« 新潟県中越地震の爪跡 | トップページ | ラーメン 亀嘉 (栃木県佐野市富岡町) »

2005年5月11日 (水)

沖縄! 久米島旅行記 vol.1 ~恐怖の羽田離陸~国際通りぶらり~

GWを利用して、久米島へ。
急遽入った旅行だったから、既に入っていた約束をいくつかキャンセルしてしまった。
みんなごめん!この埋め合わせは必ず。。。

沖縄好きの僕には、「久米島」の誘惑に勝てなかったサー。

何度も沖縄には足を向けているが、久米島はまだ行ったことがない。。。昨年は2度目の宮古島、一昨年は石垣島から西表島、竹富島、波照間島。
離島も同じようでいて、それぞれの島の雰囲気はどことなく違う。
同じなのは癒される空気だけ。

今回の久米島はどんなところだろう?

事前に持っていた「るるぶ」や「美ら島物語」というホームページを見て調べてみるも、小さな島のせいか情報は少ない。
まあ、いいさー。行けばなんとかなるさー。情報が少ない分、期待感は高まるし。

羽田空港。待ち合わせの時間前に無事到着。
職場の人に何かあったらと言われ、携帯番号をお知らせしてあったが、心は沖縄モード・・・そんなことはすっかり忘れて、搭乗検査のかなり前に携帯の電源を切ってしまっていた。

羽田空港の搭乗口までの雰囲気が変わっている。軽食コーナーや売店などはあったけど、噴水まで。儲かってるんだなあ。。。

そんな楽しい気分も、那覇行きの飛行機に乗ってしばらくしたら、一瞬にして失せていた。。。

それは、飛行機が動き出したから。。。
飛行機が苦手!!!
なんであんな大きい物が、いとも簡単に飛べるのか不思議。
揚力だとか、推進力?浮力?本当に完全に安全なのか?
いまだに謎。
だったら船で行けば?と思うけど、これもまた苦手。
すぐに気持ち悪くなってしまう。
旅行は好きなんだけど。。。

飛行機が滑走路へ向かう。
そして離陸のために力を蓄えて、ブレーキ?を解除するとジェット噴射で一気に加速。
この時点で、固く目をつむり、歯を食いしばって、手すりをつか・・・めなかったので、グーを固く握る。でもそんな事しても迫り来る、高まる恐怖感はまったく薄らがない。
ゴゴゴゴゴ・・・と、飛行機が振動で揺れる。これがいつも恐怖心を更にあおる。
このままバラバラになっちゃうんじゃないだろうか・・・
空中を飛んでからバラバラになったら、落ちて死んでじゃうから、飛行機が壊れてバラバラになるならこの時点の方が・・・とか、怖い割りには、くよくよ考える。
前輪が浮いた感覚があって、そのあと後輪も浮かんで完全に離陸。
どんどん上昇して、一番怖いのがこのあとに来る浮遊感?シュウ・・・と沈む感覚。
ジェットコースターで急降下するような感覚。
ジェットコースターはレールが見えるけど、飛行機ではそんなことありえない。
ただ沈むだけ。。。

・・・かなり上昇して、飛行機が安定すると、身体の緊張が一気にほどけて、ハァハァハァ・・・と浅いため息。
数年前に映画の「ブレアウイッチ・プロジェクト」を見た後もこんなだった。。。
羽田から久米島への直行便ではなく、那覇経由の便なので、今日もう一度これを味わうなければならないのか。。。
そして当たり前だけど帰りも・・・


離陸よりは恐怖感の少ない着陸を終え、那覇に到着!
暑い!・・・が思いのほか、心地いい。

国際通りをブラついてみようと、バスではなく、まだ乗ったことのない「ゆいレール」を利用する。
空港から直結しているし、1路線しかないから、バスのように間違った系統に乗ってしまう心配もない。
十数分で目的の「県庁前駅」に到着。

駅を下りた場所は「パレットくもじ」という場所なのだが、びっくりしたのが女子高生の多さ!!
ベンチやら噴水やら腰を掛けられる場所に、ほとんどいる!
ガイドブック持ってるわけじゃないし、大きい荷物もないから修学旅行ではなく、地元の高校生だろう。というかこの時期に修学旅行はないと思うけど。
この日はGWの1日前の平日の昼過ぎなので学校が終わっているとは思えない時間。。。
いいのかなあ。ちょっとガングロっぽく見えるのは地黒か?

しかし、この国際通りのお土産品店の多さ!
国際通りをブラついたのは、6,7年振りだがこれほどは大きくなかった気がする。
チラッと見たが、離島好きになってしまった僕には買って行こうという気が起きない。。。キティちゃんの沖縄バージョンとか、ゴリエのグッズなどのキャラクターものと、あとは空港で売っていそうな類のものばかり。(ゴリエのは面白いけど)
お土産品店を、ずーっと素通りして、公設市場へ向かう。

VFSH0064
国際通りから公設市場へ向かうアーケードに入ると雰囲気がガラッと変わる。
タピオカと仙草ゼリー入りのミルクティーをストローで飲みながらぶらつく。

小さな小さな路上のかまぼこ屋さんのかまぼこが旨そう!ちょっとのぞいて、いくつか購入。長さ10センチ、太さ3センチはある大きな天ぷらが3つで300円くらいだったかな?激安!
かわいいおばぁがやっていて、僕らと話しながら注文した品を袋に入れ、袋の口を結ぼうと上にあげると袋の中に1つしか入ってない。袋の中に入れたつもりが、袋の下に入れていたらしい。
入ってなかったとチロッと舌をだして一緒に笑った。
沖縄のかまぼこは本土のかまぼこと違い、油で揚げている。さつま揚げのようなもの。これがまた旨い。

ちょっと歩くと、海ぶどうを売っている店が。ちらっとのぞいた海ぶどうの粒が超デカイ!何度も沖縄に来ていて、地元の沖縄居酒屋でも何度も海ぶどうは食べているけど、比べ物にならない。1つの粒の大きさが2ミリ~3ミリはあろうかというシロモノ!
こういう種類の海ぶどうがあるのか店のおばさんに聞いてみると、種類ではなく天然物だからだと。
確かにパックに天然と書いてある。今、売られている粒の小さいものは、ほとんどが養殖なんだそうだ。
画像を取っておけばよかったなあ。本当にでかいんですよ。

地元のスーパーに入るとお惣菜がこれまた信じられないくらい安い。
東京あたりによくあるお惣菜屋さんの半額に近いくらい。
VFSH0062
 
 
売っている魚も何の魚なんだかわからない。
・・・が、楽しすぎる!
店頭で買い物をしていたおばぁに美味しいお惣菜屋がないか聞くと、指差して向こうの方にお惣菜屋がたくさんある、と。どこの店がいいの?と聞くと同じ事を言う。きっと全部美味しいんだろう。反対におばぁからどこから来た?と聞かれて東京の方だと答えると、自分の娘2人も東京に行っていて・・・(後略)
いやー、沖縄のおばぁは人なつこくてかわいい。
 
 
 
 
VFSH0065
公設市場は客引きがうざくて、結局すーっと素通り。
さっきのおばぁに聞いた「向こうの方のお惣菜屋」のあたりに来ると、きちんとした店もあれば、仮店舗みたいなワゴンにお惣菜を載せて売っている店などが確かに固まってある。
ここで、苦菜の豆腐和えなど珍しいお惣菜や、そのほかいくつかのお惣菜を購入。
しかし、安いし、見慣れたお惣菜も見慣れないお惣菜もあって楽しい。
ここら辺に立ち飲み屋があって持ち込み可能だったら、たまらないな。


VFSH0066
久米島へのフライトの時間が近づき、またゆいレールの県庁前駅に急ぐ、途中、県内47?48?酒造所の泡盛を取り揃えているという「古酒家」にはかなり惹かれたが、断腸の思いで駅に急ぐ。

 
 
 
VFSH0067
駅目前のパレットくもじの前に人だかり。
なんだろうと近づいて見ると・・・

沖縄バヤリースの新商品の紹介で、先着200名?様に無料配布するとのこと!
あぁ、もう少しだけ時間があれば・・・と通り過ぎようとすると、いきなり配りだした。
これはもらわなきゃ!。VFSH0068
と並んでゲット。この「グァバ60」まったくジュースっぽくない。
振っても、中身が動かない。
後で空けてみるとすっごいドロドロ。これはきっとなんかで割って飲むんだろうな。もちろん泡盛でも試しました。さっぱりして美味しい




駆け足で駅に行き、なんとか乗る予定のゆいレールに乗れた。
モノレールの中で汗が噴き出してきた。。。
のんびり旅行のはずが・・・


vol.2へ続く?(っていうか久米島に渡っていない・・・)

|

« 新潟県中越地震の爪跡 | トップページ | ラーメン 亀嘉 (栃木県佐野市富岡町) »

コメント

えっ?
そりゃあ、もう。
たくさんのお土産話を・・・

投稿: でるねぐろ | 2005年5月12日 (木) 午前 10時46分

で、お土産は?

投稿: にっく郎 | 2005年5月12日 (木) 午前 10時13分

石垣とか宮古島への直行便にも使えるといいのになあ。

まあ、沖縄本島でも車や船で小さな島とか渡れるしね。
あぁ、マンゴーとかの時期に渡って、安く食べまくりたい。

投稿: でるねぐろ | 2005年5月12日 (木) 午前 09時56分

往復2万以下!?
うわ・・・。
もう、ダメです。
待てません。。。(><)

投稿: (≧-≦) | 2005年5月12日 (木) 午前 09時37分

往復で2万しないぃ?!
いいなあ。
泊まるところは、いいところを選ばなければ、安い民宿やB&Bがあるだろうし。

今回、ブラついてみて、本島は観光地化されちゃって、離島だけが沖縄だな!と思ってたけど、本島もなかなか良かったすよ。まあ、全然回ってないけど。。。

投稿: でるねぐろ | 2005年5月11日 (水) 午後 05時42分

スカイマークが、夏の間、45日前(だっけな・・・)の予約だと、沖縄まで9500円なんだよ。
この値段なら、ふらっと行けるねえ。

投稿: にっく郎 | 2005年5月11日 (水) 午後 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/4079130

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄! 久米島旅行記 vol.1 ~恐怖の羽田離陸~国際通りぶらり~:

« 新潟県中越地震の爪跡 | トップページ | ラーメン 亀嘉 (栃木県佐野市富岡町) »