« 串かつ 「八重勝」 (大阪府大阪市浪速区恵美須東) | トップページ | テーマパーク 「道頓堀極楽商店街」 (大阪府大阪市中央区) »

2006年1月 6日 (金)

大阪散策~道頓堀~新世界~ (大阪府大阪市)

一夜明けて道頓堀近くのホテルを出た。まだ10時になろうかという時間。。。さて、どうしよう。
通天閣近くの新世界というところで「串かつを食べに行きたい!」とは大阪行きが決まった当初から考えていた。。。が、その他に行きたいところや交通手段など何も考えてない。。。

とりあえず行きたいところに行って、それから考えよう。決定。

目に付いたコンビニで地図を立ち読み。現在地と目的地を確認。
通天閣までは道頓堀から3キロ弱。歩けない距離じゃない。

天気もいいのでブラブラと歩いていくことにした。

道頓堀から、堺筋という通りを南へ。

高速道路?をくぐってすぐ左に「黒門市場」という通りが見える。
人通りも多く、活気がありそうで、面白そう。
05-12-20_10-42

黒門市場に入るとすぐに「キャベツ焼き」(100円)の店が!
薄い生地の上にこれでもか!とキャベツがたっぷり乗って二つ折り。薄いお好み焼きというような感じ。これで100円は安いなあ。キャベツがシャクシャクしてそうで旨そう。
食べたいが。。。串カツを食べたいからちょいと我慢。油が苦手なので、かなり空腹にしておかないと食べれないから、きっと。

この黒門市場。飲食店から八百屋、魚屋、豆腐屋、生花店、惣菜店、家具のお店。。。なんでもある。
道頓堀は若者が多いが、ここはおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんがたくさんいる。
そして道頓堀もそうなのだが、自転車の通行が多い!
スピード緩めないで、人と人の隙間を縫っていくんだもん。怖いよぉ。。
この市場を歩いている間に、2度ほど荷物が轢かれた。。。
豆腐屋の前では「豆乳一杯60円」。おじいちゃんが元気に飲んでいる。
僕も飲みたいと思ったが、市場の活気にどうにも圧倒されて、恥ずかしくて買えなかった。・・・意気地なし。

魚屋の品揃えも、東京で見るような魚と少し違う。
そして、フグが多い。
東京の築地では、さばいた後のフグの毒は厳重な管理で捨てられるとか聞いた事があるので、お店の人にさばいてもらうか、食べ物屋さんが買っていくんだろうなあ。
05-12-20_10-46


うぅ。。腹減った。空腹時には良くない通りを通ってしまったなあ。

市場を外れると、急に寂しい路地になる。
またさっきの堺筋に戻り南へ向かう。

高島屋を通りすぎると、急に電気店が多くなってきた。
秋葉原でもよくみかける名前の店もある。
この周辺は日本橋というところで「でんでんタウン」というらしい。
しばし歩けど電気屋さんばかり。
歩いている人や店にいる人も、年齢問わず男性が多い。
電車男のドラマにでているような人もやはりいる。
歩いていると、「メイド喫茶」という文字が。あるんだねーやっぱり。
どんなもんだか興味はあるけど、もちろん素通り。

そしてまた高速道路の下をくぐる。
恵美須町という地下鉄?の駅のある交差点を渡ると、「新世界」への入口。
商店街のような通りはまだ人はあまりいない。きっと夜になるとにぎやかになるんだろうなあ。
ちょっと行くと右手に「新世界市場」という通りがある。
入ってみたが、開いている店も少ないし、人通りもない。昼前のこの時間ではすごく寂しい通りだ。
市場の通りが終わったところを左に曲がると、ドドンと通天閣が見える。
05-12-20_11-19

以前来た時も、僕の印象では赤や青に塗られていてカラフルなものを想像していたのだが、意外にシルバーなのだ。そして何か言葉にできない存在感を感じるが、街に溶け込んでいて違和感がない。
周りは人や露店もあまり無く、タクシーが数台止まってるだけ。平日だからだろうか、かなり寂しい。

通天閣の脇を抜けると、パチンコ屋が続く。
ここに来ると、道頓堀とも、黒門市場とも、でんでんタウンとも、違った印象の通りになってくる。
特に「ジャンジャン横丁」という通りに来ると、昔の競馬場の近くに来たのか?と思うような雰囲気のおじさん、おじいさんがたくさん通り、相変わらず自転車に乗っている人が多い。通りはきれいとは言いがたいが、不思議なおじさんたちの活気が伝わってくる。
この雰囲気・・・なんだかちぢこまっちゃうな。

ジャンジャン横丁で念願の「串カツ」の昼食を終えて、通天閣に戻る。
ビール飲んでいい気分だし、天気もいいし、このまま歩いてもう一度道頓堀に帰ることにした。

再び堺筋に戻り、北上する。
フラフラ歩いていくと、なんばウォークという、地下街があるらしい。
早速地下に潜る。
東京の八重洲の地下街をこぎれいにした感じ。こっちの方がおしゃれな感じがする。
途中なぜか、おおきなくじらのモニュメント。
何でだろう?
05-12-20_15-30

小さな路地に入ると、周りのにぎやかさとは別次元の落ち着いた通りというか小道を発見。
「法善寺横丁」
051220_130500

あぁ、前に大阪に来たときに通ったなあ。
活気のある商店街のとおりのすぐ脇なんだけど、ここだけは「別世界」。なんだか重々しい空気が流れていて、まるで京都のお寺の脇の小路を通っているような気持ちになる。
途中「貝や」なんていう魅力的な店も見つけた。入ってみたいなあ・・・
05-12-20_13-06

そのまま進むと不動様がいる。厳粛な気持ちでお祈りをして通り過ぎる。

05-12-20_13-04

しばらく歩いて、また道頓堀に戻る。

ここでまたしばらく時間を過ごして帰ります。
よく歩いたけど楽しかった。よく食べたし。
また来たいところです。

|

« 串かつ 「八重勝」 (大阪府大阪市浪速区恵美須東) | トップページ | テーマパーク 「道頓堀極楽商店街」 (大阪府大阪市中央区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/7740726

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪散策~道頓堀~新世界~ (大阪府大阪市):

« 串かつ 「八重勝」 (大阪府大阪市浪速区恵美須東) | トップページ | テーマパーク 「道頓堀極楽商店街」 (大阪府大阪市中央区) »