« 自家製ヨーグルト | トップページ | 立ち飲み 「割烹くずし 徳多和良」 (東京都足立区千住) »

2005年12月 6日 (火)

沖縄! 久米島旅行記 vol.5 ~久米島最後の夜~最終日-リラックス!バーデハウス久米島~

サイクリングの帰りにAコープに寄った。どんなものを売ってるんだろう?
と思うと、多少沖縄だけあって、品物は違うけどそれ以外はあまり変わらない。
同じ日本ですもんねー。
でも島らっきょなんかを購入し、今夜の飲みに備えます。
その他にも、自宅での料理用にスパムミートやコンビーフハッシュを買い込んでホテルに到着。
これで家に帰っても、しばらく沖縄料理が楽しめるぞー。
しかしなんでしょう。実際サイクリングとして走ってたのは3時間程度なのにどっと疲れてる。。。
同じくらいの時間を食事したり、久米島の人と話して過ごしてたのに。

久米島って地図で見ると小さいですが、実際は結構デカイ島でした。
山や川、自然も多い。百聞は一見にしかず・・。

ホテルでの休憩もそこそこに、「ホテルマリンテラス久米島」にレンタサイクルを返却に向かいます。
入口横のレンタサイクル置き場に近づいた瞬間・・・ショック!?
まだビニールに包まれた新品の自転車が置いてあるじゃないかっ!!
数時間の差で、ちょっとボロい(というかサビサビ)自転車になっちゃったんだ・・・
この新品の自転車なら、もう少し上り坂が楽だったんじゃないかなー?
と、思ったらさらに疲れた・・・
まあ、しょうがない。借りた時のおじさんは受付にいなくて、マッチョなお兄さんが受付で対応してくれた。
なんか、なんか・・・マッチョな人って対応とか、言葉遣いが丁寧だと、ちょっとアレっぽく見えてしまう。
(ごめんなさい、先入観です)ちょっとひいてしまった。
最近よくdebuyaとか、テレビでみかける「マイケル」に似てる感じの・・・

DSCN0425
昨夜はホテルで安く飲んだので、今夜は島の居酒屋へ。
「亀吉」に来て見ました。
ここは、ウェブやガイドで評判が良かったお店。
概観も面白いが、屋根の上に小船が乗っている。

店の中はほぼ満席。
これは期待できるなー。居酒屋だけど鮨まである。楽しそうな居酒屋。
店内には芸能人やスポーツ選手の色紙が多数貼ってあって、野球のキャンプ後だけに楽天イーグルスの選手の色紙も目立ちます。
まずは、最初のドリンクを注文。
・・・なかなか来ない。。。まあ、忙しいからしょうがないよな。
5分以上かかってやっと乾杯。
いくつかの料理を注文。
ここで忘れちゃいけないのが、今日サイクリングで寄った地鶏牧場の鶏!
かわいそうだけど、あの鶏たちのから揚げを注文!
DSCN0424
肉が柔らかくて、味が濃い!柔らかいけどブニョブニョじゃない。
そして・・・かわいそうだけど、うまい。
 
 
 
 
この店は他にもモズクやサクナ(長命草)も名物で、長命草の定食も千円ちょっとでこのボリューム!
DSCN0423
この定食だけで、酒のつまみは十分なくらい。 
 
 
 
 
ただ、残念だったのが、飲み物。
出てくるのは遅いわ、15分以上来なくて(途中2度くらい催促)、そのうえ
「すいません、ご注文のドリンクは○○が切れてまして・・・」
おいおい!勘弁してくれよ。まあ、ここは沖縄。イライラせずにいこうと別のものを注文。
前のドリンクを待たせた上に提供できなかったから、すぐに持ってくるだろうと思いきや、そのドリンクさえも5分はかかった。。。

見ると隣の夫婦?も
「これとこれって注文したよねえ?」
なんてメニューを見ながら相談している。

こりゃあ、今日は日が悪かったかな・・・
いくつか注文していたものを取り下げ、すぐにできるものをお土産にしてもらいホテルで飲みなおすことにした。

ホテルに戻って、軽く食べ・飲みなおし、サイクリングの疲れがどっと来て早めの就寝。。。
久米島最後の夜を、地元の居酒屋でちょっと豪華めに行こうという計画が失敗して残念な夜になった・・・


久米島での3日目。
今日で久米島旅行も終了かと思うとやはり寂しくなってくる。
昨日と変わらないバイキング形式の朝食を食べながら、最終日はのんびりとチェックアウトの時間ギリギリに出ることにした。
しかし、この旅行も最終日になって天気がよくなるとは・・・

本日向かうのは奥武島。
久米島から大きな橋がかけてあり、車で渡ることができる。
この島には観光スポットもあり、今日のメインはバーデハウス久米島。
ホテルからはバーデハウス久米島行きの直行バスが出ている。

このバーデハウス久米島、今、流行り?の海洋深層水をプールに利用した温浴施設。
http://bade-kumejima.co.jp/
久米島旅行の疲れをここで一気に癒そうというわけです。

バーデハウス久米島のある、この奥武島には他にも観光スポットがあるので、バーデハウス久米島の受付の方に無理を言って荷物を一時預かってもらった。

向かったのはバーデハウス久米島のすぐ裏にある「畳石」
DSCN0426
キレイな砂浜に突如現れた、岩?石のかたまり。
近寄ってみると、その形が良くわかる。
畳というか、その隣にこれから行くウミガメ館があるので、亀甲石とでもした方がよい気がする。

 
 
 
DSCN0427

 
 
 
 
 
次に訪れたのが、久米島ウミガメ館。
館内には、たくさんの生きたウミガメが。
ウミガメにもちろんあえるけど、ウミガメの生態が勉強できる施設。
シアターや、説明書きなどが各所にあって、ウミガメが絶滅の危機に瀕してるというのも初めて知りました。
クイズもあって、5問くらいの問いに答えるのだけど、これが全問正解!
なんと「ウミガメ大学」を卒業!
後ろで僕がクイズに答えるのを見ていた親子がいて、子供に「すっげー」と言われ、かなり気をよくしてしまった。
いやあ、かわいい子供だ。

たとえば、
ウミガメのお母さんが産卵の時に何故涙を流すか?
分娩の痛さだと思いません?
違うんですよ!
正しくは、涙ということ自体が間違いらしいです。
ウミガメは食べ物を食べるとき、海水ごと丸呑みしてしまう。
そのままだと、体内は異常なほどの塩分濃度に。それで涙として塩分を体外に排出するんだそうです。ってことは、特に産卵の時だけに涙を流すわけじゃないんだな。
DSCN0437
 
 
 
 
ここではかわいいTシャツも売っていて、いろんな柄がある。
気に入ったのが
「いつも前向き」
と、Tシャツの前に亀の絵と一緒に言葉が書いてあるんです。
亀は遅いけど、前向きに一歩一歩進むという格言みたいな感じでいいなーと思って裏を見たら、
「でも時々後ろ向き」
いやー、いいなー、こういうの。

さて、本日のメイン。バーデハウス久米島。
先ほどちょっと書いたように海洋深層水を利用した温浴施設。
海洋深層水は太陽の光が届かないほど深い深海で、長い年月をかけ、地球を循環しているミネラルたっぷりの海水だそうです。いつもテレビや自販機で海洋深層水という文字は見ていたけど初めて知った。。。
受付でビジター料金3,000円を支払い、タオルや専用の浴衣を渡され更衣室へ。
大きく分けて、バーデプールゾーンとスパ・サウナゾーンの2つに分かれています。
今回は時間もそれほどないのでバーデプールゾーンへ行きます。
バーデプールゾーンは、温水プールなので水着を着用します。もちろん混浴??
明るいドーム状の施設のど真ん中に海洋深層水を利用したプール。
丸いプールのフチには、まず「ネックシャワー」
いわゆる打たせ湯のようなもの。
肩と首に温水がぶつかって気持ちいい。気になるのは首に当たった飛沫が人に飛んでしまうこと。

そして「ボディマッサージ」
プール壁面からのジェット噴射で背中、腰、お尻、足がマッサージされます。
ちょっとお肉のたまったところがブルブル震えちゃう。
ダイエットしなきゃなー。

で、面白いのが「フローティング」
プールの底から、強力なジェット噴射で身体が浮く!
なんかバランスボール?の上に乗っかった感じでバランスを取るのが面白い。
両足でジェット噴射の上に立つこともできて、筋斗雲(きんとうん)に乗ってるみたいだ。


そして、僕が一番楽しみにしていたのが「アクアストレッチ」
タッチパネル式の液晶画面があり、いろいろな運動プログラムが用意されています。パドリング運動や腰の回転、両足の開閉運動を行ない、ストレッチ効果と関節痛を和らげることで、筋力トレーニングに役立ちます。また、このコーナーを使った専用運動プログラムが用意されています。
選んだのは「ダイエット」のメニュー。毎晩泡盛を染み込ませた身体がどうしても気になる・・・

外の「ホットタブ」に入ると、キレイな海の色と砂浜を見ながら最高の癒しの気分。

いやー堪能。かなりリラックス&疲れが取れました。
他にもスチームサウナもあって、何度も出入りできるので1日たっぷり楽しめる。
女性はエステもあるので、なおさら楽しめるんじゃないだろうか。

海洋深層水とはいえ、長めに入りすぎたか?
ちょっと肌がヒリヒリする。

脱衣所で着替えていると、突如
「ゴォーーーーーーーツ」
という音がする。それも10秒くらいずつ、不定期に。
なんか改修工事でもしてるのかなーと思っていたが、タオルを絞ろうと洗面器のそばに行くとわかった。
水着用の簡易脱水機だ!
始めて見た。こりゃ便利。本州でも海のそばのホテルとかこれを置いてくれないかなー。

空港へのバスに乗る。
今回の沖縄も良かった。
天気には恵まれなかったが、十分「島の時間」に触れることができたし。
旅に来ると思うけど、いつも帰りたくなくなる。このまま島にいたいなあ。
お風呂に使った後のせいか、バスに揺られてウトウト・・・

空港に到着。
ここで、那覇行きの最終便に乗り、那覇から同じく羽田行きの最終便に乗り継いで帰ることになる。
結構チェックインギリギリの時間だったけど、間に合ってよかった。
空港に入るとやたら人がいっぱいいる。最終便だとやっぱり多いんだなあ。と思っていると;;;
「18:20着、JTA221便は濃霧のため着陸が出来ないため、天候の回復を待ちまして、再度着陸を試みます。」(というようなアナウンス)
へー、濃霧で着陸できないなんてことあるんだ。やっぱ久米島空港は小さいから、そういう設備が足らないのかなー。
「久米島発18:55のJTA222便は、使用するJTA221便が濃霧で着陸が出来ないため、運転を見合わせて折りおります」(というようなアナウンス)
!!そうか。この飛行機が着陸してくれないと、出発できないんだ・・・

とりあえずチェックインをしに搭乗窓口へ。
ヒゲをはやしたやせた、(見た目が)インチキくさそうなおじさんが対応。大丈夫かなあ。。。
とりあえずチェックインはするが、JTA221便が着陸できない場合は、キャンセルになってしまう、と。
そして、着陸できた場合も、出発時刻が遅れてしまうため、那覇発成田行きの飛行機に乗れるかわからず、本日の那覇-成田便に乗れない場合は、次の日の便を用意するとのこと。
JTA221便の状況がわかり次第放送するので、再度来てほしいといわれた。
・・・といわれるために、たくさんの人がずらずらずらーっと後ろに長く並んでる。
中には、声高に怒鳴りつけてるお客さんもいた。
気持ちはわかるけど、しょうがないじゃん。まあ、いろんな理由があるんだろうけど。

空港のお土産売り場の人たちも、客足が途絶えないので閉店せずに待っている。
もし帰れなかったら、チケットは手配してくれたとして、宿はきっと実費だろう。
金が足りるか心配。結構使っちゃったからなー。
久米島に銀行あるかな?都市銀行とネットワークつながってなかったらどうしよう。。。

ま、海外ならともかく、日本それも濃霧で着陸できないなんてことはないだろうなー。今までも台風の時期で、飛行機が飛ぶ飛ばないで危ういときも、飛ばなかったなんてこと無かったし。
さっきまでは帰りたくないなーと思いながら、帰れなくなったらどうしようなんて正反対のことを考えちゃってる・・・

再度の放送で、濃霧のため再度チャレンジした着陸ができず、那覇空港と連絡をとり3度目の着陸を試みるといった内容の放送があった。
みんながどよめく・・・・ 


 
vol.6へ続く?(はたして帰れるか???)

|

« 自家製ヨーグルト | トップページ | 立ち飲み 「割烹くずし 徳多和良」 (東京都足立区千住) »

コメント

久米島、いいですよね。(^0^)
自分も、先日、バーデハウス&亀吉、行ってきました。(^0^)/

投稿: 泡盛マイスター | 2008年1月 5日 (土) 午後 05時05分

二層式だと、洗濯しっぱなしで放置してしまいそうな気がする。。。

職場に洗濯乾燥機があるんだけど、ありゃあ便利だね~。
ピッとボタン押して、3時間後くらいに取りに行くと、キレイになって乾いてる。
ただ、シワシワが生じるんだよねー。ドラム式ならそんなことないのかなー。

投稿: でるねぐろ | 2005年12月 9日 (金) 午前 10時28分

海やプールの近隣にはあって欲しいね。
家の洗濯機も,全自動より二層式の方がいいかなー?と思ってみたり。
(特に冬はめんどくさそうだけど・・・)

投稿: (≧-≦) | 2005年12月 8日 (木) 午前 10時02分

このTシャツ買ったよ。
せっかくの格言が隠れてしまうからTシャツ姿でいられる夏しか意味ないけどねー。
なかなかいい買い物した。

脱水機は僕は初めてみたよ。
まさかあんな便利なものがあるとはねー。
沖縄のホテルとか民宿にも置いてほしい。
毎日海に入るし。

投稿: でるねぐろ | 2005年12月 7日 (水) 午後 03時33分

亀のTシャツに笑えた!
いいよねー、そういうの。
もちろん買ったんでしょ?

水着の脱水機、箱根のスパで使ったことあるよ。
今の洗濯機の脱水よりも、昔ながらの脱水機が一番脱水できると思った。

投稿: (≧-≦) | 2005年12月 6日 (火) 午後 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/4450880

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄! 久米島旅行記 vol.5 ~久米島最後の夜~最終日-リラックス!バーデハウス久米島~:

« 自家製ヨーグルト | トップページ | 立ち飲み 「割烹くずし 徳多和良」 (東京都足立区千住) »