« スーパー銭湯 やまとの湯 草加店 Part2 (埼玉県草加市瀬崎町) | トップページ | 立ち飲み 虎や (東京都足立区千住) »

2005年5月18日 (水)

串揚げ立ち飲み屋 天七 (東京都足立区千住)

 
平日にお店で飲むのは久しぶり。
車通勤を始めてから、家で晩酌する日が続いていたが、この日は友達と北千住で飲むことに。

しかし、久しぶりに電車に乗ったせいか、ちょっと具合が悪くて飲む気分になれない。。。
人ゴミに酔ってしまったかもしれない。

友達との待ち合わせ時間には、まだまだ時間があるので、ゲームセンターでしばし時間をつぶして、身体を休めてから、1人で串揚げの「天七」に向かう。


「お勤めご苦労さまです」と書いてある暖簾をくぐる。入口はあけっぱなし。
「コ」の字のカウンターには、既にお客さんがいっぱい。
かろうじて奥の方が空いていた。
カウンターに着くと、「いらいっしゃい」と同時に丸いアルミ?の皿におしぼりを乗っけて、目の前に置かれる。
1人でくるのは、初めてなので一瞬どうしていいかわからなかったが、同時に入った別のお客の行動を見て、おしぼりで手をぬぐう。

そっか、居酒屋に1人で来るのって初めてだ。1人デビュー!
そう意識すると急にオタオタしてしまうな。。。

ビールを注文すると、「ビンで?」とすかさず聞かれたので、つい、ハイと答えてしまった。
ジョッキにした方がよかったかな?
まあ、まだ時間もあるし。

栓が抜かれたビンビール(大:480円)にコップがかぶされて目の前に置かれた。
手酌で1杯ググッ。はぁーっ、落ち着く。
メニューを見ながらも、周りの人の注文を聞いて、人気のありそうなのを試してみよう。

だいたい聞いていると、豚カツ、生しいたけ、ししとう、うずらが人気商品のようだ。
油が苦手だから早いうちに油っぽいものを食べておこう。
「すいません、豚カツお願いします」
注文すると、「ハイ、豚カツ!」と串揚げを作る専門の人に連絡する。
すぐに他から注文が入ると、「ハイ、おあと、うずら!」「おあと、しいたけ!」「おあと、たま!」・・・
揚げている人は、次から次へと頼まれたものをフライヤーに放り込む。

揚げている人もそうだけど、給仕をしているおじちゃんたちも、注文したものを間違わずにお客さんの目の前に置いていく。よく覚えられるなあ。慣れなんだろうか?

目の前に豚カツ(140円×2)が来た。
豚カツといっても串揚げで、1口サイズの豚カツが1串に2つついてくる。
ここでは、1つの注文が2串からになるので、自動的に2串が目の前の油を切る天ぷら皿?に置かれる。
!?
この店で、初めて豚カツを食べたが、ネットや人の話では関西風と聞いていたので、てっきりふわっとした厚い衣の串カツが出てくるのかと思っていたが、パン粉で揚げた普通の串カツだった。まあ、あの衣がふわっとした串カツは大阪で食べよう。
しかし、揚げたては衣がカリカリして美味い!
カウンターにはソースがおいてあり、これに注文した串をドボッ!と沈み込ませて、目の前の丸皿に載せる。
ソースの2度づけは禁止と書いてある。ここは関西風。
キャベツもその横に置かれていて、食べ放題。
次は何にしよう。

隣の人の天ぷら皿に、骨付きのチキンナゲットみたいのが乗っかってる。
あれ美味そうだな。
メニューを見て、「若どり(170円×2)」と「しいたけ(140円×2)」を注文。
この若どりがアツアツで美味い!骨付きなので、骨の周りの軟骨ごと食べてしまう。
このコリコリッって食感がいいなあ。

この後、「うずら(140円×2)」「ししとう(140円×2)」も。
うずらは玉子で、中の黄身の部分がホクホクで美味しい。

ちょっと天ぷらを食べ過ぎたかな。軽くもたれた感じがする。
でも美味しかったし、残りのビールをククッと飲んでお勘定。
1時間くらい滞在した気がするけど、実際は30分ちょっとだった。
1人居酒屋デビュー。

やっぱり1人は緊張する。僕には、人と飲む方が楽しいな。

天七は同じ北千住に支店があり、そちらは座って楽しむことができます。
 
 
 
 
 
天七
住所:東京都足立区千住2-62
時間:16:00~22:00
休日:日・祝

|

« スーパー銭湯 やまとの湯 草加店 Part2 (埼玉県草加市瀬崎町) | トップページ | 立ち飲み 虎や (東京都足立区千住) »

コメント

1人だとしゃべる相手がいないから、ついキョロキョロしたり、暇そうな店員さんと話したりしちゃいそうですね。
今回の店は店員さんは常に忙しくしてて、覚えてなさそうだけど。

秋元屋に行き過ぎてその味に慣れてしまったとか?
うーん。早く行きたい。

投稿: でるねぐろ | 2005年5月18日 (水) 午後 12時04分

一人は、手持ちぶさたの時もあるけど、一人で行った時のほうが、顔とかは覚えてくれるような気がします。

俺は昨日行った店は、味はまずまずなんだけど、同じようなメニューの秋元屋に比べると全然なのよね。舌がこえてきたかな?

投稿: にっく郎 | 2005年5月18日 (水) 午前 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/4177094

この記事へのトラックバック一覧です: 串揚げ立ち飲み屋 天七 (東京都足立区千住):

» 天七 [食べたものとか]
たまにはこういうところへも。北千住の串カツ屋。串カツといえばじゃりん子チエを思い出すのは私だけでしょうか。ともあれ、なにごとも経験ということで北千住におでかけ。んー、油が体にしみる……ビール一杯で退散。おいしいとは思うのですが、体調がカツ向けではなかったらしい... [続きを読む]

受信: 2005年6月 2日 (木) 午後 09時47分

« スーパー銭湯 やまとの湯 草加店 Part2 (埼玉県草加市瀬崎町) | トップページ | 立ち飲み 虎や (東京都足立区千住) »