« 大阪散策~道頓堀~新世界~ (大阪府大阪市) | トップページ | ラーメン 「神座」 千日前店 (大阪府大阪市中央区) »

2006年1月 6日 (金)

テーマパーク 「道頓堀極楽商店街」 (大阪府大阪市中央区)

大阪での滞在も残すところあとわずか。
まだ、帰りの電車まで少し時間があるので道頓堀にある「道頓堀極楽商店街」へ。

ここは、昭和?大正?の古い商店街を模したテーマパーク。
入口で通行札というIDカードをもらい、これで全て支払いをして、出口で一括精算する。

ビルの入口で怪しいお姉さんにパンフレットをもらいエレベーターで5Fへ案内される。
5Fに着くと、「はいからさんがとおる」のような格好したお姉さんから通行札をもらい、中へと案内される。

中の様子は池袋ナンジャタウンの餃子スタジアムのような雰囲気。
051220_132200
ただ平日のせいか、ひとけがなくて寂しい。
入ってすぐのところに遊技場があり入場料を払うと昔のパチンコやゲーム、スマートボールが設置されていて遊べる。ただし、遊べるだけで景品に換えられるわけでもなく、増やした玉は返すだけ。。。うーん。ちょっとねえ。
05-12-20_13-22

商店街にある店はどれも惹かれる。が、やはり平日のせいか人が少ないので、入りにくい。。。
せっかくだから従業員をサクラというわけじゃないけど、商店街の住人のように掃除もかねて飲み食いとかさせた方が見た目にも活気がでるんじゃないかなあ。

せっかくなので、明石焼の「中瀬」のカウンターに座ってみた。10個入り500円の明石焼を注文。
鉄板にボッと火をつける。
しばらくお客がいなかった様子。
でも、僕が座っているとカップル2組が相次いで座った。
やっぱり人がいた方が店に入りやすいよね。

でも明石焼を作っているのは見てて面白い。
生地をたこやき器に流し入れ、そこに大きめのタコを入れていく。
表面が固まったくらいのところで、へりを刺してうまくひっくり返す。
あっという間に出来上がって、板の上に載せてできあがり。
職人さんだなあ。

たこ焼きは何度も食べているけれど、明石焼というのは生まれて初めて。
隣に座っていたカップルが、おやじさんに食べ方を聞いている。
早速僕もそれを真似てやってみる。
おじさんが置いてくれたおつゆを鉢皿に入れ、その中に明石焼を入れる。
つゆに浸らせた明石焼をそのまま口に入れる・・・と、最初の頃は熱くて火傷してしまうので、崩してちょっとずつ食べる。
うまい!生地もたこ焼きと違って卵の量が多いのか、フンワリとやわらかい。
そしてつゆがおいしいので、つゆと一緒に口に流し込む。
カツオだしかなあ、つゆと一緒にというのはうまいねえ。

「ソースを塗ったのをつゆにつけて食べても美味しいよ」とおやじさんが言うので試してみる。
うーん。。。おやじさんにおいしいとは言ったものの、つゆだけの方がうまいなぁ。

通行札で会計を済ませて、商店街をまたぶらつく。
やっぱり人が少ないなあ。と思っていたが、7Fに移ると結構な賑わい。
射的や輪投げ、金魚すくいといった縁日の風景が中央にあり、その周辺を他の階と同様にたこ焼きやお好み焼きなどのお店が囲んで懐かしい雰囲気。
05-12-20_13-50

お腹がいっぱいなので、駄菓子やなんかをぶらついて出ることにした。
出口で通行札を精算して外に出る。

ここは・・・1人じゃなくて友達とかと数人で来たらもっと楽しいかったな。。。
ちょっと寂しかった。。。

テーマパーク 「道頓堀極楽商店街」
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-22サミー戎プラザ5,6,7階
時間:11:00~23:00(最終入館22:00)
休日:年中無休
入館料:大人(中学生以上)315円,小人(小学生)210円,幼児(小学生未満)無料
電話:06-6212-5515
URL:http://www.doutonbori-gokuraku.com/

|

« 大阪散策~道頓堀~新世界~ (大阪府大阪市) | トップページ | ラーメン 「神座」 千日前店 (大阪府大阪市中央区) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/8011980

この記事へのトラックバック一覧です: テーマパーク 「道頓堀極楽商店街」 (大阪府大阪市中央区):

« 大阪散策~道頓堀~新世界~ (大阪府大阪市) | トップページ | ラーメン 「神座」 千日前店 (大阪府大阪市中央区) »