« 2005年2月20日 - 2005年2月26日 | トップページ | 2005年3月6日 - 2005年3月12日 »

2005年2月27日 - 2005年3月5日

2005年3月 5日 (土)

ラーメン 博多一風堂上野広小路店 (東京都台東区上野)

今日は、書類を提出するために早く職場をでて、そのまま直帰。
なので17時過ぎですが、既にもう帰るのみ・・・

家で晩酌するにはちょっと早い。
そこで、今の時間ならまだ混んでないだろうと、今年のお正月にオープンしたばかりのラーメン店 博多一風堂上野広小路店に来てみました。

JR御徒町駅でおり、3分ほど歩いたところに店があります。
ちらっとのぞいたところ、やはりこの時間だと混んではいないので早速入店します。

いらっしゃいませ!と威勢がいい。
店に入ると、外から見るよりもかなり奥行きがあり、かなりの人数が入りそう。
とりあえずはこの店の基本のものを食べようと「白丸元味(650円)」と「煮玉子(100円)」を注文。
待っている間に漬物か何かを食べて下さいと言われた気がするのですが、携帯メールをしてて、きちんと聞いてなかった。。。

ここの従業員への指導・教育は徹底しているらしく、みんながみんな同じように威勢よく注文や対応をしてます。
間違った対応をしている従業員がいたら店長さんがすぐに注意していて、店長さんの意気込みも伝わってきます。

注文したラーメンが来ました!煮玉子は別皿。
メニューでは「あっさりとんこつ」をうたっていましたが、結構脂が浮いてるかな。
でもスープをすすってみると、しつこさはありません。
しっかり取ったとんこつスープはうまみたっぷりでかなりイケます。
ここ2ヶ月くらいで3店くらい、とんこつラーメンの店で食べましたが、それらの店よりも飛びぬけて美味い気がします。

会計をして店を出るときも、丁寧に店員さんが見送ってくれます。

味も店員さんの対応もグッドでした。
今度は別の赤丸新味の方を試してみます。


博多一風堂 上野広小路店
東京都台東区上野3-17-5
TEL:03-5807-2772
営業時間:11:00~翌3:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノボー 湯沢パークスキー場(新潟県南魚沼郡湯沢町)

平日にスノボーに来るのは数年ぶり、ましてや週の真ん中の水曜日は初めて。

今回はコンビニで4,500円のパック券を仕入れて「湯沢パークスキー場」に来ました。
湯沢パークのパック券は3種類あり、
1.普通の→4,500円
  ・リフト1日券
  ・1,000円分のランチ券
  ・温泉入浴券(500円の金券にもなる)
2.平日限定→4,500円
  ・リフト1日券
  ・レンタルスキーセット・ボードセット券(3,500円相当)
3.女性限定→3,800円
  ・リフト1日券
  ・1,000円分のランチ券
  ・ドリンク券(800円相当)
いずれもレンタル割引適用あり。
ホントに女性はなにかと得だなあ

平日に来ると、スキー場自体が空いてるうえに、駐車場がタダってのがいいですね。

ここ湯沢パークスキー場は、普通のリゾートホテルがスキー場を始めました!という感じで、コンビニのパック券からリフト券への交換もホテルのフロントの片隅。レンタルも地下の空きスペースに仮設って感じで手づくり感たっぷり。

初心者の人と行ったので、1本リフト上って、教えながら滑って来たらもうお昼…
人に教えた経験も技術もないので必死で時間忘れてた…

このスキー場でビックリした事ののひとつがお昼!

ホテル内のレストラン。
入ると「係員がご案内します」の文字。
この時点で、普通のスキー場で繰り広げられる、帽子、グローブ、ゴーグルを駆使した場所取りや、終わりそうな人に交渉したりという作業が無くなります!
さらに通常だと食事のお渡し口や、レジに長い行列ができますが、ココは注文は聞きに来てくれて、配膳までしてくれる。
こういうところもあるんですねー。


昼食も済み、午後の滑りへ!

来たときからすごく気になってるものが…
「ギネス認定!スノーチュービング!」
の文字。
でかい浮輪みたいのが気になってるんです!
友達と交渉してやることに!
リフト券売り場でスノーチュービング券(1回300円)を購入。
リフト乗り場の手前にボードを置いて、手ぶらでリフトに乗り、降りたところにチュービングのコースができてます。
(時間限定 12:00~15:00)
係員の人に券を渡し、説明を受ける。
チューブの上に腹ばいになり、しっかり取っ手?をつかむ。ブレーキはつま先。

さあスタート!
最初から結構急な坂!おまけに急カーブ!
いきなりスピードがつき、カーブで曲がりきれずに壁にまでせりあがる!
ヘアピンカーブをいくつか曲がり、ストレートでさらにスピードが増す!
そこでカーブ。やはり曲がりきれずに壁にせりあがる!
あぶなっ!!危うくひっくり返るところ。下はみんなの滑ったあとでアイスバーン状になってるので、ここで叩きつけられたらかなり痛い!

最後のストレートがきて、ゴールが見えました。
なんか途中で恐怖からブレーキを何度かしちゃったのがもったいなかったなあ・・・

平日で人も少なく、ボード以外の驚きと楽しみのあった1日でした!


湯沢パークスキー場
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町小坂
電話:025-787-4111
URL:http://www.park-resort.com/yuzawa/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉 湯沢健康ランド (新潟県南魚沼郡湯沢町)

つい数日前にスノボーに来たばかりで、またスノボーのために湯沢周辺にやってきました。
今回は数日前のスノボーとは違い、深夜発だけど少し早目に出発し、湯沢健康ランドの仮眠パックというのを利用します。
仮眠パックは夜10時から朝8時までの間、仮眠室で仮眠出来て、その間温泉も入り放題で2,000円!
スキー場近くの民宿やペンションの0.5泊みたいなのもの。
運転中、一睡もすることを許されないドライバーにとっては経済的にも体力的にも、とってもやさしい。
少人数なら実家が目と鼻の先なので、そっちに行けるんですが。。。

健康ランドに着き、下駄箱?の鍵、2000円と交換で、タオルセットと浴場のロッカーの鍵を受け取り、とりあえず仮眠室へ。
仮眠室は大、中、女性専用とあり、別料金で個室も数室ありました。
仮眠室の布団は枕とふとんが一体になっていて、毛布が1枚。暖房が入ってるので、それだけでも充分暖かそう。
大仮眠室に貴重品と着替え以外の荷物を置いて浴場へ。

浴場は、10くらいの洗い場、広めの内湯、スチームサウナと普通のサウナ、露天風呂が1つずつ。
深夜?明け方?のこの時間は気温も低くて、凍えるくらい「さっむーい!」けど、露天風呂の温めのお湯が気持ちいい。
長々と入ってしまって既に3時ちょっと前。
慌てて仮眠室に行き、速攻寝ました。

…朝…まだ6時過ぎ…
起きちゃったけど、もう一眠りしたい…が…ムリ!

予想はしていたけど、あちこちでイビキの大合唱。

でもそれだけじゃない!
グギギギギ!……グギギギギ!……と3秒間隔くらいで「歯ぎしり」が!
これがなかなか止まない。。。
普段聞き慣れない音だから、僕と同じように目が覚めた人は、音の出所を必死で探してる…
もう寝れない…寝れるわけがないから朝風呂へ

まあこの値段で、お湯に浸かり放題、仮眠して体調万全でスノボーにのぞめるなら安い…かな?


湯沢健康ランド
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢1022-1
電話:025-784-4622
URL:http://www15.ocn.ne.jp/~yzwkland/
営業時間:24時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月28日 (月)

ステップイン (スノーボード)

先日友達とスノボーに行って、ブーツのソールがはがれてしまい使い物にならなくなったので、今日はブーツを買いに神田のスポーツ店街に来ました。

明日、職場を休んでスノボーに出かけるので、できれば今日中に買いたい所。

数件回ったけどなかなか安くていいのがない。。。もうシーズンオフが間近なので大バーゲンをやってるかと思いきや、まだまだ高いです。

歩いてると、職場の後輩が「HIMARAYAが閉店セールやってるみたいですよ」との情報のとおり、HIMARAYAに閉店の文字が!
中に入ってみると30%から60%など、かなり安くなってます。
ブーツのコーナーに行ってみるとビンディングの2点セットが1万2千円台からある。それもステップイン!

今シーズンは予定が合わずに行けませんでしたが、毎年一緒にスキー・スノボーに行く友達がいて、必ず雪合戦やる仲間がいるんです。
そして卑怯なことに、リフトを降りて、必ずスノーボーダーが腰を下ろしてビンディングにブーツをはめている瞬間を狙うんです。。。ボーダーである限り、これを回避する「すべ」は無いと思ってました。

しかし、ステップインになった今、無敵です。来シーズンが今から楽しみ。

今回、ハイバック付きのビンディングとブーツのセットで17,500円でした。
ハイバック付きじゃないステップインのビンディングだと、ブーツをきちんと閉めないと足首がすぐに緩んで滑りにくそうなんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月27日 (日)

温泉 石打ユングパスナス (新潟県南魚沼郡塩沢町)

上越国際スキー場でスノボーをした後に、温泉に入って帰ろうということに。

友達にどんなところがいいの?と聞くと、ロケーションのいいところと・・・
僕の実家はすぐ近くで、だいたいのところは分かってるつもりだけど難しい。。。

とりあえず、露天風呂があって、設備がよくて、料金もそれほど高くないところ・・・
ということでユングパルナスへ。

ただ、ここは運が悪いと駐車場待ちをするくらい混雑するところ。
混んでなければいいけど。

案の定、駐車場は満車直前。
とりあえず入る。

券売機で入浴券を買おうと思ったらびっくり。値上がりしてる・・・
2年くらい前に来てからしばらくご無沙汰してたけど900円になってるとは。。。
前に来た時は、記憶では750円だったはず。
しょうがない・・・・

脱衣所を抜けると予想通り洗い場の前に行列。
しょうがなく、かけ湯で身体を簡単に洗って、外にある露天風呂へ

さっむーい!!
気温はもちろんだけど、ひっきりなしに降る雪がすごくて、肌からすごい勢いで体温が奪われる。
とにかく露天風呂へ突入。
あったかーい。。少しぬるいけど。

洗い場にはすごい列ができてたけど湯船は混雑というほどのこともなかった。
ここユングパスナスは、中に大きい内湯が1つ、サウナが1つ。外に露天風呂が1つあるほか、打たせ湯、屋根つきの露天の薬湯、小屋?の中に塩サウナがある。
露天風呂からの眺めは、できたばかりの頃は山なみの風景が見渡せてすごくよかった。
今はホテルができていて、お風呂の垣根そばに立つと自分が丸見えになってしまう。
でも今の時期は雪見風呂という感じでなかなかの情緒。

塩サウナへ。
小屋の入り口が囲われていて、シャワーと塩が入った樽がある。
ここで塩を身体に塗り、サウナの中に入る。
※塩をつけすぎると、後でひどいことになる・・・
サウナの中は木でできた枕が置いてあり、温度も45℃くらいで、寝るのにちょうどいい。
枕が硬くて、タオルか手を枕と頭の間に置かないと寝れないけど。
サウナを出たあとは、シャワーで塩を洗い流す。ちょっと身体がピリピリ。
塩をつけすぎて、長く入っていたら、この時に激痛が走って、そのまま着替えに向かわないといけなくなる・・・

僕らが出たあとも、次から次へと客が入ってきていてすごい人気。。。
ここもできたばっかりは地元の人が愛用していて、いい感じだったんだけど・・・
今は地元の人はあまり寄り付かないみたい。

ただ、スキー・スノボーをする人には、お土産売り場もあるし、仮眠パック等もあり、ありがたい存在。

ハツカ石温泉 ユングパルナス
住所:新潟県南魚沼郡塩沢町大字石打字土堂946
電話:025-783-7888
URL:http://www4.ocn.ne.jp/~yung/
営業時間:24時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上越国際スキー場 (新潟県南魚沼郡塩沢町)

今シーズン2度目のスノボーへ!

ここ数年は必ず宿泊でボードに来ていたのですが、今回は予定が合わずに日帰りボード。
寝る間もなく、深夜1時過ぎに自宅を出発。

今回は、スキー場が密集している越後湯沢を目指しているので、スキー場は特に決めず天候次第でその場で決めることに。

今年は雪がすごい。とにかく降ってる!
いつもは関越自動車道に乗ると、水上インターのあたりで少し雪景色が見えはじめて、長い長い関越トンネルを抜けて群馬県から新潟県に出ると一気に一面の雪景色に変わる・・・はずなのにすでに群馬県の水上町にいる時点で、一面の雪景色!!

スキー場の積雪情報をチェックしていて、例年なら200~300cmのはずが、今年は軒並み300cmを超えているのがうなずけます。

関越トンネルを抜ける前には、ほぼ「かぐら・みつまた・田代スキー場」に決定していたのが、ひっきりなしに降る雪に恐れをなして、今回は「上越国際スキー場」に変更。なんと言っても、ゴンドラ・ロープウェー頼みのスキー場に行くと、風がすごくなったらゴンドラ・ロープウェーが止まり、身動きが取れなくなってしまう・・・

そんなわけで上越国際スキー場へ。
駐車料を払い、駐車場に車を入れたあとに駐車券を見て、ちょっとうれしいことが。。。
駐車券に4名までのドリンク券がついてる。ラッキー。

なにはともあれ着替えてリフトへ。
上越国際スキー場は、山の斜面の手前と奥(裏)とに広がるスキー場。
最初に手前側を何本か滑ったあと、裏の斜面に移ろうとリフトに乗る前に気づいたショッキングな事件が・・・

なんとブーツのソールがはがれてました。。。
はがれた部分に雪が分厚く入り込んでて・・・どうりでやたらかかとが高くて滑りにくいなーと思ってたんですよね。
それも固定しない右足。。。せめて左足なら固定しちゃうんで関係なかったのに・・・
とりあえずパカパカするブーツのままリフトに乗り、雪を除いてなんとか1本を滑ってレストラン?へ

駐車券についていたドリンク券でそれぞれがココアやコーヒーを注文。(ソフトドリンク350円、ココア400円まで交換可能)
飲んでいる間に、はがれたソールの対処法を考える・・・
ガムテープも接着剤もない・・・
とりあえずブーツの紐が長いのでソールの下まで紐をまわして結び応急処置。
ショックだなー。まだお昼も食べてないうちから・・・
来週もボードに行くのに。

上越国際スキー場の裏斜面には、ゲレンデマップを見るとわかるけど、コース間の移動のためだけのリフトもあり、ちょっと不便。
http://www.jkokusai.co.jp/

それなりに楽しんでお昼に。
スキーでお昼にビールを飲むのが何よりの楽しみ。
あまりにもすごい吹雪や強風で凍えた時には無理だけど。
今日はずっと雪が降っていたが、それほどのこともない。
コンビニのリフト券パック(リフト1日券、ランチ券、ドリンク券、レンタル割引で4,500円)で来ていたので、ランチ券でお昼を注文。1,200円のハンバーグ&エビフライが一番高く、ランチ券で購入できる。ドリンク券は、+200円でビール購入が可能。
僕は1,000円のハンバーグ&目玉焼きをランチ券で、ビールをドリンク券+200円で購入。
やはり昼のビールはうまい。
本当は2杯、3杯と飲みたいところだけど、そこまで飲んじゃうと後が危ないからこの辺で。

数本滑ったあと、裏斜面の気に入ったゲレンデの方に行こうとすると、リフトの係員のおじさんが乗車口で怪しい動きを。。。乗車口の手前、斜めに1本竹の棒が刺してあり、おじさんの手には別の竹の棒が・・・
前の人(リフトに乗ろうとする乗客)が1人、竹の棒をすり抜けてリフトに乗る。
僕も友達と乗ろうと重い、先頭を切って乗ろうとするが、
入り口を塞いでいるおじさんと目が合う。。。数秒・・・
「もう終わり」
おじさんの無情の一言。
どうやら15時でこの連絡リフトは終わりらしい。でもこの時点で、時間は14:52だったんだけど。。。
なんだよー、どうして?とみんなで悪態つきながらも、どうしようもない。あきらめて表斜面へ

天気は悪く、いろいろあったけどそれなりに楽しく滑れてよかった。
やっぱり仲のいい、楽しい友達と一緒に滑るのが1番!
そして、初心者がいないってのが、さらに楽しい要因。

これが初心者だらけの人と行くと、教えないといけないし、50メートルも滑らないうちに止まって待ってなきゃいけないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月20日 - 2005年2月26日 | トップページ | 2005年3月6日 - 2005年3月12日 »