« ラーメン屋 桑原亭 (埼玉県川口市東川口) | トップページ | 日焼け »

2005年4月26日 (火)

居酒屋 「琉球」 Part2 (埼玉県草加市)

来たかったよー!!
月に2度、同じ東武線沿線に住んでいるバスケ仲間4人で飲んでますが、今回は行きつけ?の草加市の「琉球」!
・・・と思ったんだけど友達が仕事の都合で来れず。。。
1人は来れるというので、たまには2人でもいいか!とやっぱり「琉球」に向かいます。

店のドアを開いて、いつものおばちゃんが迎えてくれるのが、家に帰ってきたみたいな感じがしてホッとするんですよねー。
カランカランと呼び鈴?が鳴って、玄関を入ります。
!!!おばちゃんじゃない!

この店はがっちりとした息子さんと、いつものおばちゃんの2人でやってる店。
ときどき知らないおばさんがお手伝いしてることがあるけど。

同い年くらいのお姉さんが迎えてくれたので、ちょっとビックリ!
なんか勝手が違うなあ・・・
おばちゃんは??とキョロキョロ探すと厨房でおばちゃんが料理をしていたので安心!

おばちゃんの料理が大好きなので、これはこれでいいのかな。
最近は息子さんが厨房で料理をしていて、おばちゃんが接客をしていたので、おばちゃんが作った料理は久しぶり!

何はともあれ、生ビールで乾杯。
最初のつまみは前回食べれなかった「ミミガー刺し」と「やきそば」、それに「フーチャンプル」

店内は久しぶりに盛況?
3人くらいのグループと6人ぐらいのグループが1つずつ。
6人のグループには、毎回見る常連さんが入ってます。
毎日来てるのかな?
でもここの雰囲気は毎日来たくなるよなあ。

「やきそば」は、本州のソース焼きそばとは違い、色はないです。
家で作る時は、コンビーフハッシュの塩気にちょっと味を足して作るけどここのお店はどうやって作るのかな?
僕が作るのとは雲泥の差でうまい。

「フーチャンプル」は麩を溶き玉子に浸して、野菜と一緒に炒めたもの。
落ち着く旨さです。

そしてなんと言っても「ミミガー刺し」
VFSH0018
お姉さんが「サービスで大盛りです」と持ってきてくれた。
おばちゃん!気づいてくれてたんだ!
豚の耳をゆでてスライスしたものを、ピーナッツバターとお酢と砂糖で作ったタレと和えたもの。
さっぱり、すっぱく、コリコリっとうまいー!
僕らが行くと、僕らの好みに合わせてすっぱく作ってくれるのがまた最高。

ここで前回入れた一升瓶のボトル(宮の鶴:仲間酒造<石垣島>)を出します。
ボトルの置いてある場所を勝手に探します。
なかなか見つからない。。。
前回入れたばっかりなんでなくなってるはずがないんだけど・・・

一生懸命に探したらやっと見つかった。
ボトルに名前を入れたときに酔っ払ってたせいか、全然わからないことが書いてあって探すのに苦労しました。
先輩がフィリピンパブでお気に入りの女性の名前が書いてあった。。。
これじゃあわかるわけがない。。。きっと名前を入れたときに、その話で盛り上がってたからだ。。。

やっぱり沖縄に行きたくなってきた。。。
やばいっ!

二人だったのでそれほど酔っ払わずに帰宅します。

帰り際、今の店の移転前の場所に「泡盛」という店ができてました。
同じような琉球居酒屋。
どうやら、おばちゃんの息子さんがやってる店な感じがします。

じゃあ今度はここに!・・・と思うけど、やっぱりおばちゃんの店に来ちゃうな、きっと。





居酒屋「琉球」
住所:埼玉県草加市氷川町1283-1
電話:048-925-2995
時間:5:00~深夜2:00
休日:月曜日

|

« ラーメン屋 桑原亭 (埼玉県川口市東川口) | トップページ | 日焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85557/3863726

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋 「琉球」 Part2 (埼玉県草加市):

« ラーメン屋 桑原亭 (埼玉県川口市東川口) | トップページ | 日焼け »