。

まあ、同じツアー料金でもう1泊沖縄を楽しめると思えばいいか。(実際は今日の宿泊代がプラスされるけど)
窓口の列に並びながら、宿に使うお金、今日の夕食のお金・・・頭の中でレジを叩く。
贅沢しなければなんとかなりそうだ。

しかしお金はともかく、今日の宿がとれるんだろうか?
これだけの人を泊められるキャパシティが小さな島に果たしてあるか???
今日帰れなかった人プラス今日到着した人もいるもんね。

さて、順番が回ってきた。
さっきの、ヒゲがインチキっぽい顔のおじさんだ。
飛行機の便は久米島発那覇行きの始発、那覇-羽田便もそのまま乗り継ぎの便が用意されている。
「これでよろしいですか?」
・・・ここで一計が浮かんだ。
那覇-羽田便を遅らせば、那覇でも遊べちゃえるじゃないか!
・・・・・OK!!
那覇-羽田便をすぐの乗換えでなく、午後の遅い便にしてもらった。
これでさらに沖縄を楽しめる!なんて幸運。霧よありがとう。

浮かれるのもつかの間、今夜一番大事な宿の話になった。
久米島周辺の宿の一覧表というのを見ると、ホテルは1万円以上するので問題外。(これを見るとツアーって本当に安い)
窓口のおじさんが、比較的キレイだという3つぐらい(素泊まりで4000円前後)の宿に電話してくれたが、どれも既に満室・・・
とりあえず安い宿にしたいというと、絶対にやめた方がいいという宿を教えてくれ、それ以外で探しなさいといわれた。なんだ見た目はインチキくさいがやさしいおじさんじゃないか。ありがとう。

いくつか選び、おじさんに交渉してもらう。
「民宿久米島(本館)」
宿の人に空室はあると思うが、主人が今空港に向かっているので直接交渉するように言われたらしい。
「ここのおやじさんの顔は知ってるから。来たら交渉しますから。」
と言われお任せして、窓口を離れた。
本当に大丈夫だろうか。。。実は「空室はなかった」と言われたらジ・エンド・・・
僕の後の5・6人のグループもどうやら同じ宿に決まったようだ。
そんなに泊まれるの?そっちが優先されたりしないよね?不安だなあ。

次から次へと民宿らしい迎えの車が人を乗せて去っていく。
無事僕も布団の中で夜を迎えられるだろうか・・・

窓口のおじさんが、空港の入口でおじいさんと交渉してる。さっきの5・6人のグループの人にも話しかけているので、「民宿久米島」の人か?
こっちを全く見ないが、忘れてないよね!アピールするため、すぐそばへ。
ここで忘れられたら今日の宿はない。疑心暗鬼を生ず。

おじさんがこっちを見た。
必死にアピールの視線を返す。
「あの車に乗って下さい。」
交渉成立!!

ワゴンに僕らを含め、めいいっぱいのお客さんを乗せて出発。
しばらく走って、久米島に唯一だというパチンコ屋さんの前を通って宿についた。
久米島にもギャンブルなんてあるんだ。。。

宿に着くと、一緒に乗った別のグループはそのまま車に乗っている。
僕らだけこの宿で降りた???
どうやら僕らは「本館」。別グループは「別館」というところに泊まるようだ。
入りずらい宿の入口を入ると・・・いきなり食堂??
奥からおばちゃんが出てきて宿帳に記入する。
食堂の中に階段らしきものは見えないが・・・部屋はどこだ?

おばちゃんはニコニコしながら、もう夕食は出せないけど、近くに食べれるところがあるし、近くのスーパーもまだやっているという。
料金を聞くと素泊まりで2,500円。格安!
なんと朝食付きでも3,000円。
素泊まりだけのつもりだったが朝食付きでお願いした。

部屋の鍵を渡され、「部屋は2Fね」と。ど!どこ?
沖縄の家に多いらしいが、2Fへ行く階段は外にあった。宿の人も2F以上に行くためには、外にでないと行けないそうだ。
狭い階段を上ると、だだっぴろいベランダ?屋上?に物干し台がおいてある。そのぐらい広い。
そこにペントハウスのような別の建物が建っている。玄関もなく、縁側みたいなところに大量の靴とサンダル。
いやー民宿というかなんというか。

部屋に入ると強烈な香水?のような匂いがする。。窓を開けてとりあえず換気。
換気している間に近くのスーパーで本日の晩餐の準備を整える。

その途中で昨日昼食を食べた食堂があった!
ここはサイクリング途中で「るるぶ」を無くしたところ。
お店に入りるるぶの所在を聞くと、「あぁ、ありましたよ」と。
心当たりの場所を探してくれるが見当たらない。
と思ったら、食事をしていた人がご覧になってました。
無事手元に戻り、お礼を言って民宿へ。

予想外の延泊に乾杯して就寝。

本当の最終日。
食べきれないほどの量の朝食と、宿のおばあちゃんとの会話が終わり、送迎までしてもらって、今日こそ無事に久米島を出発。

那覇空港に到着して、数時間の那覇観光を楽しもう。
急遽の延泊だったので計画もない。
空港にあった観光ガイドやパンフレットをあさり、とりあえずアウトレットモール「あしびなー」に行くことにした。
http://www.ashibinaa.com/
ゆいレールの「赤嶺駅」から無料のシャトルバスに乗車。20分ほど揺られると到着。
かなり広大な敷地にたくさんの服屋、飲食店、雑貨店、物産・土産店。。。かなりの数のお店が軒を連ねる。
日頃、ショッピングなんてものをしないので、30分も経たないうちに飽きて疲れた。。。
連れと別行動にして、ベンチでジュースを飲みながら、本を読む。
ふと周りを見ると、僕と同じような状態の男の人が何人もいる。
きっとみんな疲れて同じように過ごしてるんだな。。。わかるよその気持ち。

次は「旧海軍司令部壕」へ。
ここは豊見城市にある、旧海軍の沖縄方面の司令部のあったところ。
階段を下っていくと壕内に入る。なんだか重苦しい、怖い感じがする。
DSCN0443
この壕内で約4,000名もの兵士が壮絶な最後を遂げたそうだ。
壕内には、司令官室、作戦室などが当時のまま残っていて、その当時から60年ほど経った今でも当時の様子が生々しく伝わってくる。
兵士達は人員に対して収容スペースがあまりにも少なすぎたため、密集して立ったまま寝ていたのだそうだ。
地上には資料館もあり、大田実少将が東京の海軍次官に宛て、沖縄戦での沖縄県民の献身的な協力と惨状を訴えた電報が掲示されている。
「沖縄県民かく戦えり。県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを」
これを読んで、つい泣いてしまった。
戦時中に戦争に巻込まれ、戦後も日本のどこよりも米軍という重い足かせをはめられて生きている沖縄。
今もトラブルは絶えない。。。いつなんの心配も無く、沖縄の人が暮らせるようになるのだろうか・・・

観光を終え、さて帰ろう!
バスでゆいレールの駅まで行こうとバス停を探す。。。
が、よくわからない。。。
電話で今の海軍司令部壕の案内所に電話して最寄りのバス停の場所を聞く。。。
しかし、土地勘がないため説明がいまいちよくわからない。。。
しかたないので、聞いたとおりあやふやながら歩き進める。
やっと発見!しかし、聞いたバス停の名前じゃなかった。まあ、駅まで行ければいいや。

ゆいレールの奥武山公園駅近くのバス停で降り、そこからはゆいレールで空港まで戻る。
その途中、「豚の丸焼き」の文字。ついつられてお店の中へ。
「金城畜産」店に入るとお姑さんと奥さんと子供達。といういかにも家族でやっていますよ!というお店。
寄寓にも本日開店したばかりで、陳列も仮設なのか、大き目のワゴンの上にドサッと大量のお肉が乗っかっている。
これが美味そう。豚を焼いたものをブリッと割いたもの。肉が締まっていて、いかにも味が凝縮してそう。
試食させてもらうと、やわらかい上に、噛むと味がジュッと。
ハムよりも美味しい。
早速これを購入。
また珍しいのが豚の皮の部分をそいだものも売られている。
どうやって食べるかを聞くと、適当な大きさに切って、そのまま焼いてバリバリと食べたり、味噌汁に入れて少し煮込んでもうまいそうだ。これも買っていく。
(あとで早速試したところ、皮をそのまま焼いたものは、味はともかく固くてちょっと。。。という感じだったが、味噌汁に入れると、いい具合にふやけてうまい。湯どおしをしてから調理するとさらに美味しいかも)
美味しかった。立ち寄ることがあればぜひ。
http://www.butanomaruyaki.com/index.html

これで無事帰路に着きました。
癒されて、ぎゅっと濃縮の楽しい旅行でした。
(この旅行紀の完結まで約8ヶ月。。。怠けすぎた。。。)

久米島旅行紀 バックナンバー
vol.1 「沖縄! 久米島旅行記 vol.1 ~恐怖の羽田離陸~国際通りぶらり~」
vol.2 「沖縄! 久米島旅行記 vol.2 ~久米島到着~部屋で晩餐~」
vol.3 「沖縄! 久米島旅行記 vol.3 ~自転車で久米島一周道路に挑む~トラブル発生~」
vol.4 「沖縄! 久米島旅行記 vol.4 ~久米島一周道路後編~」
vol.5 「沖縄! 久米島旅行記 vol.5 ~久米島最後の夜~最終日-リラックス!バーデハウス久米島~」

|

« 日本酒 「純米吟醸 八海山」 | トップページ | もつ焼き・煮込み 「加賀廣」Part2 (埼玉県草加市) »

コメント

生きたまま丸焼きにするの?

投稿: なさは | 2008年1月 7日 (月) 午後 12時37分

生きたまま丸焼きにするの?

投稿: なさは | 2008年1月 6日 (日) 午後 07時16分

生きたまま丸焼きにするの?

投稿: なさは | 2008年1月 6日 (日) 午後 04時57分

生きたまま丸焼きにするの?

投稿: なさは | 2008年1月 6日 (日) 午後 02時59分

生きたまま丸焼きにするの

投稿: | 2008年1月 6日 (日) 午前 09時57分

生きたまま丸焼きにするの

投稿: | 2008年1月 6日 (日) 午前 02時14分

生きたまま丸焼きにするの?

投稿: なさは | 2008年1月 5日 (土) 午後 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/7511435

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄! 久米島旅行記 vol.6 ~ハプニング!!本当の久米島最後の夜~:

« 日本酒 「純米吟醸 八海山」 | トップページ | もつ焼き・煮込み 「加賀廣」Part2 (埼玉県草加市) »