« 居酒屋 「初恋屋」 (東京都北区) | トップページ | 自家製ヨーグルト »

2005年12月 5日 (月)

スープカレー 「古奈屋」八重洲店 (東京都中央区)

買い物をしに東京へ。
お昼は東京駅の八重洲の地下街にある「古奈屋」に来て見た。
「古奈屋」といえばカレーうどんが有名だが、スープカレーにまで手がけていたとは知らなかった。でもカレーうどんも食べたことがないので、よくわからないけど。

東京駅の地下街は数年前くらいからすごく変わってきてる気がする。
丸ノ内と八重洲の連絡通路のそばに黒壁横丁とかキッチンストリート、八重洲側のお店もラーメン激戦区?とかいうラーメン店もいくつか出来ていて、来るたびにびっくりする。
特に最近はめっきり東京周辺に近づくことがなかったのでなおさら。

古奈屋も後で調べたら今年の8月にオープンしたばかりらしい。

ちょこっと待った後に、席に案内された見た目よりも奥行きがあって、一番奥の方に通されたが結構な人数が座れそうだ。
席の隣はガラス越しに地下街を歩いてる人が見える。

「北海道肉ジャガコロッケのスープカレー」(単品720円、ライス又はパン付950円)を注文。
カレー屋さんに行くと、店に入ると同時に強烈なスパイスの香りがすることがあるけど、ここは匂わない。

カレーの車での間、窓の外を見ていると、電車の時間に遅れそうなのか超猛ダッシュで走ってる人、修学旅行なのか団体の学生、上京した一人娘のために料理とか色んなものを持ってきたのか大荷物を抱えたおばさん・・・いろんな人が通る。さすが東京駅いろんな人がいる。

隣の席にいた女性が、サラダのカレーについていたソーセージだけを全部に残して帰った。ダイエットしててサラダにソーセージがついてきたからびっくりしたのか?ソーセージがもったいない。まあ、自分もラーメンのチャーシュー残してるから同じか・・・

スープカレーが来た。
スープカレーの色は、牛乳か生クリームをたっぷり入れたのか、普通のカレーよりも白っぽい。食べ方も席の札?に書いてあって、ご飯をスプーンですくって半分ほど浸して食べる。
なんだろう、カレー屋さんのカレーのようにスパイスのはっきりした感じではなくて、まろやかというかクリーミーな感じ。辛さも程よくて、なかなか美味しい。
肉ジャガコロッケは、ジャガイモがねっとりとした感じ。これが2個もついてる。
いやーこのコロッケだけでお腹一杯になりそう。

北海道でもスープカレーを食べたけど、北海道で食べたスープカレーは、具もゴロゴロしてて、スパイスも効いてて、スープ単体で食べる感じ。
反対にここのカレーはご飯に浸して食べる用に作ってある感じでスープ単体で食べるよりもご飯やパンと一緒に食べて美味しいスープカレー。ジャンルは違うけど、こういうのも美味しい。

古奈屋のカレーうどんもこんな感じなんだろうか?
今度食べてみたい。

スープカレー 「古奈屋」八重洲店 
住所:東京都中央区八重洲2丁目1番 八重洲地下街中4号
電話:03-3245-0578
時間:平日11:00~22:00
   土日11:00~21:00

|

« 居酒屋 「初恋屋」 (東京都北区) | トップページ | 自家製ヨーグルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/7474690

この記事へのトラックバック一覧です: スープカレー 「古奈屋」八重洲店 (東京都中央区):

« 居酒屋 「初恋屋」 (東京都北区) | トップページ | 自家製ヨーグルト »